吉本坂46・島田珠代がストレス解消に食す大阪・日本橋の麻辣湯

特集

吉本坂46「ビター&スイート」の泣かせメシ!

2019/03/13

吉本坂46・島田珠代がストレス解消に食す大阪・日本橋の麻辣湯

2018年にシングル「泣かせてくれよ」でデビューした吉本坂46メンバーが、ウルッ(!?)ときた思い出の「泣かせメシ」をご紹介。それは島田珠代が大阪・日本橋で食べる麻辣湯(マーラータン)。本場・中国仕込みの薬膳スープは健康にいいと、多くの芸人仲間も訪れるという。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

辛さも具材もお好み! 体に優しい薬膳スープが人気の「無限麻辣湯」

関西を中心に、新喜劇の舞台やバラエティ番組などで活躍する島田珠代
島田珠代

島田珠代

新喜劇女優

お好みの具材をチョイスして、カウンターで辛さをオーダー!

全13席のこぢんまりとした店。昼時は店の前に列ができるほど人気

「無限麻辣湯」は、中国で本場の麻辣湯を学んだ橋本沙絵さんの店。

麻辣湯とは、中国四川省発祥のスープ料理のこと。花椒(かしょう)と呼ばれる中国山椒や唐辛子など、数十種類のハーブとスパイスが溶け込んだ辛味スープで肉や野菜を煮込む。味はもちろん、デトックス効果も期待されるとあって人気が高い。

同店ではスープの辛さ(レベル0〜5)と、具材を野菜や肉、春雨など約40種(各110円)の中から自由に選べる。具材は自分が食べたい物を選んでもいいし、「疲れ気味」「二日酔い」など、体調を橋本さんに伝えて、各食材が持つ効能を聞いて参考にするのもおすすめ。

野菜から肉、餃子、春雨など具材がズラリ。好きな具材をカゴに入れて、カウンターへ
スープの辛さはレベル0〜5。レベル1.5が一般的な中辛。辛い物が好きな人はレベル2以上がおすすめ
店主・橋本さんの妹の泉さん。客の体調に合わせて効果的な具材の組み合わせをアドバイスしてくれる

\お店の人に聞きました/

スタッフの泉さん
スタッフの泉さん
「NGK(なんばグランド花月)が近くという場所柄、吉本の芸人さんにも度々ご利用いただいていて、島田珠代さんも何度も来ていただいてます。確か昨年の末だったと思いますが、料理ができるまで、真剣に台本を読まれていたのがとても印象的でした。島田さんはストレス解消のため、辛めのスープがお好みのようでした。ちなみにストレス解消には、カルシウムが豊富なエビを入れるのも効果的だと思います

\島田珠代的お店の魅力/

島田珠代
島田珠代
「辛いけど、おいしくてハマっちゃう春雨スープの店です。ストレスが溜まったときは、辛いものを食べるのが一番! 泣けるくらいスカッとしますよ。私以外のよしもと芸人もよく来るみたいで、そのほとんどが劇場でスベった芸人さんです。スベると、すごくストレスが溜まるんですよね。この店でよしもと芸人を見かけたら、それは劇場でスベった芸人だと思って、間違いないと思います(笑)」

中国四川省発祥の庶民料理は、デトックス効果にも期待大!

豆腐、自家製ミンチ、揚げ豆腐、豆腐麺、ブロッコリー、小松菜など9種の具材をチョイスした「麻辣湯」(1320円)
唐辛子など数十種類のハーブとスパイスが溶け込んだスープ。写真はレベル3で本場のスタンダード

麻辣湯のスープに使われているスパイスのなかには、漢方作用があるものも多い。スパイスの調合は難しいので、中国でも外食として食べられているとか。中国の「薬食同源」の思想を、具現化した料理の1つといえるだろう。

約40種から選べる具材は110円均一。おなかが空いているときは、春雨や中華麺を加えてボリュームを増やせば満足感がアップするはず。基本スープはすべて330円で、辛さは6レベルから選べるが、希望に応じて微調整もしてくれるので、具材とスープの組み合わせはまさに無限大! それがそのまま店名の由来になったとか。

ニラ玉、餃子、白菜、自家製ミンチ、キクラゲ、ジャガイモ春雨の6種の具材をチョイスした「麻辣湯」(990円)
オープン当初はラーメン店と間違えて来店する客も多かったとか。インバウンド効果で中国人観光客の来店も多く、その評判も上々だ
吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

2018年12月26日発売

秋元康プロデュース!乃木坂46・欅坂46に続く、坂道シリーズ第3弾。吉本坂46のデビューシングル「泣かせてくれよ」が絶賛発売中!

取材メモ/失礼ながら、薬膳料理は効果優先で、味は二の次的なイメージを持っていました。しかしこの店の麻辣湯を食べて、印象がガラリと変わりました。とにかくスープに深みがあって、すごくおいしかったです。好きな具材が選べるのもうれしいポイント。不摂生な生活を送っていると自覚のある人は、ぜひ一度食べに行くことをおすすめします

構成=シーアール 取材・文・撮影=シン・オフィス 動画編集=culture 

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES