長〜い牛タンに玉手箱……エンタメ演出が楽しい西麻布の焼肉店

2019/03/07

長〜い牛タンに玉手箱……エンタメ演出が楽しい西麻布の焼肉店

男女の恋が焼肉店を舞台に巻き起こる、全12話の美女と焼肉のラブストーリー。「肉を焦がすは、恋のバカタレ。」では、TVCMや雑誌などのモデルとして活躍する山神アリシアさんと、毎回都内の有名店を訪れます! 第9話は「おれは焼肉YouTuber!」。写真映えする「演出肉」に驚きの連続!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

\はじめに/

 

\前回までのあらすじ/

 

前回の記事は↑からチェック!

「ほらほら、笑って〜!」

YouTuberになって、焼肉をたらふく食べたい

以前のデートで、YouTuberが話題に挙がったことがある。なんでもアリシアちゃんの職場に転職してきた人が、それで結構儲けているらしい。YouTubeはたまに見るくらいだったけど、恋人の職場の話となると、とたんに現実味が湧いてくるわけで。

なぜかおれにもできるんじゃないかって思ったので、とりあえず練習。

スタビライザーってやつを使うと、ブレない動画が撮れる
山神アリシア(26)

山神アリシア(26)

デート中、アリシアちゃんを撮ってみることにした。
今日はこれから、西麻布にあるYouTuber御用達の焼肉屋に行こうということになっている。

アリシア
アリシア
「ねぇ、本当にずっと撮ってるつもりなの?」

そりゃもちろん、いい動画を撮るためだもの。それに、2人の思い出としても残るしさ。

「ほら、もうお店に着いたし、早く入るよ!」

あぁ、ごめん、画面の中のアリシアちゃんに夢中でつい……。

ここが今日の店、「牛牛 西麻布 総本店」

「牛牛(ぎゅうぎゅう) 西麻布 総本店」は、西麻布の裏通りにひっそりとある高級焼肉店。なんでも「演出肉」というSNS映えしすぎな焼肉が楽しめるらしい。目印はこの小さな看板と……。

「見てこれ!」

このスワロフスキーでできた牛の看板。このキラキラ感に期待が高まる。
さっそく地下へと下りていくと……。

入り口を入ったところ。左の棚の上にはブランド牛を証明する盾がズラリ。圧巻である

これが西麻布!
想像以上のラグジュアリー感に思わずたじろぐも、アリシアちゃんは反対にノリノリだ。

「すごーい! キラキラだね!」

とりあえずタンのつもりが、とんでもないのが出てきた

エプロンを掛けるアリシアちゃん、いつになく上機嫌です

タンといったら、焼肉のスターターとしてはド定番。それがこの店にかかれば、初っぱなからテンションをMAXにしてくれるエンターテインメントと化す。

それが、この「世界一長い特上タン」だ!

煙がすごすぎて全貌がつかめない

タイムスリップしてきました? ってくらいモクモクな牛タンは、運ばれてきたその瞬間がシャッターチャンス!
ほら! アリシアちゃん、撮って撮って!

「オッケー!」

アリシアちゃんに撮ってもらいながらYouTuberになりきってリアクションをしてみるけど、う〜ん、ギクシャクして思ったようにいかない……。あーだこうだとやっていると、煙が収まってきた。

これが「世界一長い特上タン」(3000円・税込・サ別)。普通のタンは輪切りにした丸いタンだが、こちらは縦にスライスすることで長くカットしている

一口にタンと言っても、タン先からタン元まで部位が分かれており、それぞれに食感や味が異なるもの。この「世界一長い特上タン」は、それを一口で全て味わえるという、なんとも贅沢な牛タンなのだ。

焼いてみると、その大きさがよくわかる。薄切りで焼くのが難しいため、本当は店員さんがやってくれる
食べ方は塩でもレモンでもなく、味が付いたとろろをかけていただくのが牛牛流だ

肉の演出にも驚かされたが、食べ方にも一工夫。演出肉、恐るべし。
次はアリシアちゃんに食レポをしてもらおう。

「えー? できるかな? それじゃあ、いただきまーす!」
カメラを意識させない自然な振る舞いをみせるアリシアちゃん
アリシア
アリシア
「う〜ん! これおいしーっ!牛タンは薄切りだけどジューシーで、出汁の効いたとろろのお陰ですっごく上品。口の中が幸せすぎる〜!」

あれ? アリシアちゃん食レポめっちゃうまくね?
おれより“焼肉”YouTuberに向いているんじゃ……。

演出肉の本気はここからだった!

お次に運ばれてきたのは、何やら金色に輝くデカい箱
いざ、オープン! 無邪気なアリシアちゃんかわいすぎかよ

「何が入ってるんだろ!」と期待に胸を膨らませる2人。1億円くらい余裕で入っていそうなゴージャスな箱から出てきたのは……。

こ……これは

なんと、岩塩。しかしただの岩塩ではない。ヒマラヤの岩塩プレートだ。この上で肉を焼くのだという。メニュー名は「浦島太郎の玉手箱」。よーく見ると、亀の甲羅がプレートの向こうに見えるだろう。

「浦島太郎の玉手箱」(3500円・税込・サ別)。別途運ばれてきた肉はサガリというハラミに近い部位。岩塩の上で焼くので味付けはしていない
岩塩プレートをよく熱してから肉を焼いていく。ジュウっとなるのがなんだか意外
肉の脂が岩塩の表面を溶かすことで肉に絶妙な塩味がつく。薄い肉ではしょっぱくなりすぎるので、このくらい分厚い肉を焼いてこそうまさが際立つのだ

さて、そのお味はいかに?

焼きたてをパクり
「やわらかくておいしー! 普通の塩よりまろやかな感じがするね」
「演出肉はどうですか?」と感想を求めてみる
アリシア
アリシア
「運ばれてくるときだけじゃなくて、食べ方にもサプライズがあって楽しいよ! ……って、また動画ー?」

しつこい男が嫌われるのは世の理です

「もう飽きたー普通に食べたいよー」。むすっとした表情ですら天使!
アリシア
アリシア
「今日一日ずっと撮ってるけどさ、本当に焼肉YouTuberになろうって思ってる?」

そりゃもちろん! だって動画を見て貰って得た収入で焼肉が食べられるなんて最高じゃん! やっぱり、これからは好きなことで生きていくのが一番でしょ!

あれ? 頭抱えちゃったぞ。いかん、もっと真剣に説得せねば

アリシアちゃん、おれは本気なんだよ。YouTubeを通して焼肉の素晴らしさを伝える伝道師になりたいんだ。おれのこの情熱と、アリシアちゃんの食レポのセンスがあれば、100万回再生も夢じゃないって!

だからおれとふたりで“焼肉”YouTuberになろう! お願いっ!

「マジ無理!」

即答ーーー! 悩みもしない! なんてこった!

アリシア
アリシア
「自分が出るのも嫌だし、今更YouTuberになろうとか、そんな浅い考えも嫌。普通、彼女として全力で止めるでしょ! それにそもそも……」
「これ、いくらしたの?」

えっと……もろもろ2万円くらいだったかと……。

アリシア
アリシア
「どんだけ無駄遣いやねん!」

あっ、関西弁出た!!!!

本日の格言

現実味のない夢を語って無駄遣いしているような彼氏では、将来も不安。思いつきで彼女を置いてきぼりにするような人に、肉を食べる資格なんてないのである

\第9話の恋の舞台は……?/牛牛 西麻布 総本店/西麻布

地下のエントランス。この先にエンターテインメントな焼肉ワールドが広がっている

思わず写真を撮りたくなる「演出肉」をはじめ、牛牛で扱う肉はA4〜A5ランクの黒毛和牛。ただSNS映えするだけでなく、そもそも肉の質がいいのが西麻布で人気となっている理由だ。松阪牛やかつべ牛に代表される高級和牛も取り揃え、中には2万円もするA5松坂牛のシャトーブリアンも。店内は床から天井までが金色の個室などもあり、贅を尽くした非日常の焼肉を求める人に支持されている。

\ここがポイント!/
・エンターテインメントな演出肉が映えすぎ!
・生肉提供の認可店だからユッケも食べられる
・ゴージャスすぎる非日常な空間

山神アリシアさん

山神アリシアさん

モデル

次回予告

次回、ホワイトデーのお返しに、肉への感謝が止まらない人形町の名店へ! 赤身肉を堪能した後のふわふわデザートにも注目!

取材・文=石井 良 撮影=きくちよしみ

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SERIES