吉本坂46・トット多田の空腹を満たす大阪・アメ村の激安居酒屋

特集

吉本坂46「RED」の泣かせメシ!

2019/03/26

吉本坂46・トット多田の空腹を満たす大阪・アメ村の激安居酒屋

2018年にシングル「泣かせてくれよ」でデビューした吉本坂46メンバーが、ウルッ(!?)ときた思い出の「泣かせメシ」をご紹介。駆け出しの頃の多田がバイトの前に、いつも無料で食べさせてもらっていたイカ焼き。ただこの料理、今回紹介する大阪・アメリカ村の激安居酒屋のメニューではなく…。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

人情味あふれるご夫婦が切り盛りする居酒屋「アメ村社員食堂」

漫才ではツッコミ担当だが、普段はかなりの天然ボケぶりを見せるという多田智佑
多田智佑(トット)

多田智佑(トット)

お笑い芸人

イカ焼き店から始まった、イカ焼きのない激安居酒屋

これが大阪の庶民のおやつ「イカ焼き」(350円)。小麦粉と卵とイカをプレスして焼く。他府県の人が想像する“イカの姿焼き”とはまったく異なる食べ物だ

12年前、大阪の食文化を広く伝えたいとの思いから、大阪の庶民のおやつとして親しまれているイカ焼きの専門店「ザ・イカが」を開いた店主の吉川隆信さん。こだわりの卵を使ったイカ焼きは、アメリカ村で遊ぶ人たちの間ですぐに評判となり、多くの人が集まる人気スポットになった

まだ駆け出しで、アルバイトをしながら生活をしていた多田と、吉川さんが知り合ったのは、オープンから2年ほどたった頃。「アメリカ村でイカ焼き店をやっている」と伝えると、多田はすぐ店に顔を出してくれたという。以来、多田は夜のバイトに行く前にちょくちょく店を訪れ、イカ焼きを夕食代わりに食べるようになった。

倉庫を改装した店。テーブル席は全部で45席ある

その後吉川さんは、もっと人が集まれる場所を作りたいと、8年前、「ザ・イカが」からほど近い場所に居酒屋をオープン。それが今回紹介する「アメ村社員食堂」だ。イカ焼き店を人に任せ、アメ村社員食堂へと移った吉川さんを追うように、多田もこの店の常連客になったとか。

ただ、「アメ村社員食堂」のメニューにイカ焼きはなく、一般的な居酒屋料理が中心。にもかかわらず、多田がイカ焼きを注文するため、その度にスタッフが「ザ・イカが」まで買いに行き、提供していたという。

看板犬のJJ(左)とPP(右)。客がいないときは店主に甘えるが、いるときは専用ハウスの中でおとなしくしている賢いワンちゃんたちだ
厨房担当の店主・吉川隆信さんと、主にフロアを担当している妻の佳代さん

\お店の人に聞きました/

吉川隆信さん
吉川隆信さん
「10年ほど前、行きつけの寿司店で、えらくイケメンの団体が食事をしているのを見かけ、どこかで見たことがある人がいるなぁと思い、失礼ながら声をかけさせていただきました。それが多田さんでした。その頃の多田さんは本当にお金がなかったようで、応援する気持ちも込めて、来店されたときにはいつもイカ焼きを振る舞っていました。もちろんお代はなしで(笑)。店を移ってからもイカ焼きを注文されるので、今ではこの店の常連客専用の裏メニューみたいになってしまいました。一般メニューではないので、食べたい方はイカ焼き店“ザ・イカが ”で購入してから、このお店にいらしてください。イカ焼きの持ち込みはOKです」
お笑い芸人だけでなく、漫画家、ミュージシャン、アスリートなど、この店を訪れる有名人はさまざま

\トット多田的お店の魅力/

多田智佑(トット)
多田智佑(トット)
「僕のお気に入りの店は、アメリカ村にある『アメリカ社員食堂(アメ村社員食堂)』です。イカ焼き専門の店ですが、ほかのメニューもすごくおいしいです。10年ほど前から通っていますが、お金がないときに行っても『お金はいいからとにかく食べろ!』と、言ってもらえる、本当に人情味あふれた、いいお店ですよ」

多田の紹介コメントを聞いた吉川さんは「8年も通って、この店をイカ焼き専門店だと思っていたなんて…。店の名前も微妙に間違っているし。そんな天然なところがあるのも、多田さんの魅力の一つなんですけどね」と、笑って話してくれた。

食材は現地から取り寄せ! ご当地メニューを低価格で提供する

1人前から注文できる「牛鉄」(1人前1814円)※写真は2人前。タマネギとモヤシの上に黒毛和牛の切り落としがたっぷり。肉は1人前150g

この店のメニューは、酒飲みを自称する吉川さんが、自分が食べておいしいと思った料理が中心。沖縄からは「海ぶどう」(626円)や「島らっきょ」(518円)、熊本からは「特選! 馬刺の三種盛り」(1058円)など、気に入った料理は現地から食材を直接取り寄せて、採算ギリギリの価格で提供している。

途中で特製の割り下を加え、グツグツと煮込む。肉に少し赤味が残っているくらいが食べ頃
肉につけるのは “こだわり家族のこだわり卵”というプレミアム卵。黄身の色が濃くて、味も濃厚

お得なセットメニューも用意されていて、「せんべろセット」(1080円)はマグロの刺身、つぶ貝のワサビ漬け、枝豆にビールが付いて、単品で注文するより620円も安くなる。これに2時間(90分でオーダーストップ)飲み放題がついた「にせんべろセット」(2160円)など充実。

名物の「塩手羽」(1本108円)の注文は3本から。カリカリの皮とジューシーな肉に、絶妙な塩加減でクセになるおいしさ
この店が発祥の地といわれているガリ入りのチューハイ「ガリチュー」(410円)。吉川さんが寿司店で食べたガリの味を気に入り、寿司店のご主人に「チューハイに入れてくれ」と頼んだことから生まれたメニューだ
難波に近いアメリカ村の南エリアにある店。黄色い提灯とメニューのPOPがひと際目を引く
吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

2018年12月26日発売

秋元康プロデュース!乃木坂46・欅坂46に続く、坂道シリーズ第3弾。吉本坂46のデビューシングル「泣かせてくれよ」が絶賛発売中!

取材メモ/味、値段、店主の人柄と3拍子そろったこの店に魅せられて、仕事で大阪に来る度に訪れる有名人もいるそう。この店が発祥といわれているガリチューにハマった人も多いらしく、吉川さんは「この店で初めて飲んだ某有名ロックバンドのボーカルが、その後の大阪のライブで『ガリチューサイコー!』とシャウトしてくれたこともあるんですよ」と話してくれました。

構成=シーアール 取材・文=岡村茂樹(ブロックタック) 撮影=相沢直人 動画編集=culture

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES