吉本坂46・8.6秒バズーカー田中が時間を忘れる北新地の鮨店

特集

先週の人気記事 TOP10 (3/11~3/17)

2019/03/11

吉本坂46・8.6秒バズーカー田中が時間を忘れる北新地の鮨店

2018年にシングル「泣かせてくれよ」でデビューした吉本坂46メンバーが、ウルッ(!?)ときた思い出の「泣かせメシ」をご紹介。8.6秒バズーカー田中の想像を超える料理が次々と出てくる鮨店。今度は何が出てくるのか、ワクワクと感動を繰り返し、時間はあっという間に過ぎていく…。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

これが丼? 想像の斜め上を行く料理で客を楽しませる「鮨やました」

アイドルのイメージで、ラッスンゴレライのイメージの上書きを目指す田中シングル
田中シングル(8.6秒バズーカー)

田中シングル(8.6秒バズーカー)

お笑い芸人

店にお品書きは一切なし。店主自慢のおまかせコースには感動がいっぱい!

カウンター7席の小さな店だが、すべての客に気を配るためには、これくらいがちょうどいいとか

北新地にある鮨店で20年修業を積んだ店主の山下耕作さんが独立し、1年半ほど前にオープン。最初は郊外に店を持つことを考えたが、最終的に顧客も多く、慣れ親しんだ北新地を選んだという。

北新地は大阪・キタを代表する飲食街で、東京でいう銀座のような高級店が集まるエリア。舌が肥えた客を満足させるため、仕入れる魚にはかなりのこだわりを持っている。「基本的には前の店に勤めていたときからお付き合いがあり、信頼できる業者に任せています。自分がおいしいと思ったものを、自ら仕入れることもありますね」と、山下さん。

ネタは電気式の冷蔵庫ではなく、氷で冷やす木箱に入れている。そのため冷えすぎず、食すのに最適な温度で客に提供できる

店にお品書きはなく、店主のおまかせコース(1万円〜)を利用するのが基本スタイル。その日仕入れた魚の種類やグレードを吟味し、うま味を最大限に引き出すための工夫を凝らした料理の数々を提供。そのなかには「これが鮨?」「これが丼?」と首をかしげたくなるものもある。その驚きと感動が、この店最大の魅力だ。

有田焼の窯元・真右ェ門窯に特注した板皿。和食店らしからぬ鮮やかな色使いも店主のオーダーによるもの
「小さな店ですので、来店時は電話で予約を入れていただけると助かります」と店主の山下耕作さん

\お店の人に聞きました/

店主の山下耕作さん
店主の山下耕作さん
「田中さんはオープン当初、私の知人のご紹介で来店してくださいました。その頃はまだ大阪にいらしたみたいですが、東京に行かれてからも、ちょくちょく顔を出してもらっています。奥様と一緒にご来店されたこともありましたね。とにかくよく食べて、よく飲まれる方で、私も気持ちよく料理を作らせてもらっています」

8.6秒バズーカー田中シングル的お店の魅力

田中シングル(8.6秒バズーカー)
田中シングル(8.6秒バズーカー)
「大阪時代からよく通わせてもらっている店です。今も大阪に帰ったら、ほぼ毎回行っています。注文は一切せず、食べるのは全部おすすめ料理。こんなの見たことない! というような料理がバンバン出てきて、ワクワクと感動を繰り返しながら、あっという間に時間が過ぎている。気がついたらまだ握りを食べてない、なんてこともありました。ぜひ一度行ってみてください」

器は小さいけれど、多彩な味が混然となり、おいしさが口の中に大きく広がる

「ウニとイクラの小丼」(2000円)
北海道産のバフンウニは甘く、とろけるような食感

「田中さんはウニがお好きだったので、ウニを使った丼をお作りします」。山下さんにそう言われて待っていると、出てきたのは手のひらサイズの小さな器。これが丼ですか? と思わず聞き返してしまったこの一品。小さいけれど、その味には大きな驚きがあった。

ご飯は酢飯。その上にのっているのは北海道産のバフンウニとイクラ、そして野沢菜。それをまとめて口に入れると、イクラはプチっと弾け、ウニはとろ〜り、そして野沢菜のシャキシャキ感と、異なる食感の三重奏が奏でられる。量が少ないからこそ、まとめて食べることができ、今までになかったような食感を楽しむことできるというわけだ。

カニの酢の物? いやいやこれは、松葉ガニの身とミソがたっぷり入った「カニのサラダ」(2000円)。ドレッシングはシソ風味です

「おすすめコースではいろんな料理を楽しんでいただきたいので、一品一品は少なめにしています。ウニは北海道産のほか、徳島産ムラサキウニなど、お客様の好みに合わせられるよう、常に2種類は用意していますよ」と山下さん。料理は一品での注文も可能。

ビルの1階の通路奥にある店。深夜2時すぎまで営業しているので、2軒目利用にも便利
吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

2018年12月26日発売

秋元康プロデュース!乃木坂46・欅坂46に続く、坂道シリーズ第3弾。吉本坂46のデビューシングル「泣かせてくれよ」が絶賛発売中!

取材メモ/たった2品にこれだけの驚きが詰まっているなら、おまかせコースを楽しんでいる田中さんが、あっという間に時間が過ぎると言っているのもうなずけます。私もコースを注文し、全部の料理を食べてみたくなりました。

構成=シーアール 取材・文=岡村茂樹(ブロックタック) 撮影=相沢直人 動画編集=culture

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES