カレー新世界〜ワインの複雑な味わいに合う絶品カレー〜/熊本

カレー新世界〜ワインの複雑な味わいに合う絶品カレー〜/熊本

2019/03/28

使うスパイスの種類や量によって味わいがまったく違うものになるし、同じスパイスを使っていても作る人や素材によって風味が変わる。ディープな民族カレーからイノベーティブなカレーまで、それぞれが個性を持つスパイスカレーの新世界。その“香り”という圧倒的な魅力を存分に味わってみましょう。

シティ情報くまもと

シティ情報くまもと

「走る豚とホエーのカレー」と「金峰山の猪カレー」のあいがけ

ランチ時のみ提供されるカレーランチのメニューは食材の仕入れによって変わるそうだがだいたい2種類、それがあいがけで楽しめるというのだからオーダーしないわけにはいかない。

一つは「菊池の走る豚とホエーのカレー」。菊池のピッツェリア『イルフォルノドーノ』で作られるモッツァレラチーズから出るホエーを使用したカレーは、ホエーの出汁と心地よい酸味がスパイスに加わり、奥深い味わいに。

コクとスパイスや素材の風味をしっかり感じながらも、あっさりと食べられる「菊池の走る豚とホエーのカレー」と濃厚な旨みが凝縮した「金峰山の猪カレー」

「金峰山の猪カレー」は、主役の猪の肉から出る出汁をトマトベースのソースでまとめた濃厚で滋味に富んだ逸品だ。小麦粉は一切使用せず、肉、野菜、油、スパイスで前日にベースを作り一晩寝かせることでしっかりと旨みを凝縮させている。

唐辛子の辛みがないため、子どもでも食べられる

どちらも唐辛子を全く使っていないため、ピリッとくる辛さは全くない優しい口当たり。なぜならここはワイン食堂、ワインの持つ複雑な味わいを感じにくくさせないために刺激を少なくしているのだとか。

オーナーが厳選するナチュラルワインを飲みながら美味しいカレーを堪能して

そのことにより純粋に食材が持つ旨みとスパイス感のみを堪能できる。どうしても辛さが欲しい時には別に用意されているスパイスを足してみるのもアリ! しかしながら定休日が日曜日に変更になったため、カレーランチの曜日は未定。平日に曜日を変えて再開する予定だそうなので、SNSを要チェックだ。

この記事を書いたライター情報

シティ情報くまもと

シティ情報くまもと

熊本の街好きによる街好きのためのタウンカルチャー情報誌です。扉の外からじっと眺めるだけではわからなかった近所の店や人の心の中にある「街の扉」の向こう側へ思い切って入っていく楽しみをもっとたくさんの人へ伝えたいという思いを胸に毎号お届けしています。

シティ情報くまもと が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載