吉本坂46・シャンプーハットてつじがこだわる心斎橋のつけ麺店

特集

吉本坂46「ビター&スイート」の泣かせメシ!

2019/03/18

吉本坂46・シャンプーハットてつじがこだわる心斎橋のつけ麺店

2018年にシングル「泣かせてくれよ」でデビューした吉本坂46メンバーが、ウルッ(!?)ときた思い出の「泣かせメシ」をご紹介。関西では“つけ麺王子”の異名を持つ、つけ麺好きのシャンプーハットてつじが、自らが求める理想のつけ麺をプロデュース!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

つけ麺王子・てつじが小麦と食感にこだわり抜いたオリジナル麺が味わえる「帰ってきた宮田麺児」

よしもとのアントニオ・バンデラス。彫りの深い顔立ちで、外国人によく間違えられるという
てつじ(シャンプーハット)

てつじ(シャンプーハット)

お笑い芸人

製麺所泣かせ。マニアックなまでの麺へのこだわりが生んだ独特食感のつけ麺

店内はテーブル席が中心。家族連れなどグループでも気軽に利用できそう

約8年前、つけ麺好きが高じて、自らがプロデュースするつけ麺店「宮田麺児」をオープンさせたてつじ。その後、理想の麺を追い求め、研究のために閉店と再開を繰り返し、3年前に3度目の再開を果たしたのが、ここ「帰ってきた宮田麺児」だ。

壁にはてつじの直筆で「フランスパンも麺」と大きく書かれている

てつじの麺に対するこだわりはかなりのもので、さまざまな小麦の味や性質をくまなく調べ上げ、製麺所に出向いて製法や形状を直接指示。ほかにはない麺の形を追求するために、オリジナルの刃を作ってほしいと、製麺機についてもムチャなお願いをしたこともあるとか。

店を再開するごとに進化を続ける麺に対し、スープは初代から変わらない。つけ麺といえば魚介系の濃厚スープが多い中、ジャガイモベースのポタージュ風スープを採用。コクがあるけどさっぱりとした味わい、と女性にも好評だ。

相方のこいちゃんが描いてくれた絵。味見をするような真剣な表情で麺を食べるてつじが、独特のタッチで描かれている
安心して店を任せられると、てつじが全幅の信頼を寄せるオーナーの川井章司さん

\お店の人に聞きました/

オーナーの川井章司さん
オーナーの川井章司さん
「てつじさんは芸人一本に絞っているため、この店の経営には一切ノータッチ。経営はすべて私が任されています。ですが、小麦などの素材選びから製麺の交渉などを行うのは、すべててつじさん。その情熱はプロの料理人顔負けで、麺の形を変えてほしいなんてムチャ振りをされた製麺所の社長も、てつじさんの熱意に負けて、最後は笑って引き受けてくれたみたいです(笑)。お客様も大切にされていて、月1回は必ずお店に顔を出してくれます。来店日はSNSで事前告知しているので、てつじさんに会いたい方は、その日を狙ってご来店ください」

\シャンプーハットてつじ的お店の魅力/

てつじ(シャンプーハット)
てつじ(シャンプーハット)
「ここは私が全面プロデュースしたお店です。つけ麺の店なんですけど、とにかくみなさんには、僕の思い入れたっぷりの、小麦の香りを楽しんでもらいたいんです。別に食べなくてもいいんで(笑)、ぜひ行ってみてください」

小麦の魅力を極限まで引き出した製粉法で、フランスパンのようにそのまま食べてもおいしい麺が完成!

麺180gの並盛の「小麦の大吟醸」(880円)。大盛は270gで980円
製麺所に専用の刃を作ってもらい、麺にひだが付けられた麺。中太麺の食感はそのままに、スープがよく絡む!

この店の一番人気は「小麦の大吟醸」。小麦を半分以下まで削り、うま味が凝縮された部分のみを使って製粉。通常は表皮や胚芽を取り除く程度なので、これはかなりぜいたくな使い方だ。結果、小麦が秘めている“うま味”、“香味”、“甘味”、“渋味”、“苦味”、“酸味”、“辛味”の7つの風味がすべて引き出され、日本酒の大吟醸のように芳醇でキレのある仕上がりに。

「まずはスープに付けずにそのまま食べて、てつじさんがこだわった、小麦の香りと味を楽しんでください」とオーナーの川井さん。ひだがあり、「中太平打ちウイング麺」と名付けられたこの麺は、ほどよいモチッと食感で、7つの風味の中でも甘味と香味が際立つ究極の味わい。そのまま食べてもおいしい麺は、そのまま食べてもおいしいフランスパンと同じ、というてつじの言葉に、妙に納得

「小麦のエスプレッソ」(880円)。スープは共通で、歯ごたえのある中太ストレート麺を使用。小麦の深い味わいを楽しめて、例えるならまさにエスプレッソ
店はビルの1・2階。1階に席はないので、券売機で食券を買ってから、客席のある2階へ
吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

2018年12月26日発売

秋元康プロデュース!乃木坂46・欅坂46に続く、坂道シリーズ第3弾。吉本坂46のデビューシングル「泣かせてくれよ」が絶賛発売中!

取材メモ/「初めて食べるつけ麺はこの店にしてほしい」というてつじさんの思いから、小学生以下の子供を連れてきた人には子供用スープ(ハーフサイズ)を無料で提供しています。大盛りを注文して麺をシェアすれば、親子で十分満足できると好評で、休日は家族連れが多いとか。ここはてつじさんの小麦愛だけでなく、お客様への愛も感じることができる店です。

構成=シーアール 取材・文=岡村茂樹(ブロックタック) 撮影=相沢直人 動画編集=culture

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES