日本一の「立ち湯」と絶景、そして静けさを感じる宿/熊本

2019/03/26

日本一の「立ち湯」と絶景、そして静けさを感じる宿/熊本

ちょっぴり贅沢を味わえる小旅行にもぴったりな温泉・旅館情報をお届け! 癒しの旅へ出かけよう。

シティ情報くまもと

シティ情報くまもと

森の自然に抱かれる、黒川の隠れ宿。

黒川の温泉街中心から少し離れ、道行く観光客の気配がそぞろに落ち着きを見せ始めるあたりに黒川の隠れ宿「こうの湯」はある。
高台に立地するその建家は、四方を南小国の豊かな自然に囲まれ、素朴で贅沢な静寂が訪れる人をくつろぎの旅情をへと誘う。

奥深い自然の静寂が心に安らぎを与える

全室に源泉掛け流しの個室温泉を備える9室の客室は、平屋(和洋室)と、メゾネット(和室)の2タイプがあり、大切な人とより安らぎあるプライベートなひとときを過ごすことができる。どの部屋も高台ならではの眺望が素晴らしく、宿泊者のみ入浴可能な「天の湯」では、そんな黒川の景観と良泉とを合わせて堪能できる絶景風呂として利用者に人気だ。
もちろん、黒川温泉名物「入場手形」で利用可能な大浴場「森の湯」も備える。

メタケイ酸が豊富な湯は美容効果に期待できる
全室に露天か半露天の風呂が備わる

また、外国の観光客にも行き届いたもてなしが実現できるよう、スタッフの多言語対応にも積極的で、英、中、韓の言葉に対応している。

部屋は平屋とメゾネットの2タイプ

そして、「こうの湯」で忘れてはならない「日本一の深さ」と名高い名物の立ち湯。その最大で162センチを誇る深さ、足先から首の下までをすっぽりと包まれる未体験な湯の感覚に、老若男女、自然と顔もほころぶ。
そんな名泉をしっとり堪能した後は、熊本の華麗な食事に舌鼓。黒毛和牛「和王」のしゃぶしゃぶやステーキ、モダンな創作料理の品々が風情ある黒川の夜を演出。そして、ふけゆく自然の静寂に身も心も時を忘れて、ただくつろぐ。

料理長が腕を振るう創作料理の品々。中でも熊本県産の黒毛和牛ブランド「和王」のステーキは絶品(写真は一例)

この記事を書いたライター情報

シティ情報くまもと

シティ情報くまもと

熊本の街好きによる街好きのためのタウンカルチャー情報誌です。扉の外からじっと眺めるだけではわからなかった近所の店や人の心の中にある「街の扉」の向こう側へ思い切って入っていく楽しみをもっとたくさんの人へ伝えたいという思いを胸に毎号お届けしています。

シティ情報くまもと が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES