吉本坂46・レインボー池田がバイト先で涙と共に食べたカニ炒飯

特集

吉本坂46「RED」の泣かせメシ!

2019/03/25

吉本坂46・レインボー池田がバイト先で涙と共に食べたカニ炒飯

2018年にシングル「泣かせてくれよ」でデビューした吉本坂46メンバーが、ウルッ(!?)ときた思い出の「泣かせメシ」をご紹介。数年前、新宿の居酒屋でバイトをしていたレインボー池田直人。仕事でミスをして落ち込んでいたとき、失敗を悔やみながらかみ締めたカニチャーハンは涙の味がした。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

活気あふれる空間と産地直送の食材がウリの「日本鮮魚甲殻類同好会」

芸人のかたわら、「美容男子」としてコラムを執筆する
池田直人(レインボー)

池田直人(レインボー)

お笑い芸人

ユニークな内装と豪快な料理でお酒の席を盛り上げる

壁一面にメニューが張り出された賑やかな店内は、活気あふれる市場を想像させる。不ぞろいなテーブルは、わざわざ加工して使い古されたような印象を演出
魚介中心のメニューが所狭しと掲示される

一度聞いたら忘れられない、斬新な屋号を掲げる「日本鮮魚甲殻類同好会 新宿えび通り本部」。「人に提供するならうまいものだけを出す」という信念を胸に、全国の漁場から目利きした鮮魚を直接買い付ける。ただそれは魚介類に止まらず、牛、鶏肉など、産地直送にこだわった質の高い国産食材をそろえている。

そのためメニューは、各地の漁場・漁師から仕入れる「鮮魚の刺盛り」(1510円〜)から、北海道・小澤牧場のはこだて大沼牛「ドーンと450g! ポンドステーキ」(4318円)まで多彩。それは魚介だけでなく、宮崎県から直送される朝挽きの霧島鶏がメインの「鳥○本店」(新橋)や、希少な生ホルモンを提供する「オクヨシ精肉所」(有楽町ほか)といった、産直酒場を40以上展開するからこそ実現できたといえる。

2階はさらにユニーク。「船着き場」があり、すぐ横には実際に使われていた船を活用したテーブル席を置く

新鮮な魚介をぜいたくに使った、豪快な料理の数々に驚く

「蟹たっぷりチャーハン」(1078円)。ズワイガニのうま味をパラパラのご飯に吸わせたひと品。口へと運ぶ直前に、カニの匂いがふわりと香る

屋号に負けず劣らず、料理もインパクトのある品ばかり。シメに食べたい「蟹たっぷりチャーハン」は、ズワイガニの立派な足がチャーハンの上にのる。お米は羽釜で炊いていて、一粒一粒がふっくら。ほか1kgのカキがずっしりと詰まった、同店の顔ともいえる名物メニュー「カキの缶々蒸し」(2158円)もお忘れなく。

\レインボー池田的お店の魅力/

カニの身はほぐして、ご飯にのせて食べてもよし。そのままパクッと頬張るのもぜいたく
池田直人(レインボー)
池田直人(レインボー)
「昔のバイト先で、稽古で終電を逃してはお店に泊まらせてもらっていました。ここは2階建てなのですが、ある日2階からレンゲを落としてしまい、1階にいたお客さんに料理がかかってしまったんです。『僕なんてバイトもできない…』と落ち込んでいたとき、泣きながらこのカニチャーハンを食べました
吹き抜けになっていて、2階から1階の様子をうかがえる。池田がレンゲを落としてしまった場所もこちらだと予想
「カキの缶々蒸し」(1kg 2158円)はカキを殻ごと、缶に入れたまま蒸し上げる。うま味が凝縮された身に薬味を添えて召し上がれ

\お店の人に聞きました/

1kgもの重さがあるカキを抱えながらも、笑顔を崩さないスタッフの沼田咲季さん
スタッフの沼田咲季さん
スタッフの沼田咲季さん
「当店は屋号からインパクトが強いですし(笑)、どの料理もドーンと盛り付けられていて豪快に見えますが、丁寧な調理法を徹底しているんですよ。特に加工品を使わないのがモットーで、材料はすべて店舗で仕込んでいます。“食べ応えがあっておいしい料理”が自慢です!」
新宿駅から徒歩約4分とアクセス良好。24時間営業なので、いつ行ってもガッツリ料理をアテにお酒を楽しめる
建物上部にはド派手な装飾が施されていて、客の気分を盛り上げる
吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

2018年12月26日発売

秋元康プロデュース!乃木坂46・欅坂46に続く、坂道シリーズ第3弾。吉本坂46のデビューシングル「泣かせてくれよ」が絶賛発売中!

取材メモ/妙な店名に驚き、いざ足を運ぶとド派手な外観に圧倒されました。店内は市場みたいに賑やかな雰囲気で、2階の「船着き場」そばにある船のテーブルには意味もなく座らせてもらいました。カニもカキも食べると幸せな気持ちになれるし、とにかく楽しかったです。

構成=シーアール、取材・文=小島加奈子(シーアール)、撮影=内田龍、動画編集=culture

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES