四拍子そろった浅草「焼肉BEAST」の超希少な但馬太田牛

2019/03/15

四拍子そろった浅草「焼肉BEAST」の超希少な但馬太田牛

週2ペースで都内を中心に焼肉店を探索する「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」が、極上の焼肉店と食べ方を紹介します(「日刊ゲンダイ」の連載「キングの焼き肉新作法」からの転載です)

日刊ゲンダイDIGITAL

日刊ゲンダイDIGITAL

神戸ビーフ生産牧場で知られる「太田牧場」の独自ブランド

外観

関東に週1頭しか入ってこない超希少な「但馬太田牛」を仕入れて、その生肉も提供するのがこちら。但馬太田牛は、兵庫県トップクラスの神戸ビーフ生産牧場で知られる「太田牧場」が、人里離れた小高い山の中でストレスフリーな環境と独自の配合飼料で丹精込めて育て上げた独自ブランドです。肉の味がしっかりしていて、脂質は甘味があって軟らかいのが特徴です。

極上の牛刺し

この日のスターターは「但馬太田牛とろける牛刺し(トモサンカク)」です。台東保健所の厳しい審査をクリアして提供されるもので、とても貴重。脂質と赤身のバランスが絶妙な滋味あふれる甘い味わい。融点が低いので、肉がとろけるのを実感できます。

絶品の肉寿司

生肉が味わえるならと、追加で「但馬太田牛肉寿司」もいただきました。生肉好きには、こりゃ、たまらん。

「5種盛り合わせ」はさっとあぶるだけで…

次は「5種盛り合わせ」です。その日のオススメを5種に盛り込む人気メニュー。この日の内容は、ねぎ巻きサーロイン、上ミスジ、あぶり3秒ロース(ウチモモ)、トウガラシステーキ、厚切りサーロインでした。厚さの違う部位ですが、さっとあぶる程度でいただくと口の中でトロけます。

ミックスホルモンはビールが進む!

続く「ミックスホルモン」はレバー、ハツ、コブクロ、ミノ、シマチョウの取り合わせ。コブクロをのぞき、すべて但馬太田牛です。内臓がおいしいのは健康的に肥育されている証拠。鮮度の高いレバーはザクザク感があり、ハツはエッジが効いていてコリコリ。ホルモンがガソリンとなって、さらにビールと食欲が増します!

神戸牛のハラミ焼きは厚みがある

「神戸牛ハラミ焼き」は厚みがあり、しっかり焼いて食いちぎるように食べるのがおいしい。ねぎ巻きで黒七味をかけていただきます。

ごま風味で国のあるデグタンクッパ

締めは、肉寿司に加えてテグタンクッパを頼みました。ごま風味でコクのあるテグタンにご飯を放り込み、飲むように食べてしまいました。

オーナーがオススメするスダチ冷麺は食べておきたい

ここですでに腹十二分目。でも「これは食べて帰ってください」とオーナーのオススメはスダチ冷麺。但馬太田牛の出汁でとったスープはさわやかで、さっぱりツルシコツルシコでうまい。なんか食欲が増すんですよねー、この店の料理。こっちの食欲がBEAST級になりそうです。

オーナー夫妻の気さくなおもてなしも再訪したくなるポイント。いずれ予約が取れなくなるのは必至です。

今のうちに行こう! (2019年3月6日掲載)※情報は取材時点のものです

Yahoo!ロコ焼肉BEAST
住所
東京都台東区浅草2-19-5 タツノビル1F

地図を見る

アクセス
浅草(TX)駅[A2]から徒歩約4分
田原町(東京都)駅[3]から徒歩約10分
入谷(東京都)駅[1]から徒歩約11分
電話
03-5830-3729
営業時間
月,火,木,金 18:00~25:00 土 17:00~25:00 日 13:00~22:00
定休日
毎週水曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

焼肉探検家/Yakiniku Explorer

焼肉探検家/Yakiniku Explorer

この記事を書いたライター情報

日刊ゲンダイDIGITAL

日刊ゲンダイDIGITAL

株式会社日刊現代が発行する夕刊紙「日刊ゲンダイ」および、公式サイト「日刊ゲンダイDIGITAL」には、旅やグルメ、レジャーなどの“おでかけ情報”が満載。好奇心旺盛な記者や専門家が実際に現地に出向いて取材し、本当にオススメできる選りすぐりのスポットを紹介します。

日刊ゲンダイDIGITAL が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES