韮山反射炉とセットで見ておきたい「江川邸」と反射炉菓子のお店

2019/03/15

韮山反射炉とセットで見ておきたい「江川邸」と反射炉菓子のお店

伊豆の国市は、世界遺産の反射炉をはじめ源氏ゆかりの地としても大変歴史深い町です。反射炉を作った江川太郎左衛門のお屋敷「江川邸」は、民家で国内最初に指定された重要文化財。韮山反射炉を見たら「江川邸」見学は外せません。

We love 静岡

We love 静岡

平安時代より40代続く、江川家のお屋敷「江川邸」

韮山反射炉を作った江川太郎左衛門

反射炉を作った方が銅像の江川英龍(江川太郎左衛門)。

江川英龍は、1835年に江川家36代の当主となり韮山代官に就任しました。

徳川幕府直轄地の伊豆、駿河、相模の支配を担当していた韮山代官。
江戸時代をほぼ全期間、徳川幕府の代官を世襲して務めたそうです。

そして、英龍が国防の重要性を幕府に上申して、反射炉の築造が決まりました。

ロケ地にもなっている江川邸

立派な屋敷! 「旧韮山代官所跡 江川邸(入場料:高校生以上500円 小中学生300円 伊豆の国市民の高校生以上 400円)」

「韮山反射炉に行ったらセットで見て!」と言われている江川邸。
「西郷どん(第4話)」「篤姫」などの大河ドラマや「仁JIN」などのロケ地にもなりました。

旧韮山代官所跡「江川邸」のみどころ

今は銅版の屋根だけど、当時は茅葺屋根だった

「役所跡」や元禄時代まで江川家は日本酒を作っていたため、水が使われていたのでは? と言われている「井戸」、豊臣秀吉が韮山城に攻めこんだ当時の戦い跡が残る「裏門」などがあります。

日本で初! パン発祥の地

全国パン協会が建てたパン碑(碑文 徳富蘇峰)

英龍が1842年4月12日に兵糧パンの第一号を焼いたそうです。
今ではパン業界で指定され、4月12日が全国で「パンの日」になっています。

お屋敷内見学へ

お屋敷内の50坪ほどの土間

土間内は歩きながら建物内の見学ができます。

パン焼き釜やかまどの展示もありました。(写真奥)

高くて立派な天井‼

天井版が張られていないので、屋根裏の小屋組みを見上げてみることができます。

見上げて一番高いところに「棟札箱」があって、その中に日蓮上人直筆の曼陀羅が収められているそうです。

そのおかげか、今に至るまで火災にあわず現存しているのですね。

「韮山竹」

千利休が花入れを作ったことで有名になりました。

江川邸の内庭に群生している竹で、その内庭は年に2回春と秋に特別公開されます。

品川御台場図

江川英龍が台場(砲台場)を築き、韮山反射炉で作った大砲を運びました。

江戸時代と現在のお台場を見比べることができます。

伊豆の国反射炉認定ブランドのお菓子

地元の和洋菓子店でも反射炉土産になるお菓子があります。

反射炉にちなんで食用の竹炭を使って黒くしたお菓子ですって。

黒いロールケーキ「大砲ロール」

要冷蔵品。賞味期限は夏5日・冬は7日。「韮山反射炉大砲ロール(1本 1000円)」

テレビでも度々取り上げられていて、見たことある!という人も多いのでは。
大砲の筒のような黒いロールケーキです。

竹炭を使った外側スポンジは黒っぽく、中に白いクリームと、中央にマロンが入っています。

食感もしっかり目で、3時のおやつに合いそう!

「反射炉加農(カノン)」

常温で日持ちします。「反射炉加農(カノン):1個 120円」

竹炭が入った黒い皮に、白あんとごまあんの二重あん入りの大砲の玉を思わせる半円形の和菓子。

白あんとごまあんのバランスが絶妙~!
甘いもの好きにはたまらない味です。

「反射炉に行ったら、江川邸もセット見学」と言われています。

江川英龍ゆかりの反射炉やお台場をはじめ、様々な偉業の展示物が残る江川邸。
約400年前に建築された代官屋敷を実際に見て、皆さんも深い歴史を感じてみてください。

◆お得な『韮山反射炉・江川邸の共通入場券』があります。
大人:700円(←通常料金1000円(韮山反射炉500円+江川邸500円))
小中学生:250円(←通常料金350円(韮山反射炉50円+江川邸300円))
※伊豆の国市民は韮山反射炉入場料が無料


※掲載の情報は2019年3月時点のものです。最新情報はホームページなどでご確認ください。

静岡の情報サイト we love 静岡

静岡の情報サイト we love 静岡

静岡県の「食べる」「楽しむ」「観る」「知る」「学ぶ」情報を発信しているサイトです。静岡県民だけでなく、観光にも役立ててほしい毎月のイベント情報も更新中。

この記事を書いたライター情報

We love 静岡

We love 静岡

富士山や伊豆など観光資源にめぐまれている静岡県。「we love 静岡」は、静岡県民にも楽しんでもらえるような、時短旅や地元の人しか知らない話題やグルメ情報をお届けするサイトです。静岡県の良さを伝えたい人が集まり、 多くの視点と感覚で、静岡の驚き!とワクワク♪な情報を発信中。

We love 静岡 が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES