ピリ辛がヤミツキ!新潟で愛される「マーボー麺」8選

2019/04/02

ピリ辛がヤミツキ!新潟で愛される「マーボー麺」8選

やっぱり、あの店のあの味が食べたい! ということ、結構ありませんか? いくら食べても飽きることがない、あの一杯…。今回は、地元で愛されている食堂や中華料理店のマーボー麺8杯をピックアップしました。クセになる辛さ、ついついリピートしてしまう8杯です。

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

マーボー×背脂で、食べ応えもバッチリ

聖龍(セイリュウ)/新潟市

マーボーメン700円

有名店で働いた経験を持つご主人が作る、一日寝かせた手打ち太麺背脂の甘みが広がるスープが特徴。
ピリッと効いたマーボー豆腐の辛みが後を引く「マーボーメン」にも背脂が入っていて満足度が高い。

お店の外観

ちょい辛マーボーあんが極細麺と見事に融合

きなせ亭/五泉市

マーボーメン700円

極細麺前夜から仕込むあっさりスープが評判。
やさしい辛さ「マーボーメン」は、極細縮れ麺があんによく絡む昔ながらのスタイル。豆腐を一度下ゆでしてから使うことで、しっかりと食感をキープ

お店の内観

もちもち食感がクセになる、さといも麺が主役!

日の出食堂/五泉市

マーボーラーメン750円

五泉市のサトイモ「帛乙女(きぬおとめ)」を練り込んだ「さといも麺」名物で、ラーメンやパスタなど豊富なメニューで提供。
もちろん、「マーボーラーメン」にもさといも麺を使用。もちもち麺とマーボーのコンビが絶妙。

お店の外観

大きめ豆腐がどっさり!観光客にも評判の一杯

桃園楼(トウエンロウ)/阿賀町

マーボーメン650円

大きめの豆腐とひき肉を贅沢に入れた程よい辛さのマーボーあんは硬すぎず、細ストレート麺と絡めて一気にすすれる。この味を求めて平日は多くの常連客週末観光客らでにぎわっている。

お店の外観

コクのあるスープは隠し味のみそが決め手

いさみや食堂/長岡市

マーボーメン750円

ご主人が修業した中華料理店の味と、奥様の実家であるそば屋の味を併せ持つ食堂。
「マーボーメン」は、5日間かけてじっくりと煮込んだスープに、自家製みそを加えたマーボーあんが主役。

お店の外観

無性に食べたくなる、ピリ辛愛されラーメン

大河原食堂(オオガワラショクドウ)/魚沼市

麻婆ラーメン850円

よく炒めた挽き肉の香ばしさと、トウバンジャンのピリ辛が後引く「麻婆ラーメン」あっさりとした味わいは地元で40年以上愛されていて、男女問わずオーダー率が高い。ボリュームも文句なし。

お店の外観

特製のスパイスが効いた絶品マーボーあん

まさもと/十日町市

マーボーメン670円

ご夫婦で営む中華食堂
「マーボーメン」は、なめらかな絹ごし豆腐手もみ麺を使用し、複数のスパイスをブレンドして作る「ラージャン」が味の要。ピリッとした辛さがクセになる看板メニューだ。

お店の外観

老舗のマーボー麺は、シイタケエキスが満載!

盛来軒 駅前本店/柏崎市

マーボーメン780円

自家製の味を守り続けている老舗
コクのあるとんこつスープに、シイタケショウガの風味を利かせた具だくさんのマーボーあんがたっぷりのった「マーボーメン」は、どこか懐かしい味平打ち麺ともよく合う。

お店の外観

8杯のマーボー麺いかがでしたか?
一口に「マーボー麺」といっても、見た目も辛さもけっこう違いますよね。
豆腐のやさしい甘みと、トウガラシなどのピリリとした辛み…。
食べ歩いて、自分好みのマーボー麺を探してみてはいかがでしょう。

お近くにお越しの際には、新潟で愛される「マーボー麺」、ぜひ味わってみてください。

※掲載の情報は取材当時のものです。

KomachiWeb

KomachiWeb

新潟県のグルメ、イベント、観光、ニューオープン情報などを発信&検索できるWEBサイト。新潟で今すぐ楽しめる、使えるフレッシュな地元ネタをお届けしています。

この記事を書いたライター情報

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

創刊25周年を迎えた新潟県のタウンマガジン。「グルメ」「おでかけ」「イベント」「ライフスタイル」など、新潟女性の毎日をもっと楽しくする、お役立ち情報をお届けしています。

月刊新潟Komachi が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES