札幌の菓子店かわいやの「窯焼きポテト」が、うますぎるっ!

2019/03/20

札幌の菓子店かわいやの「窯焼きポテト」が、うますぎるっ!

見つけたらラッキー!?時折ローソンで見かけるこのスイーツも、札幌の会社がつくってました。おそるべしスイーツ天国、北海道。札幌市白石区のお菓子店、かわいやさんの「窯焼きポテト」をご紹介します。

サツッター

サツッター

札幌の菓子店かわいやの「窯焼きポテト」が、うますぎるっ!

おそらく知っている方は知っているんでしょうね・・・あぁ悔しい。なぜ、今まで知らなかったのか。たまたま行ったローソンで、見慣れないものを見つけてしまったんです。ずっしりと重いそれは、なんとも地味な包装。値段もはっきり書かれてないけど、コンビニだし、まぁ300円くらいだよねー、なんて甘かった(苦笑)
540円。(レジで一瞬白目)

が、しかし!食べたら即刻、誤差240円が埋まった!いや、めっちゃうまいじゃん!いいわ、540円で!しかも、一人でこの量なら一気に食べないで、明日も食べられる!いい、540円で!! マジうまい!

落ち着け私。

まず、包装開けたら、こう。15㎝くらいです。この画像見ただけなら若干わかさいも寄り

まっぷたつに切ってみました。

びっちりの芋の中にまさかのクリームがっ。クリームが甘すぎないから芋とのハーモニーが素晴らしい!思わず鼻から吐息(笑)素材が活きてるぅ~!なるほど、これスイートポテトだったのね(って今?気づくの遅い)

うるわしの断面図。外観からの期待を超えるみっちみちのスイートポテト感にほれぼれ

いそいそとフォークを入れてみたところ、フォークが下まで届かず裏返してみました。これは!あらら、まるっきりさつまいも!
想像をはるかに超えるうまさに、ぐぐっと、お気に入りに食い込んでくる窯焼ポテトを、恍惚の表情でしばし堪能。あぁ、いもが。クリームが。幸せが押し寄せます。

裏側にはさつまいもの皮がそのまま。素材そのまま感がたまりません

そしてようやく少し冷静になって、あらためて包装紙に目を移しました。包み紙は「北海道どさんこ新聞」。どさんこ新聞・・・??じっくり読んでみたら、窯焼きポテトPRコピーのオンパレード!「爆発的な人気!うまいもの造りの職人芸」って。ふむふむ、え、自宅の敷地に工場があるの?すごくないですか、それ。なんて、ついつい読み込んでしまいました。

窯焼きポテトの包装紙は昭和22年4月3日の「北海道どさんこ新聞」
うん、たしかに上品な感じがしました、はい!
ちなみこちらが原材料
包装紙の全景。何枚かが重なってるわけではなく、これで一枚。赤い囲みもデザインです(笑)

すっかり興味がわいてかわいやさんのホームページを見てみると、この窯焼きポテト以外にも、さまざまな種類がありました。そしてなんと、この窯焼きポテトには、北海道産のじゃがいもが入っているとの記載が!それは気づきませんでした。また買って食べてみようと思います。

食べてみた | 札幌市民がやってみた!「サツッター」

食べてみた | 札幌市民がやってみた!「サツッター」

本当に美味しいお店・おすすめグルメは地元民に聞け!札幌在住ライターが「札幌の地元グルメ」を食べてみた!

行ってみた | 札幌市民がやってみた!「サツッター」

行ってみた | 札幌市民がやってみた!「サツッター」

札幌で人気の定番スポットから、話題のニュースポット、穴場のおでかけスポットまで、札幌在住ライターが実際に行ってみた!

買ってみた | 札幌市民がやってみた!「サツッター」

買ってみた | 札幌市民がやってみた!「サツッター」

札幌の地元民はいまこんなものを買ってます!知る人ぞ知る地元スイーツ・お菓子・パン、雑貨など、札幌在住ライターが買ってみた!

やってみた| 札幌市民がやってみた!「サツッター」

やってみた| 札幌市民がやってみた!「サツッター」

札幌ライフをもっと楽しもう!札幌在住ライターがやってみた!イベント・アクティビティ・マッサージなど、リアル体験レポート!

この記事を書いたライター情報

サツッター

サツッター

「札幌市民がやってみた!サツッター」は、札幌在住ライターが日々の暮らしの中で体験した等身大の情報をありのままに発信する、札幌の地元情報Webメディアです。「札幌が好き!」という共通の想いで集まったライターたちが、地元札幌のリアルな今をお届けします。

サツッター が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES