ふわ甘限定スイーツ!札幌・「白い恋人パーク」はおいしく楽しい

ふわ甘限定スイーツ!札幌・「白い恋人パーク」はおいしく楽しい

2019/03/21

札幌中心地から地下鉄で一本。森の香りがする手稲山の近くに「白い恋人パーク」はあります。「白い恋人」製造工程の展示やチョコレートカップやパッケージラベルなどの見学ゾーン、お菓子作り体験、オリジナルスイーツが食べられるカフェもあり、おいしくて盛りだくさんのお菓子のテーマパークです。

るるぶ&more.

るるぶ&more.

ISHIYAスイーツを使った白い恋人パーク限定スイーツは魅力的すぎ

 

一番のお目当ては、チョコレートファクトリー4階のチョコレートラウンジでいただける限定スイーツ!

「白い恋人パフェ(756円)」は、ISHIYA人気のスイーツたちを一度に食べられる、とっても欲張りなパフェです。バウムクーヘン「白いバウムTSUMUGI」とミルフィーユ菓子「美冬(みふゆ)」のパイの上に、白い恋人のチョコレートを使用した「白い恋人ソフトクリーム」のミックス。そして、お決まりの「白い恋人」と、フルーツまでトッピングされています。

 

ホワイトチョコレート風味の生クリームを包み込んだ「白いロールケーキ(648円)」も、「白い恋人ソフトクリーム(ホワイト)」を同時に楽しめるのでおすすめ。

チョコレートフォンデュ

他で味わえないスペシャルメニューが「チョコレートフォンデュ(2160円)」。色とりどりのフルーツを、ナッツをペーストにして加えたジャンドゥーヤ風味のチョコレートにからめてパクリ!口いっぱいに広がる深みのあるチョコにうっとり。

 

「イシヤオリジナルティーセット(2376円)」はISHIYAの人気のスイーツ6種とドリンク(2杯分/コーヒー、紅茶、チョコレートドリンクの中から)のセット。色々と試したい方は、しっかりとお腹を空かせて是非!

女子数人で行くなら高さ約30cmもあるジャンボパフェ(1296円)にもトライしたいところです。

ラウンジから見えるからくり時計塔では、パークのオリジナルキャラクターがパレードを繰り広げます。せっかくならスイーツとあわせて楽しみたいですね。(からくり時計塔が動くのは9〜19時の毎時/約10分)

旅の想い出に巨大な「白い恋人」作りに挑戦!

 

海外からの観光客にも人気の「お菓子作り体験工房」。今回は、約14cmのハート型の白い恋人が作れる「私の白い恋人【焼き上げコース】(1296円/所要約60分/毎日9時30分〜16時)」にトライしました。

 

まずはプレス機で、ハート型と原寸大の白い恋人の生地をつくります。焼き上がりを待って、自分でクッキーにホワイトチョコレートをはさみ、お絵描き用のクッキーのでき上がり!ちなみに原寸大の方はその場で試食できます。サクッとしたクッキーにチョコを挟むと、トロリと溶けてクリーミー!

 

お絵描き用のチョコペンはホワイト(無料)、カラーのチョコペン(1本129円)を追加することができます。時間が経つと固まってしまったり、ポテっとチョコが落ちたり、ラインが細く書けなかったりと意外と難しいのですが、童心にかえって楽しめます。

 

大判の白い恋人の袋にいれ、プレスで封をしてもらい、梱包すれば「私の白い恋人」が完成!世界に一つしかないちょっとスペシャルなおみやげができました。

他にも、焼きあがった状態の約14cmのハート型の白い恋人にお絵描きする「私の白い恋人(お絵描きコース)」(972円/約40分)や生地をのばして型抜きをする「型抜きクッキー」(972円/約70分)、そのほか季節ごとの体験コースもあるので、時間があればぜひ!

お城のような館内と中庭、どこを撮影しても素敵!

 

工場見学コースは、チケットカウンターで受付をしてスタートです。見学時間のめやすは約40分、足元にある猫の足跡にそって自由に見学できます。最初に現れるオーロラの泉は、1870年頃に作られたロイヤルダルトン社製の陶器の噴水。頭上には1700年代のフランス画家が描いた油絵「太陽に昇るオーロラの女神」が。お城の中にいるような、アトラクションの始まりのようなワクワク感をそそります。

 

18世紀頃まで貴族の間で主流の飲み物だったチョコレート。その当時のチョコレートカップコレクションが並んでいるコーナーです。マイセンの「花づくし」カップは当時車一台分の値段だったとか。ほかにも、チョコレートのパッケージの展示や、チョコの香りが漂うチョコレート工場のジオラマなど、チョコ一色の見学ゾーンが続きます。

白い恋人製造ラインでは大量の白い恋人が整列して流れていく様子が見られますが、残念ながら現在はリニューアル工事のため2019年3月末(予定)まで映像放映。新しくなる工場が楽しみです!

 

ローズガーデンはレンガが敷き詰められた英国風。約200種類のバラは6月下旬〜7月上旬がシーズンです。すぐ横の中庭も、チューリップやパンジーなど絶やす事なく花が咲いており、英国風の建物をバックにすればインスタ映え写真に。中庭でもソフトクリームを販売しているので、ここで座っていただくこともできます。

冬にはLED約11万球のイルミネーションが飾られ、冬の札幌を代表するイベントになっています。四季を通して楽しめるチョコワールド。ぜひチョコ好き女子で行ってみてください。

text:下西由紀子(3jags)

●掲載の内容は2018年8月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

明日の朝ごはんにいかが?札幌にある道産小麦のベーカリー4選

明日の朝ごはんにいかが?札幌にある道産小麦のベーカリー4選

おでかけメディア『るるぶ&more.』

コーヒー&ブレッドで軽い朝食…のつもりが、つい買いすぎちゃう。ひみつはこだわりの小麦粉や酵母。札幌ではいま、北海道産小麦を使ったベーカリーが急増中です。とびっきり香ばしい焼きたてをほおばりましょう。

初めての人におすすめ!“これぞ札幌”の超定番スポット巡り

初めての人におすすめ!“これぞ札幌”の超定番スポット巡り

おでかけメディア『るるぶ&more.』

初めて札幌を訪れたなら、まずは鉄板の定番スポットを。市街からちょっと離れたさっぽろ羊ヶ丘展望台では、クラーク博士像と一緒に記念撮影!レンガ造りのレトロなサッポロビール園ではジンギスカンとビール。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載