“米どころ”新潟の「米ピューレ」を使った食パン/新潟

“米どころ”新潟の「米ピューレ」を使った食パン/新潟

2019/03/30

もっちり、しっとり。お米の甘みが加わった、新しい食パンのおいしさが評判。(「月刊にいがた」)

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

「米粉」じゃない、「米ピューレ」って!? お米を使った食パンに注目!

「パン食」が広まりつつある現代。朝食など、私たちの食卓でパンが主役になることが多くなりましたね。でも、パン食が主流になってきたぶん、日本人の食事のコメ離れが深刻になってきているのも現状です。

そんな中、新潟では新潟県産のお米と水で作られる「米ピューレ」を使った食品が注目されてきています!

お米の魅力をもっと身近に、もっとおいしく!

米のピューレを使った食パンを手掛ける、代表の長谷川和広さん

“欧米式の食事である米食(べいしょく)ではなく、日本人らしい食事を顧みる米食(こめしょく)”を目指した取り組みを続けるブランド「こめへん」。こちらでは、米のピューレを使ったジェラートやパスタを作り、提供する人気店舗を新潟で多数展開しています。

そんな中、「長谷川熊之丈(くまのじょう)商店」代表の長谷川さんが新たに作ったのが「食パン」

代表 長谷川さん
代表 長谷川さん
「パンといえば、一日の始まりに朝食として食べる機会が多い食べ物。パン派の方でも、ご飯派の方でもおいしく食べられるようにと作った新しいパンです。おいしくて健康的なパンで、一日を笑顔で始めてほしいです」

米ピューレを使って、もっとおいしい食パンに!

「こめへん」で作る米ピューレ。カレーやシチューのとろみ付けなど、料理にも万能に使えるんだとか!

新潟県産の米と水を加熱処理して、細かくつぶして半液状化にしたものが「米ピューレ」。これを生地に加えることでお米の甘みと栄養価が加わり、しっとり・もっちりとした食感になるんです。しかも、トーストすれば外側はカリッと香ばしく、中のもっちり感がさらに強調されます。私もいただきましたが、ほのかな甘みと普通の食パンでは感じたことのない食感に、思わず何枚も食べたくなってしまったほどでした! あくまで生地に米ピューレを加えて作っているため、米粉で作るパンのずっしり感と風味の強さとは違った魅力があります。 

まずは、軽くトーストしてシンプルに!

トーストは、あくまで「軽く」がおすすめ!

バターやマーガリンをサッと塗って軽くトーストするのが、長谷川さんおすすめの食べ方。まずはパンの風味や食感を存分に楽しむわけですね。バターやマーガリンを塗ってからハムを挟んで、レンジで20秒~30秒温めるのもこれまたおいしい。米ピューレを使っているためか、レンジで温めてもパンが乾かず、ふっくらとして口溶けがよくなります。米ピューレの食パン、無限大の可能性を秘めていますね!

おいしいパンのために、手間暇は惜しみません

パン生地は、1斤ずつ分けて焼き上げます

パンは毎日、長谷川さん自らひとりで作っているんだとか。深夜から作業に取り掛かり、おいしいパンを焼き上げるために現在も試行錯誤を続けているそうです。

食パンの種類もいろいろあります

食パンは1斤ずつ袋に詰められ、棚に並びます

焼き型が1斤ずつに分かれているのは、パンのふっくら感を存分に引き出すため。焼きたてのふっくら感を保つために、パンはカットせず1斤で販売しています。自宅で切り分けるまでパンの内部は空気に触れず、ちょうどいい湿度をキープ。おうちで最高のしっとり、もっちり、ふんわり感が楽しめます。

食パンの種類もいろいろあります

おいしくて健康的な食パンの数々。店頭に6種類が並びます

「角食ぱん」「山食ぱん」「生食ぱん」「麹食ぱん」「れーずん」「ちーず」を用意。価格は300円~。どのパンも気になります! いずれも添加物を使っていないので、安心して食べられるのもうれしいですね。

生ジャムの価格は648円~。パンと一緒にぜひ!!

また、店頭では米ピューレを使った生ジャムも販売。一般的なジャムによく使用されるペクチンや増粘剤などは不使用。米ピューレを使うことで自然な色と食感、風味をいかしています。「越後姫」「マンゴー」「牛乳」「酒粕」など、ちょっと珍しい味わいの生ジャムがそろっています。

米ピューレを使った食品がたくさん!

「こめへん」では、米ピューレを使ったパスタ、ピザ、ジェラートを提供する店舗「お箸の国のイタリアン&ジェラート LATO RICHE(ラト・リーチェ)」も展開しています。食パン同様、もっちりとしたピザ生地やパスタのメニューはどれも絶品! こちらもぜひ、味わってみてくださいね。

店内では新潟の地酒も販売しています

もとは酒販店である長谷川熊之丈商店。新潟の地酒も豊富に取り揃そろえています。遠方からいらした際は、お土産にお酒もいかがでしょう? また、今後店舗の一部スペースをイートインスペースにする予定なのだとか。焼きたてのパンと一緒に、米ピューレを使ったとろみのあるスープがいただけるようになるそうですよ。ますます、長谷川熊之丈商店から目が離せませんね!

取材メモ/まだまだ聞きなれない「米ピューレ」ですが、取材を通してそのポテンシャルの高さに驚き! 米粉パンとは全く違った魅力を感じました。パンとして理想的な食感、風味……。あのふんわり、もっちりとした食感とほのかな甘みは、パン好きの方もそうでない方も食べてみてほしいおいしさでした。また、今後は販売のみだった店舗にカフェも登場予定とか! 焼きたてのパンとコーヒーと一緒に、米ピューレを加えたスープがいただけるようになるそうですよ。ますます、長谷川熊丈商店から目が離せません!

月刊にいがた

月刊にいがた

毎月25日発行、480円

新潟のグルメ&レジャー情報ならおまかせ。話題のニューショップの情報もいち早くお届けします。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

特集

連載