何度漬けても怒られない。二度漬けOKの串カツ屋が男前すぎる

特集

出張で行きたい! ローカル名物グルメ

2019/03/08

何度漬けても怒られない。二度漬けOKの串カツ屋が男前すぎる

大阪の串カツといえば、「ソースの二度漬けはNG!」が定説。そんな常識を覆すお店が昨年末、大阪・北堀江にオープンしました。大阪の串カツを食べたいけど、「一度漬けだけじゃつまんない!」って思っている方には朗報ですが、このお店の魅力はそれだけじゃないんです。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ソース好きが待ち望んだフレーズ。「ソース熱々! 二度漬けOK!」

店内にもバッチリ貼ってアピールしています

昔からあるルールに基づいて食べている料理って、結構ありますよね。大阪の串カツでの「ソースの二度漬けはNG!」はその代表格。そんな常識に「誰が決めたんじゃい!」と挑戦状を叩きつけるように昨年末オープンしたのが、「ヤナギストア」。二度漬けOKという特色の他にも、北堀江という大阪おしゃれスポットにある好立地と、翌朝5時まで営業という使い勝手の良さで、地元での人気はうなぎ登り。心斎橋で遊ぶ来阪旅行者にとっても、夕飯に迷った時にはオススメのお店です。

イケてるのは二度漬けOKだけじゃない! シンプルかつ小洒落た店内

18時になれば、透明なテントにオレンジの蛍光灯が輝く!
32席もある店内は、カウンター、テーブルの他にも座敷も完備
店舗名のネオンライト(しかもグリーン!)。串カツに縁遠そうなおしゃれ女子も、「入っちゃおうかな」と思わせるニクい演出だ

「ヤナギストア」の最寄り駅は、大阪メトロ長堀鶴見緑地線「西大橋駅」。そこからなにわ筋を南下すると、角地に見えるおしゃれなオレンジの蛍光灯が目印です。20時にもなれば職場が近所のお客さんがつめかけ、店内は大にぎわい。明け方5時まで営業しているので、2軒目、3軒目でも気軽に使えるのがうれしいですね。

「ソース熱々! 二度漬けOK!」の秘密はコレ

ポットから湯呑みに注がれるソース。湯気が出ていることからも分かる通り、熱々だ

保温ポットに入った二度漬けOKのソースは、湯呑みに注いで利用。魚節ダシをきかせた和風のあっさり味のソースは、酸味も少なく、何度でもジャブジャブ漬けたい味わい。二度漬けOKを解禁したのはなぜか、店主を直撃です!

朗らかな笑顔が印象的なイケメン店主の柳さん。この笑顔で出迎えられたら、初めて訪れた旅行者も安心ですよね
店主の柳さん
店主の柳さん
「串カツ屋をやろうと思っていた時に、スタッフたちと、いろいろなお店を食べ歩きしていたんですね。たまたま入ったお店が閉店間際で、その時のソースが、冷蔵庫から出されて冷たかったんです。そこで、串カツは温かいソースで食べた方がうまいよなと気付き、試行錯誤の結果、保温ポットから湯呑みに注ぐ方法に至りました。これなら一人ひとりに提供できて、今までタブーだった二度漬けもできるやろと」

なるほど、そういう経緯での「ソース熱々! 二度漬けOK!」だったんですね。でも、こんな常識ぶち破るなんて、誰も考えませんでした。逆張りであえて狙った効果としては、評判は上々の様子。

店主の柳さん
店主の柳さん
「いやぁ、実は『二度漬けNG!』の方が、ソースのロスは出にくく、費用対効果としては正しいんですよ。でも話題性やおいしいものを提供したい思いから、これからもやっていこうと思います(笑)」

1本100円台からの手軽さ! リーズナブルなメニューがズラリ

1本100~300円(税別)のメニューがラインアップ

大阪のソウルフードの串カツ。「ヤナギストア」の価格設定もリーズナブルで、敷居もグッと下げていますよ。今回は、コチラに来たらぜひ食べてほしい一押しメニューをピックアップ。

まずはおまかせ5串で、「ヤナギストア」の“二度漬けOK!”を楽しむ

「おまかせ5串」(800円・税別)

「ヤナギストア」に来たら“二度漬けOK!”を楽しむためにも、当然串カツはマスト。どれからいこうかと迷ったら、まずは、「おまかせ5串」からいきましょう。取材時は、もちあられ、豚ロース、ハムエッグ、エビ、アスパラがお目見え。目の細かいパン粉をまぶすことで、ふんわりと軽くサクサク食感になった串カツを、熱々のソースに心ゆくまで浸してください。

「ヤナギストア」もう一つのエースも見逃せない

「どてカツ」(200円・税別)

「ヤナギストア」のもう一つのエースメニューなのが、「どてカツ」。豚ロースの串カツにどて煮をつけて食べるスタイルで、なんともたまらん味わい。赤味噌仕立てのあっさりテイストになっているので、二度漬けソースの味変などにもイイかも。

おひとりさまの強い味方! 朝まで食べられる定食もアリ

「串カツ定食」(980円・税別)。串3種、ポテサラ、ご飯、あさり汁、キャベツ、キムチまでつく太っ腹さ

「ヤナギストア」の魅力は、ただの居酒屋にあらず! 朝まで営業しているのにもかかわらず、定食メニューも頼めてしまうんです。店舗立ち上げの際の店長さんたっての希望メニューで、アパレルショップや美容室が乱立する堀江エリアのスタッフさんのために作ったとのこと。懐寂しい日でも、栄養バランスもバッチリで、しかもお安くて、さらには居酒屋としても楽しめるようにする心意気って、う~~んステキやん! 当然、おひとりさまで来阪された旅行者や出張者にも安心なポイントであることは言うまでもありません。

初めての方も大満足

職場が近くという同期のユウヤさんとミユさんは、初来店

近隣にお勤めの方からも次第に認知されてきた「ヤナギストア」。“二度漬けOK!”というトピックスで来店されたというよりは、立地やお店の雰囲気に吸い寄せられて、訪れたという方も多そうです。

ミユさん
ミユさん
「初めて来たんですけど、『どてカツ』がおいしいですね。串カツは『セセリ』もオススメですよ」

遊びゴコロ豊かなドリンクも勢ぞろい

ネーミングも秀逸! 「二階堂みどり」(500円)
「クレイジーレモン」など個性的なメニュー名が並ぶ

串カツにはビールと言いたいところですが、「ヤナギストア」のオススメドリンクは、さっぱりとしたオリジナルカクテル。麦焼酎「二階堂」を愛知県西尾市の抹茶で割った、「二階堂みどり」は、抹茶の爽やかな香りで串カツがすすむこと間違いなしです。

黄色い声多数!? イケメンスタッフがお出迎え

お店を切り盛りする店長の柳さん。「ヤナギストア」の店名はこの方がルーツで、前職はなんと美容師! 複数で訪れてもカウンター席に腰掛けたいかも

「ヤナギストア」で最も重要なポイントとも言えるのが、スタッフがイケメンぞろい!な点。それもそのはず、おしゃれな雰囲気のスタッフさんらは、美容&ファッション系の前職を経て、飲食業界へキャリアチェンジ。人当たりが良いその接客は、訪れた方のハートをつかむこと間違いなしです。

お店のムードメーカー、南中さん(通称:ナンチュー)。前職はアパレルとあって、ファッションもオシャレ
甘いマスクに軽快なトークで、女性客のハートをグッとつかむ、中田さん(通称:ジョー)も前職は美容師
店主の柳さん
店主の柳さん
「僕をはじめ、スタッフはみんな年が近いため、いいコンビネーションでお店をやっています。ココは『コンビニみたいに毎日気軽に寄れる串カツ屋』がコンセプトなので、大阪に旅行に来たら、気軽に入ってくださいね」

“二度漬けOK!”というフレーズだけでも十分引きの強い「ヤナギストア」ですが、平均予算は2000~3000円程度というリーズナブルさと、スタッフのポテンシャルの高さで、ますます魅力的なお店であることは、当然伝わったハズ! 心斎橋界隈で夜食を食べようと思ったら、コチラへ足を向けましょう。定食とドリンク1杯頼んでも、2000円を切る深夜営業の居酒屋ってそうそうないですよ!

Yahoo!ロコ株式会社山下 ヤナギストア
住所
大阪府大阪市西区北堀江1丁目 22-23

地図を見る

アクセス
西大橋駅[3]から徒歩約2分
四ツ橋駅[6(四ツ橋駅)]から徒歩約4分
西長堀駅[5]から徒歩約8分
電話
06-6536-3382
営業時間
月~日 18:00~29:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材・文=堀 俊夫(クエストルーム) 撮影=桂 伸也


\あわせて食い倒れたい/

札幌・名古屋のご当地グルメもチェック!

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES