100均の達人に聞いた「本当に使えるアイテム」が便利すぎる件

特集

100円ショップではじめる春の新生活

2019/03/01

100均の達人に聞いた「本当に使えるアイテム」が便利すぎる件

雑貨からコスメ、食料品など、幅広い生活用品がそろう100円ショップ(100均)。それらの膨大なアイテムから厳選した10品と使いこなしのコツを、“100円ショップ研究家”を自認する家事アドバイザーの矢野きくのさんに聞いた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

プロのおメガネに叶う技アリの逸品

日々新商品が登場し「ないものはない」と言えるほどの品ぞろえを誇る100円ショップ(100均)。訪れるたびに「こんなアイテムがあったのか!」と楽しい驚きがある反面、必要なものを選び出すのはちょっと大変。そこで今回は、“100円ショップ研究家”でもある家事アドバイザーの矢野(やの)きくのさんに、本当に使えるアイテム10選を教えてもらった。

\本日の達人は矢野きくのさん/

「細分化された用途向けに機能を絞ったアイテムが増えました」(矢野さん)

プロフィール/家事アドバイザー。生活用品や便利グッズなど、暮らしまわりのお役立ち情報をテレビや雑誌、ウェブなどで紹介する家事の達人

ヌルヌルを防いでくれる「Q-BAN 石けん長持ちラック ホワイト」(Seria)など、お値段以上の価値があるアイテムを紹介
矢野さん
矢野さん
「『店舗数が多く新製品の展開が早い=ダイソー』『おしゃれでかわいいデザイン=Seria(セリア)』『思わぬ掘り出し物に出会える=Can★Do(キャンドゥ)』というように、各ブランドは異なる魅力と個性を持っています。そんな3大100円ショップで出会った、“使わないと損”と感じた本当に使えるアイテムをご紹介します」

\3つのカテゴリーからセレクト/

【便利な収納】
【風呂&トイレ掃除】
【キッチン】

【便利な収納】

至上の“シンデレラ・フィット”を体験

1.「ワンプッシュウェットティッシュケース ホワイト」(Seria/108円)

「Seriaの白系アイテムはおしゃれ主婦にファンが多いです」(矢野さん)
矢野さん
矢野さん
『シンデレラ・フィット』という言葉をご存じですか?」

ーー「隙間なくピッタリ収納できる」といった意味ですよね。

矢野さん
矢野さん
「その通り! しかも“本来の用途と無関係であればあるほど尊い”わけです。そういった意味で惚れ惚れするほどのシンデレラ・フィット体験ができるのが、Seriaの『ワンプッシュウェットティッシュケース』です」

ーーシンデレラ・フィットする相手は何でしょうか?

矢野さん
矢野さん
「キッチンシンクの水切りにかぶせるストッキングタイプのネットです。これを袋から取ろうとすると……」
1枚取るつもりが何枚も飛び出てキッチンが散らかる原因にも

ーー何枚も出てきて、軽く腹が立ちます。

無造作に詰め込めばOK。特にコツはない ※ネットは「水切りストッキングネット深型40枚」108円(Seria)を使用
矢野さん
矢野さん
「では全部出して『ワンプッシュウェットティッシュケース』に収納するとどうでしょう?」
会心のシンデレラ・フィットにドヤる気持ちを抑えきれない達人。開閉式の上蓋は外した方がより取りやすくなるのだそう

ーーボックスティッシュのように1枚ずつ出てきます!

矢野さん
矢野さん
「はい、積もり積もったプチストレスが解消されちゃいました。Seria特有の主張しすぎない白い色もお気に入りです。家中のアイテムを白で統一するムーブメントは“白化計画”と呼ばれ、SNSでもハッシュタグ化されています。そういったスタイルを支持する層にもSeriaの商品は注目されています」

1296円で叶う自分専用収納

2.「ジョイントラック」(ダイソー/ポール、固定部品各108円。棚バスケット各324円)

棚2枚(324円×2)、ポール4本(108円×4)、固定部品2セット(108円×2)の合計1296円で基本的なラックを作ることができる
矢野さん
矢野さん
「おしゃれ家具の代名詞だったスチールラックも、いまや本当に使える100均グッズとして定着しました。最大のポイントは、好みや用途に合ったパーツを選び“自分専用の収納スペース”を作れることです」

ーー棚が決まるとグンと部屋が片付きそうです。

必要なパーツを必要な分だけ購入することができる
矢野さん
矢野さん
「今回用意した基本的な組み合わせで合計1296円。棚のサイズにはバリエーションがあるので、実際に使って不満があれば部品を買い足してカスタマイズすればいいわけです」
壁掛け収納ができる「ワイヤーラティス」を結束バンドで留めるだけで、横の面の収納スペースを拡張

ーーシンプルなので「見せる収納」にも十分使えますね。

矢野さん
矢野さん
「キッチン、寝室、クローゼットなど、どこに置いても違和感がないです。最近では100均アイテムのビジネス使いをオススメしていますが、デスク周りにも馴染みます。拡張性が高いので男性の方がハマりやすいかもしれませんね(笑)」

スキあらばつっぱりたい定番アイテム

3.「つっぱりポール伸縮タイプ」(Can★Do/各108円)

長さのバリエーションが豊富なので使いたい場所のサイズは事前に測ってメモるべし
矢野さん
矢野さん
「“使える100均アイテム”の定番中の定番がこの『つっぱりポール』です」

ーーこれを使っていない家の方が少ない気がします。

「使いたい場所に収まる範囲で長い物を選ぶと、よりしっかりつっぱれます」(矢野さん)
矢野さん
矢野さん
「我が家の洗濯物は室内干しがメインですが、10本のつっぱりポールで干し場を構築しています」

ーー10本とはまたつっぱっていますね。

矢野さん
矢野さん
「設置してかれこれ10年経ちますが、相変わらず元気につっぱっています。ネジやクギを使わずにデッドスペースを有効活用できる便利さは計り知れません」
「新しい活用法がアップデートされ続けています」(矢野さん)
矢野さん
矢野さん
「トイレや風呂場の頭上スペースにつっぱるのが定番ですが、キッチンのシンクの下でスプレーボトルのレバーを掛けて収納したり、バスケットを組み合わせたりと新しい活用法も登場しています。空間があればとりあえずつっぱってみると新たな発見があるかもしれません」

【風呂&トイレ掃除】

直視できなかったあの汚れもスッキリ!

4.「ノズルにフィット! トイレブラシ」(ダイソー/108円)

「これがないとトイレ掃除はしたくないです(笑)」(矢野さん)
矢野さん
矢野さん
「シャワー式トイレのノズルは汚れを溜めないよう、2〜3週間に一度スポンジで挟んで掃除していたんです。そんなある日これをダイソーで見つけて自分史上最高にトキメキました。一刻も早く自宅トイレで試したくて、ダッシュで帰ったのを覚えています」

ーーあのノズルは銀河系で最も掃除したくない場所ですよね。

矢野さん
矢野さん
「ところがですね、水がシュパーッと出る穴に細いブラシがしっかり入るわ、スポンジ部分でパイプを効率よくこすれるわで、今まで落ちなかった汚れがスッキリしてもう快感なんです」
見て見ぬふりをしがちなトイレノズルの汚れ落としに最適化されたフォルム

ーー自分はトイレブラシでごまかしています。

矢野さん
矢野さん
「もう一生ノズル掃除にブラシやスポンジは使いませんと誓わせるほどの、まさに神グッズ。使い捨ては極力避けたいですが、ことトイレ掃除グッズに関してだけは衛生面を考えて使用後すぐに捨てられるものがいいと思います」

頑固な水回り汚れの最終兵器

5.「ダイヤモンドパフ」(Can★Do/108円)

洗浄力が強いだけに取扱説明書はしっかり確認しよう
矢野さん
矢野さん
「風呂場やキッチンシンクの水垢汚れはこの『ダイヤモンドパフ』で退治します」

ーーパッケージに書いてある“ウロコ汚れ”って何ですか?

矢野さん
矢野さん
「水回りについた白っぽい汚れ模様のことで、水道水の成分と洗剤や汚れなどが結合しているため普通の洗剤では落ちにくいんです。『ダイヤモンドパフ』にはダイヤモンド並に硬い研磨剤が入っているので、水をつけて軽くこするだけで頑固な汚れがするりと落ちていきます
コンパクトなので隙間も掃除しやすい

ーー化学の汚れには科学の力を借りるわけですね。

矢野さん
矢野さん
「ただ、研磨力が強力なため、素材によってはキズがつくことも。通常の洗剤でどうしても落とせない汚れだけに使うようにして、説明書をよく読んでから目立たない場所でキズがつかないか確認することが大切です」

石鹸ヌルヌル問題へのファイナルアンサー

6.「Q-BAN 石けん長持ちラック ホワイト」(Seria/108円)

水気がしっかり切れるよう、石鹸を受ける部分には輪ゴムが使われている
矢野さん
矢野さん
「これまでにさまざまな石鹸置きが生まれては消えていきましたが、現状でのマイベストがSeriaで見つけた『石けん長持ちラック』です」

ーーテニスのラケットのようです。

構造は本体、輪ゴム、フタとシンプルなので掃除もしやすい
矢野さん
矢野さん
「一般的なスノコ状の板の代わりに輪ゴムが掛けてあり、水はけが悪いとすぐに減ってしまう石鹸を長持ちさせるだけでなく、ヌルヌルも防いでくれるんです」
輪ゴムの汚れが気になったら市販の物に簡単に変えることができる
矢野さん
矢野さん
「水はけ機能と取り付け用吸盤がしっかりしているので、皿洗いのスポンジや歯磨き用コップの置き場にも便利ですよ」

【キッチン】

焼き魚愛好家は迷わずゲット

7.「グリル用返しL型」(ダイソー/108円)

太めの5本ワイヤーで魚を優しくポジションチェンジ
矢野さん
矢野さん
「グリルで魚を焼いていると失敗することってないですか?」

ーー焼き網から皿に移す段階でほぼ100%崩れます。

矢野さん
矢野さん
「そんな焼き魚料理につきものの悩みを解消してくれるのがこの『グリル用返し』なんです」

ーー焼き魚専用なんですか? 何か別の用途にも使うことはできないのでしょうか……。

矢野さん
矢野さん
「できません(キッパリ)。潔く単機能に特化するのが最近の100均トレンドなんです」
「かゆいところ“だけ”に手が届く単機能性商品が増えています」(矢野さん)
矢野さん
矢野さん
「特に長細いサンマなどは菜箸やフライ返しを使っても、うまくひっくり返したり皿に乗せたりしにくいですよね。そういった根深い焼き魚問題に終止符を打つ画期的なアイテムなんです。こういった単機能性アイテムは使った者勝ちなので悩まずに買った方がいいですよ」

機能性も素材感も抜群

8.「珪藻土コースター」「珪藻土洗面コップ置き」(Can★Do/各108円)

好みに合わせてカラーやフォルムを選べる
矢野さん
矢野さん
「Can★Doは“品ぞろえのダイソー”“おしゃれ感のSeria”に比べるとあまり自己主張をしないブランドでした。そんなCan★Doが放ったスマッシュヒットが『珪藻土コースター』です」

――表面がサラッとしています。

矢野さん
矢野さん
「珪藻土(けいそうど)は植物性プランクトンの化石が原料の天然素材で、吸水性がいいだけでなく乾くのも早いので表面がサラサラに保たれるんです」
「これまで珪藻土はホームセンターで扱うバスマットなどに使われ人気でしたが、このコースターが100円ショップに登場したことで、珪藻土のアイテムが増えるきっかけになりました」(矢野さん)

ーーコースターは素材によってはグラスの底にくっついてしまいます。

矢野さん
矢野さん
「冷たいグラスについた水滴をぐんぐん吸収するので貼り付かないんです。効果が見た目でわかりやすいのも人気の理由だと思います」

マイボトル派はマスト・バイ

9.「ポイントブラシ 細いすきま用」(ダイソー/108円)

ブラシの反対側のヘラ状の部分はパッキン類の隙間に差し込んで外すためのもの
矢野さん
矢野さん
「こちらも単機能に特化したアイテムで、水筒の飲み口を洗うための専用ブラシです。コーヒーをテイクアウトするタンブラーの蓋の掃除にもぴったりです」

ーースポンジでなんとなく洗っていますが、隙間の茶渋が取り切れないことも。

タンブラーの蓋の凹凸の汚れもブラシでスッキリ落とすことができる
矢野さん
矢野さん
「入り組んでいますが口に触れる部分なので、しっかり洗わないと衛生面で心配です。でもこれがシンクに常備されていれば、すぐに洗えるので毎日でも苦にならないのがポイントなんです」

散らばる計量スプーンを一本化

10.「粉もの専用 スライド式計量スプーン」(ダイソー/108円)

蓋のように重なった部分をスライドさせて容量を変化させる
矢野さん
矢野さん
「物が増えがちなキッチンで便利なのが、1本で4通りの計量ができる『粉もの専用スライド式計量スプーン』です」

ーーなるほど。一般的な計量スプーンは何本もあって引き出しの中で散らかってしまうことがあります。

本来は砂糖や小麦などの粉物用だが、矢野さんは料理酒などの液体に使うこともあるのだとか
矢野さん
矢野さん
「大さじ1・小さじ2・小さじ1・小さじ1/2の4通りの計量ができるので、物を減らせるだけでなく、目当ての計量スプーンを探す手間も省いてくれます。粉物用となっていますが、私は料理酒などの液体調味料にも使っていて調子いいです」

今回紹介したのはすぐにでも買いたいスグレモノばかりだが、本当に必要なアイテムを見極めるコツは「日常生活でやりたいことや解決したい課題を思い浮かべながら店を見回ること」(矢野さん)なのだそう。矢野さんのセレクトを参考に、より自分の暮らし方に合った一品を探しに出掛けてはいかがだろうか。

※掲載商品は取材時点(2019年2月)のものであり、現在取り扱いしていない場合があります。掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合があります。店舗によって品ぞろえが異なり、在庫がない場合があります。

取材メモ/機能性に加えスタイリッシュさにも拍車が掛かり、SNSにも頻繁に登場する100均アイテムたち。矢野さんによれば「“かわいい”と“買い物上手な自分”の両方をシェアするのがトレンド」なのだそうです。

構成=嶌村優(エンターバンク) 取材・文=杉山元洋 写真=竹之下三緒

\まだある!今すぐ欲しい100均の有能アイテム/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES