SUSURUが平成最後に食べるべきラーメンをアイドルに指南!

SUSURUが平成最後に食べるべきラーメンをアイドルに指南!

2019/03/25

いよいよ新元号まであと約1カ月! ということで、年間400杯以上を食べ歩くYouTuber・SUSURUさん&ラーメン好きのアイドル・himeさん(lyrical school)に、平成最後に食べたい一杯&最近のラーメントレンドについて語っていただきました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

年間約400杯を食べるラーメンYouTuberが平成最後に食べたい一杯は?

lyrical schoolのhimeと語る

lyrical schoolのhimeさん(右)とラーメンYouTuberのSUSURUさん(左)

いよいよ新元号に変わるまで2ヶ月を切りましたね〜! 近ごろはたびたび「平成最後の〜」と耳にするようになりましたが、我々Yahoo!ライフマガジン・ラーメン大好き班も同じくです。平成最後の2019年4月30日、ラーメン好きの誰もが「最後に食べるなら、どこへ行こう?」という問題にぶち当たるのではないでしょうか。

そこで今回は、約60万ものチャンネル登録数を誇るラーメンYouTuber・SUSURUさんと、ラーメン好きのアイドル・lyrical school(リリカルスクール)のhimeさんの対談企画を決行! SUSURUさんが平成最後に食べたい一杯について語ると共に「平成最後…どのお店に行こう!」とラーメン迷子になっているhimeさんに、最近のトレンドをレクチャーします。

平成最後に、ラーメン食べるぞ〜!
SUSURU

SUSURU

ラーメンYouTuber

hime

hime

lyrical school(リリカルスクール)メンバー

\ラーメン食べるぞ/

「平成最後の一杯、どこへ行く?」問題を抱えるhimeさんに向け、3つのテーマでお届けします

1.近ごろ流行っているラーメンを教えて!
2.対談したお店「ひよこプリン」に迫る
3.SUSURUが平成最後に食べたい一杯はこれだ!

平成最後に食べる一杯に悩めるラーメンラバーへ

2月某日、2人は平井「ひよこプリン」に集合! SUSURUさんに聞いたおすすめ店のなかから、himeさんにチョイスいただいたのがこちらでした

2月某日、平成最後に食べたいラーメン&最近のトレンドについて語るべく集合した、SUSURUさん&lyrical school・himeさん。場所は、対談にあたってSUSURUさんが挙げたラーメン店のなかから、himeさんが「とっても気になる! ここがいい」と即決した「ひよこプリン」。店名の通り、かわいらしい店構えが目を引きます。

ラーメン店なのに、“ひよこプリン”……? こちらのお店については、後ほど詳しく! 

2018年の夏にオープンした「ひよこプリン」は、前身の一之江「めんやもも」の閉店から約5年を経て、ラーメンも一新する形で復活しました。「女の子も入りやすい雰囲気がいいなと思って」とSUSURUさん。

SUSURU
SUSURU
「よろしくお願いします!」
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「まだまだラーメン初心者なので、いろいろと教えてください!」
「ひよこプリン」店主の寺嶋崇さんと、奥様の純子さん

「お邪魔している『ひよこプリン』さんは、おそらく日本にあるラーメン店のなかで一番かわいい名前なんじゃないかな(笑)」とSUSURUさん。「SNSで見つけてお邪魔したんですが、食べるまでまったく味が想像できず、印象に残ったお店の一つです(SUSURUさん)。

SUSURUさんが「写真だけでは想像できなかった」と話すその味についても、記事の後半で!
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「う〜ん、はやく食べたい!
SUSURU
SUSURU
「僕も! ではお楽しみのラーメンの前に、最近の流行について解説します

1.近ごろ流行っているラーメンを教えて!

SUSURUがhimeにトレンドを指南

最近流行っているラーメンはどんな一杯?

「そういえば、初対面でしたね」というSUSURUさんの一言から、まずは自己紹介。お互いを知るべく、好きなラーメンのジャンルなどについて話しが進みます

SUSURU
SUSURU
「僕は毎日YouTubeにラーメンをすする動画をアップしているんですけど、himeさんは普段から食べ歩くんですか?」
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「つけ麺を食べることが多いんですけど、大事なライブの前は必ず豚骨ラーメンを食べます。喉にいいらしくて、メンバーも喉のことを考えて食べています。風邪にもいいって言いますよね?
えっラーメンって喉にいいの……? と思わずびっくり
SUSURU
SUSURU
「!? 初めて聞きましたよ(笑)。ジンクス的なものじゃなくて?
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「もちろん好きというのもありますが、体や喉のことも考えて食べている感じですね。豚骨ラーメンを食べているシンガーの方、多いんですよ!
SUSURU
SUSURU
「その観点はなかったですけど、確かにスープの脂が喉を潤してくれそう。そういう感覚で食べるのもおもしろいし、モチベーションも上がってげん担ぎにもなっている気がしますね」
himeさんの“豚骨ラーメンは喉にいい”説にたじたじのSUSURU氏
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「SUSURUさんは、どんな好きなジャンルが好きですか?」
SUSURU
SUSURU
「ラーメン好きになったきっかけがラーメン二郎なので、いわゆる“二郎系ラーメン”が好み。あっさりした醤油も好きですけど。二郎系はあまり食べませんか? そもそも小食なんですかね」
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「そんなことありませんよ。たこ焼きやハンバーグも大好きです♪」
SUSURU
SUSURU
「ハンバーグうまいっすよね〜! 僕も好きっす。たこ焼きは何系が好きですか?」

−−話が逸れてきました

hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
王道の、ソース×マヨが一番!
SUSURU
SUSURU
「おぉ〜。ちなみにラーメンも、最近は中華蕎麦などの王道系が再び流行ってきていると思っていて
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「王道!?」

いま流行っているのは「王道の一杯」! 

「変化球ラーメン」の進化も見逃すな

「最近はいろんなお店が増えて、僕もおさえきれていないんですよ」とSUSURUさん。「毎日食べていると1年の流れは感じるんですが……2〜3年前は煮干しが結構きていて、ここ最近は鶏醤油ラーメンがきたな、と思っていたら去年は手打ち麺の店がめっちゃ増えたり」と話します。

「毎日食べ歩いていると、ラーメンの流行りは変化が激しいなと実感するんですよね」とSUSURUさん
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「いまどきのトレンドは、ずばり?」
SUSURU
SUSURU
「最近は意外と、中華蕎麦や豚骨魚介つけ麺のような王道の味がきているんですよ。みんな“変化球”な一杯をつまんで、また王道に戻ってくる流れが去年の終わりからあって。だから再び流行っているのかなという気はする。そしてここ3年は、ちょっと変わった“変化球”ラーメンもいろいろと出てきたので、双方がバランスよく流行るんじゃないかな」
「王道! なかでも注目しているお店はありますか?」(hime)

「『らぁめん 生姜は文化。』さん。名前の通り、ショウガを使った塩らーめんが推しのお店なんですが、醤油ラーメンはまた違った印象で、昔ながらの中華蕎麦のよさと現代らしさがある一杯。塩はショウガの旨味もあり、きりっとクリアなおいしさ。上に手鞠麩のようなものも乗っていて、綺麗なラーメンです」(SUSURUさん)。

SUSURU
SUSURU
「塩は変化球といえば変化球かな。チャーシューが大きめで食べ応えもあります。醤油ラーメンについては勝手に“ネオ中華蕎麦”って呼んでいるんですけど」
「らぁめん 生姜は文化。」の「チャーシューらぁめん(塩)」(1050円)。「ショウガのダシが入っているので、風邪をひいたときに食べたい一杯でもあるかも」とSUSURUさん(写真:SUSURU TV.)
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「変化球といえば、『ひよこプリン』さんもかなりユニークですよね」
SUSURU
SUSURU
「そうそう。一度名前を聞いたら忘れませんもん。前は『白らーめん』を食べたんですが、いままでに体験したことがない味でした。豆乳のクリーミーさと旨味がちゃんとくる感じ。野菜もたくさん摂れて、SNS映えも抜群! そういうところもおもしろいなぁと」
「食べに行くだけじゃなくて、お店の雰囲気も含めて楽しい場所が増えている」(SUSURUさん)

他業種から進出したニューウェーブにも注目

SUSURU
SUSURU
「最近は和食やイタリアン、フレンチで修業した方など、幅広い分野の人たちが進出しているというのもありますね。いわゆるニューウェーブ系です
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「ニューウェーブ! なかでも注目しているお店はありますか?」
SUSURU
SUSURU
「神保町の『海老○らーめん』。フレンチ出身の方が営業されていて、ビスクという製法でスープを作ったりしている。そんな風にいままでのラーメン店にはなかったようなレシピで作っている所も多いので、これからラーメン自体が広がりをみせていくんじゃないのかな
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「(スマホで調べながら)おいしそう。ビストロみたいですね」
SUSURU
SUSURU
「そうそう。去年あたりからは、『それ、ありなん?』みたいな一杯が続々と出ているので、引き続きいろいろくるんじゃないかと予想しています」
「もう一つ印象深かったのが、ラーメン×鉄板焼き店の新高円寺『麺昇 の手』のオムライス風『オムラーメン』。スープパスタっぽい感じもあって、おもしろかったですね」(SUSURUさん)

「安定的に流行る王道に、進化しゆくニューウェーブ系。楽しみですね〜」とSUSURUさん。「選択肢が増えればラーメンにさほど興味がなかった人も、より食べるようになるのかな、というわくわく感もあるんですよ」(SUSURUさん)。

SUSURU
SUSURU
「変化球やニューウェーブはこれからも出続けるんじゃないかなと思うので、むしろ今年は王道のお店が増えると業界の雰囲気が変わるのかも。より変化球が際立つ、という意味も込めて」

◆キーワードをおさらい◆

・最近流行っているのは中華そばや豚骨魚介つけめんなどの「王道」!
・「変化球ラーメン」の進化にも注目
・他業種出身の店主による「ニューウェーブ」も続々

2.対談したラーメン店「ひよこプリン」に迫る

かわいらしい店構えも話題に!

気になる店名の由来も聞きました!

「ひよこプリン」は、2014の7月まで、一之江「めんやもも」を営んでいた寺嶋ご夫妻が切り盛りするお店。「ここを開くにあたって、ラーメンの味はかなり変えました」と寺嶋さん。

寺嶋さん
寺嶋さん
ダシは豚肉と鶏ガラ、野菜のみ。野菜は圧力鍋で煮たものをミキサーにかけて、ほかの素材と煮込んでいます。野菜の割合が多くて、スムージーのようにしてから鶏ダシと一緒に煮込む感じですね。あらごししていますから、野菜を直に味わえると思います
「開店の告知はしなかったんですけど、SNSで見つけた以前の常連さん方も足を運んでくださった。味は違うものの『これはやっぱり“ももの味”だね』と。泣いてくださる方までいて、うれしいことです」と奥さま

−−SUSURUさんが「写真で見ても味が想像できなかった」と話されていました

寺嶋さん
寺嶋さん
「SUSURUさんが召し上がった『白らーめん』は、体にいいものを使いたいな、という思いから生まれた豆乳のラーメンです。豆乳とラーメンのスープが1対1で、豆乳の割合も多いんですよ」
スープのダシは野菜がメイン。たまねぎ、じゃがいも、にんじん、セロリ、ニンニク、ショウガなど、7種類が入っているそう。「野菜類はほとんどがここ周辺のもの。地産地消という感じで」(寺嶋さん)
「とにかく、自分たちが毎日安心して家族にも出せるものをベースに作りました」(寺嶋さん)

−−店名に驚いた方も多かったのでは?

寺嶋さん
寺嶋さん
ラーメン店らしくない名前にしたいなと思ったんです(笑)。内装もですが、やわらかで優しいイメージにしたかった。“かわいい、黄色いの”って話していたらヒヨコが浮かんできて。この春に提供し始めたいと思っているプリンと合わせました。ラーメンもこの雰囲気に合う、かわいらしい一杯にできたらと」

「それで、ひよこ+プリン。プリンを出さないと詐欺みたいになっちゃいそうですね(笑)。もうすぐメニュー化します!」と寺嶋さんは笑います。

「白らーめん」(800円)はスープの旨味と豆乳のコクがマッチ。濃厚ですが、シャキシャキ香りいい野菜を挟みながら、あっさりと食べられます。つるんと歯切れいい全粒粉を使った麺とも愛称◎

さらに特筆すべきは、こちらの小麦を薄皮ごと挽き、香りよく栄養価も高い一品ができあがったそう

寺嶋さん
寺嶋さん
「福島県の羽田製麺さんに特注しています。前は自分で打っていましたが、ここはスペース的に製麺機が置けないというのもあって、お願いすることに。薄皮ごと挽いて極力添加物も加えていないので、見た目も茶色いでしょう。細かく挽いているから栄養価も高いんです」
「麺は初めにサンプルを出していただいた際に一目惚れ。小麦本来の香りと旨味が強く出ており、ぷりっとした食感もすごく気に入った。この麺にあわせてスープを調整したくらい」と寺嶋さん
上品な味わいの「らーめん」(800円)。麺は噛むほどに小麦の甘みを感じ、旨味あふれるクリアなスープとも相性◎。炙りチャーシューの香ばしさもたまりません

と……話しをうかがっていると、後ろからぐぅぅぅう〜という音(&視線)が。

「早く食べましょうよ〜!」と2人
SUSURU
SUSURU
食券機の左上のボタンは『そのお店のおすすめ』だと言われているんですが、最近はそうじゃないところも増えましたよね。が、ひよこプリンさんは王道です。左上は“白らーめん”!」

\お待ちかねのラーメンタイム/

SUSURUさんは「らーめん」、himeさんは「白らーめん」)を注文。いただきま〜す! 

さてさて、お待ちかねのラーメンタイムです!「わぁ〜おいしそう! お野菜がたくさん乗っていて、見た目もかわいい。サツマイモもある! うれしいなぁ〜」とhimeさんのテンションもマックスです。

SUSURU
SUSURU
『らーめん』もうまそう。サツマイモ、白にしか乗っていないですね! では、いただきましょう」
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「やったぁ〜♪ せ〜のっ」
いただきま〜す!

「(写真に)映えるだけじゃなくて、うまいですからね。ん〜らーめんに入っているこの角煮、最高! 柔らかくてめちゃくちゃおいしいですよ。食べます?」(SUSURUさん)と、2人とも幸せそう。

「らーめん」に入っている角煮。柔らかでタレが染みた一品に、SUSURUさんも虜になったよう
「想像よりもあっさりした食べ応えで、お野菜もたっぷり! スープまで飲み干すことはあまりないんですが、これは止まりません」とhimeさんもご満悦
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「ふぅ〜! おいしかった♪ SUSURUさんがお話しされていた通り、見た目とのギャップに驚きました」
SUSURU
SUSURU
「でしょ? シンプルな一見『らーめん』もダシの旨味がダイレクトに伝わってきて、うまかった……

さてさてお腹もいっぱいになったところで、本日最後のお題です。ずばり、年間400杯以上を食べ歩くSUSURUさんが、平成最後に食べたい一杯とは!?

3.SUSURUが『平成最後の日に食べたい一杯』はこれだ!

日本中のラーメンを食べ歩いているSUSURUさんが食べたい最後の一杯、気になりますね〜

「平成最後に食べるとしたら、どこに行きたいですか?」とhimeさんが聞くと、「ラーメンYouTuberとして毎日活動しているなかで、はじめて『ここ、うまい!』と驚いたお店があって。どこのお店もおいしいんですけど、ここは強く印象に残っているんです」とSUSURUさん。

hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「ずばり……?」
SUSURU
SUSURU
「新宿御苑『SOBA HOUSE 金色不如帰』さん。食べた瞬間ビビッ、うっうまい! となったのがこちらでした。ラーメンってすごいな、と感動して。そもそもラーメン店で食べログが3.8ってあんまり見たことなくないですか?」
以前SUSURUさんが食べた、SOBA HOUSE 金色不如帰「煮豚そば(醤油)」の味玉トッピング(1150円)。この味にたまらなく感動したそう(写真:SUSURU TV.)
「中華蕎麦なんですけど、ダシの摂り方が昔の中華蕎麦とはぜんぜん違って、貝ダシがメイン。貝が濃く出ているんですが、全体のバランスがよくすごくおいしい。あの感動を再確認しに行きたいな」(SUSURUさん)
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
「すごいですね。(スマホで見つつ)元は幡ヶ谷にあったんだ」
SUSURU
SUSURU
「長らく人気店なんですが、あの感動は忘れられない。移転してからまだ行けていないので、平成最後にもう一回食べに行きたいんですよ」
つい顔がほころびます

SUSURUさんが食べたい平成最後の一杯は、「まさにここだけの味」と話す中華蕎麦でした。平成もあと約2カ月! あなたは平成のラストデーに、どんな一杯を食べたいですか?

SUSURU
SUSURU
平成最後も、ラーメン食うぞ!
hime(lyrical school)
hime(lyrical school)
お〜!

取材・文=金城和子、動画撮影=寺田隼己(CULTURE)、スチール撮影=森田和敬(CULTURE)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載