北新地は怖くない!コスパ最強ネオ居酒屋はうまくてオモロかった

特集

旅で行きたい! コスパでうまい地元メシ。

2019/03/01

北新地は怖くない!コスパ最強ネオ居酒屋はうまくてオモロかった

北新地といえば大阪きっての高級歓楽街。せっかく出張で来たし行ってみたい! でも、高くて手が出ない…という人も多いのでは。実は近年では気軽に楽しめる飲食店も増えており、今回は現在、特に注目されているネオ居酒屋をご紹介。料理や酒がおいしいのはもちろん「オモロさ」もピカイチなんです!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

北新地のリーズナブルに楽しめる居酒屋で「オモロい」が炸裂!

北新地で最も華やかな本通り。日が暮れると飲みに行く人とタクシーであふれます

高級クラブやラウンジ、割烹などが立ち並ぶ大阪きっての歓楽街・北新地。高級というイメージがついて回りますが、もちろんそれも間違いではありません! ですが、近年は高級店もリーズナブルなランチを展開して周辺のオフィスワーカーや主婦の人気を獲得していたり、リーズナブルな居酒屋やレストラン、バルも増えて「高級な店しかない北新地」というイメージが払拭(ふっしょく)されたのは、地元民はきっとよく知るお話です。

お店は北新地の永楽町通りに面した路面店

その中で、ひときわ話題をさらい続けているネオ居酒屋が、こちらの「浪花ろばた 頂鯛(いただきたい) 北新地店」なんです! 北新地の中でも北側のエリアにあり、JR大阪駅や大阪メトロ御堂筋線の梅田駅までは徒歩約8分ほどでアクセスも良好です。

まるでカフェのようなレトロなランプシェード。北新地であることを忘れそう!
椅子もあえてバラバラのものをそろえている意図とは……?

メニューの内容はザ・居酒屋なのに、女子も喜ぶかわいらしいしつらいが特徴の店内。オープンから6年とあって、「インスタ映え」という言葉が流行るずーっと前からこんな感じですが、本当にどこを切り取っても映えます。これがネオ居酒屋たるゆえんです。

いつも満面の笑顔でお客さんを出迎える平田さん

こちらの店長である平田善輝さんに店名の由来を聞くと、店名の頂鯛(いただきたい)には3つの意味がかけられているのだそう。1つめは「生きとし生けるものを感謝の心でいただきたい」、2つめが「蝶ネクタイ→頂鯛(ちょうたい)」、そして3つめが「居酒屋で頂点をとりたい!」。ひとつの店名ながらトリプルミーニングとは、大阪商人ならではの勢いある心意気もチラリ。

平田さん
平田さん
「ご飯を親しい人と食べるのは、ひとつのコミュニケーションですよね。おいしいご飯とお酒の他に、店のいろんなことが会話の糸口になればと思って、店内のランプシェードも椅子もできるだけバラバラにして、そういうアンバランスさが“おもしろいね”と喜んでもらえたらうれしいなと思っています」

そんな平田さんがこのお店で目指しているのが「食のディズニーランド」。『オモロい』は大阪人の得意分野でアイデンティティーのひとつ。平田さんが店長として店のオモロさを追求したら……

イクラのツッコミ飯のオーダーが入れば、この姿で「ワッショーーイ!」
平田さん
平田さん
「いろんなものが詰まった夢のある世界を、ここに作れたらいいなという思いがあったんですね。料理がおいしいのは大前提で、どうやったら“頂鯛らしいか”っていうのを考えたら、この店を『オモロがれるかどうか』っていう言葉が浮かんだんです」

平田さんが考えたのは、「来てくれたお客さん同士が笑ってコミュニケーションを取れれば、そういう笑顔って連鎖するのでは?」ということ。そのためにスタッフが“おもしろがってバカになることも大切!”というのは、短大を卒業してから20年近く飲食業に従事してきた平田さんがたどり着いた答えでした。

平田さん曰く、「料理長がとにかくアイデアマンで、いつも驚かされます」

そんな風にサービスのスタッフがオモロいおもてなしに徹することができるのも、しっかりとおいしい料理があってこそ! と平田さん。絶対的信頼を寄せる総料理長・竹鼻さんの独創的な居酒屋メニューに、唎酒師&焼酎アドバイザーの資格も持つ平田さんが最も合うお酒をマリアージュさせてくれるんです。「ちゃんとおいしいうえにオモロいが大事やと思うんです!」とは平田さんが3回ぐらい発していた印象的なフレーズ。

和と洋の垣根を外した、頂鯛自慢のメニュー!

カウンターでテキパキと働く竹鼻総料理長

総料理長・竹鼻さんが手がける頂鯛のメニューは、本当に華やか! 思わずスマホを構えたくなるそのビジュアルはもちろん、ビジュアルだけに偏りがちなことは一切なく「わ、ホンマにおいしい…」とため息が出るそのバランスは天才的。さぁ、さっそく人気のメニューをご紹介しましょう。唎酒師である平田さんに、オススメの日本酒とのマリアージュもご指南いただきました!

頂鯛といえばコレ! 「お刺身階段盛り合わせ」

その日の入荷状況によって内容がお刺身はそれぞれ(1人前1706円) ※写真は2人前、注文は2人前〜

これを映えと言わずしてなんと言おうか【1】! ひとつひとつの階段に盛られたお刺身の分厚さたるや。この日は徳島のサワラ、愛媛のシマアジやブリなど全7種。香味野菜と麹で作られた醤油麹や、手前にある泡状のポン酢などひとひねりあるつけダレも感動ものです。

平田さん
平田さん
「こちらによく合うのは宮城の『乾坤一 純米吟醸 超辛口 生』(972円)です。醤油のキレをよくしてくれるうえに、お刺身の生臭さも消してくれるいいお酒です」
各テーブルに据えられているので、ぜひご注目あれ

ちなみにテーブル用醤油に使われているは、村上ショージさんの「特選ギャグ しょうゆうこと 醤油瓶」。こういうところにも大阪らしさがチラリ。

動画撮影のご準備をオススメします!「ワッショイ!イクラのツッコミ飯」

「ツッコミ飯」だけあって丼なのに、ご飯は全く見えません! 歓喜!(小3240円)

これを映えと言わずしてなんと言おうか【2】! 「ワッショーーイ!!」の掛け声と軽快なBGMに合わせて、先ほどのサングラスの平田さんやスタッフが勢ぞろいし、真っ白なご飯の上にダバダバとイクラをオン。え? まだ盛る? と心配になるほどイクラが盛られて行く様は圧巻の一言。

平田さん
平田さん
「プチッと弾ける食感が楽しいイクラ飯にはフルーティーな香りが特徴の山形の『くどき上手 純米大吟醸 穀潰し』(1512円)がオススメです。キレイな甘味とエレガントな旨味が味わえます」

え、これが? 斬新すぎる「肉じゃがのケーキ仕立て」

「あれ? もうデザートでしたっけ?」いえ、肉じゃがです(734円)

これを映えと言わずしてなんと言おうか【3】! 品良くカットされたケーキに花火が弾けて提供されるこちら、誰がなんと言おうと肉じゃがなんです。

ナイフとフォークを使って肉じゃがを食べるなんて、ここでしか体験できません

肉じゃがをマッシュしたものをケーキ型で成形し、ひと工夫加えたうえで、表面にはイカスミ、お茶、ビーツ、マスタードの4色のソースで美しくデコレート。そして仕上げには牛スジの旨味が溶け込んだ肉じゃがのおダシにとろみをつけてソースに……。竹鼻料理長のアイデアと技が光る驚きの一品! お皿に敷かれたソースの旨味と言ったら……感動的!

平田さん
平田さん
「福井の純米、『九頭龍』(864円)をオススメしています。ソースにとってもよく合う1本です。肉じゃがには冷やがオススメですが、香りが立つので燗でも」

目前で繰り広げられるイリュージョン「-196℃の冷やし北海道余市産フルーツトマト」

白い煙がモクモク。居酒屋でよく見る冷やしトマトとは全く別物!(1058円)

これを映えと言わずしてなんと言おうか【4】! 目の前でスタッフさんがヤカンから注ぐ謎の液体。それがかけられたフルーツトマトからは謎の白い煙……この液体の正体は-196℃の液体窒素。この液体窒素に触れたトマトは瞬間冷却され、外側はシャリッ、内側はフレッシュな新感覚の冷やしトマトに。甘さが際立つイメージのフルーツトマトだけど、瞬間冷却すると酸味もしっかり感じられてこれまた美味。

平田さん
平田さん
「このフルーツトマトには秋田の『亜麻猫 特別純米』(1080円)をぜひ。白麹を使って作っている酸のある日本酒で、トマトの持つクエン酸と相性抜群なんですよ」

日本酒初心者ならば、平田さんにおまかせを!

日本酒だけでメニューブックが1冊存在する充実ぶり!

ズラリと並ぶ日本酒は、唎酒師歴13年の平田さんが全国各地からセレクト。日本酒の味を優しくまろやかにしてくれる錫のグラスを使い、冷やでの提供を基本にしつつ、燗や徳利での提供にも対応してくれます。芳醇な香りの日本酒はワイングラスで提供することも。

平田さん
平田さん
「僕は料理とお酒のマリアージュをさせるのがとにかく好きなんです。お客様が1杯目にご注文された日本酒が強すぎて、後の料理の味がわからなくなるな……と思ったら、そっとオススメをご提案します(笑)。そういうご提案をするとすごく喜んでいただけるんですよ。日本酒がわからないという方もお声がけくださいね」

お店の魅力、お客さんに聞いてみました

どのテーブルでも笑顔で食事を楽しんでいる光景が見られる頂鯛。お店の魅力についてお客さんに語っていただきました。

会社の仕事仲間でよく来ているというこちらのみなさん。特に左端の青山さんはお店への愛着がとても深いのだそう
青山さん
青山さん
「普段からよく来ていますし、誰かのお祝いごとがある時は必ず利用させてもらっています。食材も鮮度が抜群で、今日仕入れたものをすぐ食べさせてくれるのがうれしいですね」
こちらは女子写真部という写真好きのグループ。左端のサキさんの転勤が決まり、壮行会で初めてお店を訪れたとのこと
サキさん
サキさん
「仕事でベトナムのハノイに転勤することになって、せっかくだから楽しく送り出そうということで初めて来ました。料理が本当においしいし、お店のムードも楽しくて時間が経つのも忘れてしまいます。日本に戻ってきたら、ぜひまた食べに来たいですね」

敷居が高くない、怖くない北新地の第一歩

ここから見る店内はまるでカフェ!外に一歩出れば北新地の風景が広がっています
「平田さんに会いに行こう」も頂鯛の扉をガラリと開ける理由のひとつ

リーズナブルに驚きのある居酒屋メニューと、大阪が誇るべき「オモロさ」を体験できる「浪花ろばた 頂鯛 北新地店」。店長の平田さんは「お客様の懐にフッと入って、おかえり!っていうイメージでお迎えするのが僕の理想です」というだけあって、超フレンドリーな接客も大阪らしさ満載でとっても魅力的。敷居が高くない、怖くない、意外な北新地がここにはあります。

構成=伊東孝晃(クエストルーム) 取材・文=桃井麻依子 写真=川隅知明

Yahoo!ロコ浪花ろばた 頂鯛 北新地店
住所
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-6-21 栄和ビル1F

地図を見る

アクセス
北新地駅[11-41]から徒歩約1分
西梅田駅[10(西梅田駅)]から徒歩約4分
東梅田駅[8(東梅田駅)]から徒歩約5分
電話
06-6147-4377
営業時間
月~土 17:00~23:30
定休日
毎週日曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

\あわせて食い倒れたい/

各地のご当地グルメもチェック!

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES