福井県は焼き鳥ルールが厳しい!?県民が教える5つの地元ルール

福井県は焼き鳥ルールが厳しい!?県民が教える5つの地元ルール

2019/03/21

福井県はある食べ物の消費量が1位なんです。それが…焼き鳥!福井県の焼き鳥といえば『やきとりの名門 秋吉』。全国展開している人気の焼き鳥屋さんですが、福井県民には、独自の秋吉ルールがあるんです。これを知ればあなたも秋吉マスター!?

Dearふくい

Dearふくい

県民が教える5つの地元ルールとは?焼き鳥『秋吉』を2倍楽しもう!

幸福度1位、社長輩出率1位、人口当たりの寺院数1位…。他にも数々の1位がある福井県ですが、ある食べ物の消費量が1位なんです。
それは…焼き鳥!

そして、福井県の焼き鳥といえばこちら、『やきとりの名門 秋吉』です!

やきとりの名門 秋吉

福井県の焼き鳥といえば…というよりも、福井県といえば「秋吉!」と言われるくらい、秋吉は県民に愛されているソウルフードなんです。

しかし、秋吉は他のお店とちょっと違ったところも…。それに自然に順応したのかはわかりませんが、福井県民には独自の(中には非常に個人的なものもあるかもしれませんが)焼き鳥ルールがあるんです!

これを知らずに福井の秋吉に行くと、福井県民に「ちがーう!」と言われてしまうかも!?

今回は、そんな、福井県民ならではの秋吉ルールを紹介します。これであなたも秋吉マスター!?

福井の秋吉ルール1 「社長」「お嬢さん」の呼びかけに慣れるべし!

やきとりの名門 秋吉

お店に入ると、活気ある店内に圧倒されるはず。そして次の瞬間、店員さんにこう言われます。

「いらっしゃい社長さん!」
「いらっしゃいお嬢さん!」

社長じゃないし…
なんて思わないでください!

秋吉では、来てくれたお客さん全員が社長さんでありお嬢さんなんです。社長さん、お嬢さんになった気分で、ドヤ顔で入店しましょう!

秋吉の公式サイトには、

お客様からいただいたお代が私たちのお給料となり、社長はお客様だという感謝の気持ちを込めて、「社長!」とお声がけをしています。

引用元:http://www.akiyoshi.co.jp/knowledge/12commit.html

とあります!「お客様は神様」…ならぬ「お客様は社長」なんです!

福井の秋吉ルール2 コレだけは頼むべし!

福井県民に、「秋吉で好きな焼き鳥は?」「何がおすすめ?」と聞くと、たいてい返ってくる答えが「純けい」「しろ」「串カツ」です。

歯ごたえがある「純けい」、豚のホルモン(腸)にも関わらず、臭みがなく食べやすい「しろ」。そして、焼き鳥屋さんではあまり頼まないという人もいると思いますが、「串カツ」。

串カツ

県外出身で焼き鳥大好きな私も、焼き鳥屋さんで串カツを頼んだ経験はありませんでした。が、一度頼んだら病みつきになること間違いなしです!騙されたと思って頼んでみてください。

秋吉の公式サイトにも、『ねぎまのこだわり』と並んで『串カツのこだわり』が書かれています。

牛肉とその肉のうま味を引き出す玉ネギを、秋吉特製のパン粉と独自に調合した植物油で揚げています。串カツ専用に作られたタレをたっぷりつけてお召し上がり下さい。

引用元:http://www.akiyoshi.co.jp/knowledge/12commit.html

福井の秋吉ルール3 10本単位で頼むべし!

最小単位は5本!

もっとも福井県民度が試される瞬間が、注文の時。福井県民は「一皿」、「一人前」とは頼みません。

秋吉の焼き鳥は5本単位での注文が基本!福井県民は「串カツ10、しろ10、純けい10!」と頼みます。もっといえば、30や50から頼み始める人も少なくありません。ビビらず思いっきり頼んでみてください!

県外のお店で10本単位で頼むと、「福井県の方ですか?」と聞かれることもあるそう。

ちなみに秋吉の公式サイトには、5本単位で焼くことにも意味があると書かれています。

ひと口サイズのやきとり串は、5本同時に焼くことにより火力が分散されやわらかく焼き上がります。

引用元:http://www.akiyoshi.co.jp/knowledge/12commit.html

福井の秋吉ルール4 まずは適切なタレをつけるべし!

タレが3つも…

さて、いよいよ注文した焼き鳥が運ばれてきました!が、目の前には3種類のタレ。しかし、店員さんは、これはこのタレで、これはカラシで…といちいち説明してはくれません。

そこで、見分ける方法を特別に教えちゃいます!

よく見ると串の形が違う!

この2本の串、丸と四角で形が違いますよね。福井県民は、四角はからし(黄色)、塩味以外の丸串は肉タレ(青)、串カツはカツタレ(赤)という風に見分けているんです。

ただし、これは間違いだ!という福井県民もいて、実際、秋吉の公式サイトには

素材によって丸い串と四角い串、短い串と長い串を使い分けています。

引用元:http://www.akiyoshi.co.jp/knowledge/12commit.html

と書かれています。

また、みの・ピートロには、ネギの入ったみのタレを、テーブルに置いてあるにんにくなんばは肉タレやからしに入れて、より美味しく食べちゃいましょう。

福井の秋吉ルール5 一口で食べるべし!

秋吉の焼き鳥は、お肉1つ1つが小さいのが特徴。だから、一口で全てのお肉を串から抜き取って食べるのが福井県民流なんです。

一つ一つが小さいので一口でいけちゃう!

小さなお口で1つずつ食べたり、間違っても串から外して分ける、なんてことはしないように!

こうやって食べていると、10本なんてあっという間なので、30本、50本単位で頼む気持ちもわかるはず。

とにもかくにも、焼き鳥はみんなで美味しく楽しくワイワイ食べるのが一番。楽しく食べて、福井のソウルフードを好きになってください!

ちなみに、福井県民は秋吉の焼き鳥をお持ち帰りするのも大好き!たまにはお家で焼き鳥パーティーもいいかもしれませんね。

※こちらの記事の内容には福井県民の主観が大いに含まれています。秋吉の公式見解とは異なる部分があるかもしれませんが、福井県民になったつもりで、お近くの秋吉を楽しんでみてください。

以下の記事ではおまけとして、福井県民のおすすめメニューなども紹介しています!

Dearふくい

Dearふくい

福井県の観光・グルメ・イベント等を発信するローカルメディア

東京在住の福井マニアが個人で運営しているローカルメディアです。3年間毎月福井に通いつめ、ついに移住した私が、外から見て魅力的を感じる福井の観光スポット、グルメ、イベント情報などを発信しています。

江戸しおり

江戸しおり

ライター/編集者

この記事を書いたライター情報

Dearふくい

Dearふくい

福井県の観光、グルメ、イベント情報など、福井県を楽しむ全ての方にさまざまな情報を提供しているローカルメディアです。 福井県が好きすぎて福井に移住してしまったフリーライターが、現地に行かなければわからないリアルな情報を発信中!

Dearふくい が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載