日本橋エリアで隠れ名品、発見!NEOたい焼き「デボレー」

2019/03/15

日本橋エリアで隠れ名品、発見!NEOたい焼き「デボレー」

今回ご紹介する最新スイーツ「デボレー」は、日本橋にある輸入塗料ショップと併設するカフェ「デボレートウキョー」でしか食べることのできない、知る人ぞ知る隠れ名品。店名を掲げたこちらの焼き菓子は、ナチュラルでおしゃれな新時代のたい焼きといったところ。スイーツ好きは、要チェックです!

るるぶ&more.

るるぶ&more.

輸入塗料ショップに隣接するおしゃれなカフェ

 

絶品デボレーが食べられるカフェ、「DevoPre TOKYO」があるのは、日本橋駅から歩いて7分ほどの裏通り。日本橋エリアらしい、和と洋が融合したおしゃれな佇まいが目を引きます。

 

店内では、アメリカからの輸入塗料であるバターミルクペイントをはじめとしたDIY商品が売られていてびっくり。しかし、「塗料の匂いがするのでは…?」なんて心配することはありません。こちらのバターミルクペイントの主成分は天然で身体にも優しく、匂いも安全性も問題ないんだとか。

なんでも「DevoPre TOKYO」は、この輸入塗料の代理店のコンセプトショップとしてスタートしたんだそう。バターミルクペイント同様、素材にこだわったヘルシーなお菓子を提供しています。

 

ダークネイビーを基調とした、おしゃれで落ち着いたカフェスペース。店内の壁は、販売している塗料を使って仕上げられているのだとか!居心地の良さも人気で、ランチ後のブレイクタイムに利用する方も多いようです。

おいしい、おしゃれ、ヘルシー!NEOたい焼き「デボレー」

 

名物「デボレー」は日本人にとってなじみ深い、たい焼きや大判焼きのように生地と具を挟んで焼いた「DevoPre TOKYO」オリジナルのお菓子。1番人気は、石川県産のさつまいも、五郎島金時を使用した「スイーツポテト」(390円)

 

半分に割ってみると、甘~い香りをふわりと漂わせて、薄い生地の中からホクホクのスイートポテトが登場!アツアツにパクリとかぶりつくと…サクッとした食感の後にコクの強いスイートポテトの甘さ広がって、思わずにんまり。

米粉を使用したグルテンフリーの生地は軽い食感。「スイーツポテト」には、隠し味にヤギミルクを加えることでクセになる濃厚な味わいを出しているのだそう。1個でも満腹感があるけれど、ついついもう1つ食べたくなっちゃうほどのおいしさです。

味も食感もいろいろ!お好みのデボレーを見つけて

 

「スイーツポテト」のほかに3種類の味があります。生地本来の素朴なおいしさを堪能したいなら、ぜひ中身が入らないプレーンな「グルテンフリー」(180円)を。

こちらも生地に米粉を使用しているため、もちっふわっとした食感で、柔らかなマドレーヌのようなイメージ。余計なものは加えず、手作りのバターミルクをたっぷりと使用しているため、シンプルな味わいで優しい甘みが口いっぱいに広がります。

 

ほかの2種類の「デボレー」は小麦粉で作られたサクサク食感を楽しめます。「ミート&チーズ」(390円)はイタリア・ナポリ地方のクロワッサンのような焼き菓子「スフォリアテッラ」の生地を使用したミートパイ。毎日店頭に並ぶとは限らないため、出会えたらラッキー!

「アップル&カスタード」(350円)も「ミート&チーズ」と同様の生地で、フチはパリパリの食感。コクのあるバターミルクカスタードとレモンの酸味が効いた甘酸っぱいりんごのコンポートがたっぷりと詰まった1品です。シナモンの香りが漂って、コーヒーのお供にもぴったりですよ。


輸入塗料ショップの一角でしか買えない隠れ名品「デボレー」。週末と祝日がお休みのため、なかなか足を運ぶのが難しい人も多いかもしれませんが、何としてもまた食べてみてほしい…!そんなおいしさを持っています。スイーツ好きはぜひ、1度は足を運んでみてくださいね!

Text:竹林佑子(エフェクト)

●記載の内容は2018年12月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

パティシエのスイーツと朝摘み紅茶。大人のアフタヌーンティー

パティシエのスイーツと朝摘み紅茶。大人のアフタヌーンティー

おでかけメディア『るるぶ&more.』

有名パティシエの絶品スイーツと、中国産オーガニック紅茶がいただけるカフェ「リールギンザ」。銀座の舌の肥えたカフェ好きをうならせる、隠れ家カフェを訪ね、その美味と上質な空間を体験してきました。

赤羽のハイセンスな小型カフェでこっそりひとり、特別な時間を

赤羽のハイセンスな小型カフェでこっそりひとり、特別な時間を

おでかけメディア『るるぶ&more.』

オーナーの独特なセンスと親しみやすい人柄が店舗全体に表れていることで評判の「anzu to momo」。特徴はなんといっても、かわいいデザートとスタイリッシュなセレクト雑貨、そしてDIYの内装。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES