【ふるほん散歩】本とレコードの汽水域を感じよう/熊本

2019/03/15

【ふるほん散歩】本とレコードの汽水域を感じよう/熊本

今まで触れることのなかったディープな世界との出合いに心躍らせる人、好きな本と同じ時代を生きた音楽を探す人、街中の喧騒を離れ自然のぬくもりを求める人……。古本屋と一言で言えど、日々さまざまな人が訪れる場所。あなたはここでどんな時間を過ごしますか?

シティ情報くまもと

シティ情報くまもと

本とレコードの「汽水域」にある古本屋

「昔は苦手なものもありましたが、色々聴いていくうちにジャンルの垣根みたいなものは溶けてしまい、今は雑食的に何でも聴きますよ。未知のハマる音に触れた瞬間が何より楽しくて…って古本屋の取材なのに単なる音楽オタクの語りになってません? 大丈夫ですか?(笑)」こう話す「古書 汽水社」の店主・佐藤さんは、レコード愛にあふれる人だった。

店の奥、レジ近くにはずらりと並ぶレコードの姿が。店内に隠れた小物たちを探すのも楽しい

古本屋通いは小学生から、そして高校生で覚えたレコードへの想いは尽きることなく、大学時代に入り浸った東京の中古レコード店に卒業後8年半も勤めたそう。その後3年半の古本屋修業を経て熊本へ移住した彼は、2年ほど前から並木坂に店を構えている。彼の深い愛は、もちろん本に対しても。

開放的な高い天井が印象に残る店内は、歩みに合わせて音の鳴る木の床と、同じく木製の棚があたたかい

「本って凄いんですよ。あらゆる物事が本になり得るんです。そしてその1冊1冊にそれぞれの書き手の想いや考えが詰まっている。そんな無数の本の中身を全て知ることは不可能です。でも、だからこそ面白い。知らないことがまだまだあるってワクワクしませんか? 時間をかけて集めたものを手放すのは寂しくもありますけど、今は集めることより知ることがとにかく楽しいんです」。

取り扱いは古本、レコードのほかに、新刊、雑貨も少し。壁掛けの有孔ボードを使ったディスプレイは家でもぜひ真似したい

そう言った彼が東京時代に集めたモノは、引越し時には500箱を超えたとか。そうして集めた本やレコードで作った棚に共感した人から譲られたモノも少しずつ増殖し、「汽水域」の生態系はますます活性化するばかり。仲間になってくれる本やレコードの買取も大歓迎とのこと。

Yahoo!ロコ古書 汽水社
住所
熊本県熊本市中央区城東町5-37

地図を見る

アクセス
藤崎宮前駅[出口]から徒歩約4分
通町筋駅[出口]から徒歩約6分
熊本城・市役所前駅[出口]から徒歩約7分
電話
096-288-0315
営業時間
11:00~21:00(延長営業あり)
定休日
木曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

シティ情報くまもと

シティ情報くまもと

熊本の街好きによる街好きのためのタウンカルチャー情報誌です。扉の外からじっと眺めるだけではわからなかった近所の店や人の心の中にある「街の扉」の向こう側へ思い切って入っていく楽しみをもっとたくさんの人へ伝えたいという思いを胸に毎号お届けしています。

シティ情報くまもと が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES