クラフトビールの美味しい店〜紅茶とクラフトビールの競演/熊本

2019/03/25

クラフトビールの美味しい店〜紅茶とクラフトビールの競演/熊本

近年じわじわとファンを増やしているクラフトビール。各国の個性が味わえるものや、日本でも地元の特長が表れているものなど、地球上に存在するクラフトビールは数知れず。そんなクラフトビールを思う存分堪能できる、熊本が誇るこだわりの名店をご紹介します。

シティ情報くまもと

シティ情報くまもと

紅茶とクラフトビールが織りなす、革命的な美味しさ「その、一杯の。」

並木坂に2018年3月にオープンした、紅茶とビールの専門店「その、一杯の。」。
オーナー・岡部さんご夫婦が経営している同店は、元は別のお店だった紅茶専門店「サロン・ド・ワーズワース」と、麦酒専門店「岡部麦酒工場」という二つのお店が一つになったもの。店内には、奥様セレクトの100種類以上もの紅茶やハーブ、ビールに精通した岡部雅也さんセレクトの国内外のクラフトビールが50種類以上も揃う。

目の前でタップから注いでくれるクラフトビールはまさに極上品

また、「岡部さんのビールの注ぎ方は日本一!」と称える声も上がるほど、クラフトビール愛好家たちからの信頼も厚い。ビールの種類によっても注ぎ方が変わり、注ぎ方次第で味もまったく違うものになるという。実践もしてくれるので、気になる方は相談してみよう。

パッションフルーツの香る紅茶と、パッションフルーツジュースを使った「PASSION FRUIT KICKER」。タンニンの渋みとフレッシュな味が絶妙な味わい(写真は一例)

「『その、一杯の。』はお互いの専門であるクラフトビールと紅茶が、うまいこと合わさっている。ビールだけでなく、紅茶にまつわる知識も得られる」と評価も高い。アルコール類は、定番のカクテルはもちろん、ティースパークリングや紅茶のカクテルといった多彩なメニューを愉しめる。ティースパークリングで乾杯した後はクラフトビールを堪能し、紅茶で締める…といったなんとも優雅な飲み会ができるのは、おそらく「その、一杯の。」だけだろう。

バターの香りが食欲をそそるパイ生地が特長の、具だくさんのミートパイ。アップルパイと同じく、ランチはもちろん、バータイムにも提供される
お手製の紅茶シロップで煮詰めたリンゴを使った、紅茶専門店ならではの味。甘さ控えめでお酒との相性も◎。アップルパイが苦手なスタッフも、これだけは大好きなんだとか

「クラフトビールを飲んだことがない人も、気軽にチャレンジしてほしい。苦手な味を把握することも、ビールを愉しむ上で大事なんです」と教えてくれた岡部さん。
同店には他にも、絶品アップルパイとミートパイもあるので、ぜひビールと併せて革命的な味を堪能してほしい。

この記事を書いたライター情報

シティ情報くまもと

シティ情報くまもと

熊本の街好きによる街好きのためのタウンカルチャー情報誌です。扉の外からじっと眺めるだけではわからなかった近所の店や人の心の中にある「街の扉」の向こう側へ思い切って入っていく楽しみをもっとたくさんの人へ伝えたいという思いを胸に毎号お届けしています。

シティ情報くまもと が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES