むつ湾と太平洋を一望【吹越烏帽子】で、ぷらっと楽楽登山

2019/03/11

むつ湾と太平洋を一望【吹越烏帽子】で、ぷらっと楽楽登山

青森県の横浜町と六ケ所村にまたがる【吹越烏帽子(ふっこしえぼし)】は、標高507.8m。登り1時間半、下り1時間の気軽に登れる山です。登山道も緩やかで、年齢を問わず楽しめます。

青森の魅力

青森の魅力

【東北百名山】にも選ばれている登山スポット

ハイキングスタート

写真中央に見えるのが東北百名山にも選ばれている吹越烏帽子です。これからあの頂上まで登ります。

県道24号 横浜六ヶ所線から小さな看板を目印に入っていきます。

登山道入口までは砂利道を進み
田んぼの脇を抜けていきます
登山道入口付近には車を数台停めれるスペースがあります

登山道入口までは、未舗装だったり田んぼがあったりちょっと不安になりつつ進むと、山頂まで約2.5kmの登山道入口へ到着。

いよいよ登山開始です。

ここからはクマの世界。しばしの間お邪魔します
木々の間をゆっくり歩く

季節によっては登山道のところどころにキノコが生えています。子どもたちは毒キノコを見つけるとはじめのうちは踏んづけたり遊んでいましたが、あまりの多さにしばらくすると飽きたみたい。
しかし、こんなにも毒キノコが存在する意味がナゾです。。。

真っ赤なツルツルのやつだったり
地味な色のやつだったり
いろんな色や形のキノコが生えています

しばらく続いた林を抜けると、周りは松林になります。
木々の合間から眼下に広がる美しい風景に癒され元気が出る瞬間です。

木々の間に広がる風景

そして登頂!!

最後の岩場をヘトヘトになって登ると、いよいよ登頂です。
すばらしい眺めです~。
眼下には雄大な自然と、風力発電のタワー、むつ小川原国家石油備蓄基地、そしてむつ湾と太平洋が一望できます。
むつ湾は本当に美しいです。

山頂から南西方向の景色

山頂でランチをいただきました。
写真を取り忘れてしまいましたが、山頂には小さな祠がありました。

山頂から北の方角に「金津山」という山が見えます。

金津山

この山では昔、金が取れたそうです。
江戸時代初期は、大阪や京都から多くの船がこの辺りの木材を運搬するために寄港し、横浜の港がにぎわったそうです。
木材や金が取れたことで、このあたりは「金の山」と呼ばれていたそうです。
ちなみに、金は取られまくったみたいで、今ではなかなか金は見つからないそうです。

下山

帰りは松林までがかなり急なので、ロープをつたって注意しながら降ります。
ヘトヘトにやられただけありました。

ロープを頼りに下山です

全行程で約3時間ちょっとのハイキングでしたが、気づけばココロもカラダもスッキリ~。
四季折々楽しめる山なので、ぷらっとまた登ってみたいと思います。

Webサイト「青森の魅力」

Webサイト「青森の魅力」

青森の魅力を知り、愛し、伝えよう

「何もないところ」から「失われていないところ」へ。自然景観や人にスポットを当てた青森県の地域魅力発信サイトです。

この記事を書いたライター情報

青森の魅力

青森の魅力

「何もないところ」から「失われていないところ」へ。自然景観や人にスポットを当てた青森県の地域魅力発信サイトです。

青森の魅力 が最近書いた記事

SERIES