[米子市]ネットで話題のパフェ!?「せせらぎレストラン」

[米子市]ネットで話題のパフェ!?「せせらぎレストラン」

2019/03/27

「真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン」は、米子市淀江の「天の真名井」という名水が湧く場所の近くあります。名物はとげとげのいちごパフェ。そのボリュームから、ネットで話題になり、今では行列のできる場所となっています。鳥取のインスタ映えスポットです。

鳥取マガジン

鳥取マガジン

真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン

いちごパフェ

場所は天の真名井という名水が湧く場所の近くです。田んぼの中を目印がありませんが、進む里山の風景の中にあります。駐車場で名水もくめます。

真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン メニューは、名物のいちごパフェ、名水コーヒーの他おそばも食べられます。そば御膳 茶碗蒸し、コーヒー付き、季節の天ぷら山かけそば、ごぼうのかき揚げそば、山かけそば、ざるそば、わりごそば。

お昼におそばを食べて、そのままパフェを注文することもできます。かなりお腹いっぱいになること間違いなしです。

いちごパフェのすごいインパクト!パフェに2時間待ち!?

いちごパフェを作る様子

都会なら、何事も並びますがここ鳥取県で並ぶことはあまりないと感じます。並ぶこと、待つ事に慣れていない鳥取県民。

こちらではいちごパフェを食べるために並ぶこと、なんとこの日は2時間超!平日にも関わらずです。

ですが、手間暇かかってます。まず、「いちごは切り置きできない」のだそうです。

おばちゃんいわく

「お客さんに夜な夜ないちご切ってるんでしょって言われるのよー。でもね、切っておいたら水っぽくなってまずくなっちゃうの。だから作りながら切っていくの。待っててね~。」だそう。

確かに、とっても甘くてみずみずしいおいしさでしたよ。

カウンターでは、おばちゃん独特のフレンドリートークが繰り広げられ、カフェでありながら田舎感がたっぷり味わえます。

店内にはBAFEの文字。てっきりおばちゃんのカフェの事かとおもいきや以前Barをしていたのでバーとカフェを掛け合わせたのだとか。

もはや大山観光の観光スポットに!?

ぎっしりのいちごパフェ

パフェの中もぎっしりです!スーパーに並ぶ1パック分はいちごが入っているそうです。

インスタ映えがすごい、いちごパフェは苺の時期が終わると他の地元のフルーツで作るパフェになります。一度は食べたいとげとげいちごパフェです。見た目もお腹も満足。

もはや大山観光の観光スポットにもなっています。時間には余裕をもって行ってください。

この記事を書いたライター情報

鳥取マガジン

鳥取マガジン

鳥取マガジンは鳥取県・島根県の情報を発信するWEBマガジンです。 「山陰を上機嫌に」をコンセプトに、山陰地方で暮らしている住民がリアルな取材を元にした記事作りをしています。山陰地方のおでかけスポット・グルメからお得情報まで紹介中。

鳥取マガジン が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載