奇岩連なる絶景の城ケ島へ、猫に会いに行こう!

奇岩連なる絶景の城ケ島へ、猫に会いに行こう!

2019/04/03

東京から車や電車で約2時間、神奈川県の三浦半島の先端、三崎港の対岸に位置する「城ケ島」の風景をご紹介します。

JAPAN WEB MAGAZINE

JAPAN WEB MAGAZINE

北原白秋も愛した島「城ケ島」へ

東京から車や電車で約2時間、神奈川県の三浦半島の先端「三崎港」の対岸に位置する島が、歌人・北原白秋も愛したことで知られる城ヶ島。

東西幅約1.8キロメートル、南北幅約0.6キロメートル、周囲長約4キロメートル、面積0.99平方キロメートルの島で、神奈川県下では最大の自然島です。

城ケ島

古くは源頼朝も訪れ、その景観をめでたという風光明媚な景勝地で、島内には「遊ヶ崎」、「水っ垂れ(水辺の岩に湧く清水)」「酔女ヶ浜」など、頼朝由来といわれる地名が残っています。


1960年に城ヶ島大橋が開通するまでは、渡船で渡るしか交通手段はありませんでしたが、橋が開通後は、車で簡単に遊びに行かれる自然豊かな島として知られるようになりました。

城ケ島の風景

現在は釣りや磯遊びが出来る島としてもっぱら有名ですが、一方でこの島は海岸段丘の発達した荒々しい景観を見る事の出来る島でもあります。特に南西部の隆起海食台は迫力。

古くから景勝地として知られている上、交通も便利なので「秘境」ではありませんが、そこらでは中々見られない迫力ある岩の風景を見る事が出来ます。さらには最近ではこの城ケ島、ネコに会える「猫島」としても知られるようになってきているのです!

というわけで、荒々しい景観を持つ島、(運が良ければ)沢山のネコさんに出会える「城ケ島」に行ってみましょう!

城ケ島へのアクセス

城ケ島の風景

城ケ島へは、車なら、三浦縦貫道路の林出口を出て、国道134号線~県道26号線、城ヶ島大橋を経由し約20分ほどで着きます。

公共交通機関の場合は、京急久里浜線の三崎口駅から京急バス城ヶ島行きの乗車して約30分ほどで到着。

駐車場について歩きはじめると、早速ネコが一匹出迎えてくれました。

最初は興味なさそうに「あくび」
なんとなく後をついてきて、時々案内するかのように何歩か先を歩いては
おもむろに砂地の道でくつろぎます
こっちだにゃ
あっちだにゃ
もう飽きたにゃ。ばいばい

というわけで、ここまでしか案内してくれませんでしたが、バイバイして先に進みましょう。ちなみに、この日は時間帯のせいか数匹にしか会えませんでしたが、いつもは島のあちこちでネコを見かけるそうです。運が良ければ「富士山とネコさん」や、「灯台とネコはどうだい?」なーんて画にも出会えるかも?!

城ケ島の風景

荒々しい海岸が続きます。正直ココまですごいと思っていなかったので、驚きました。地球の、自然の力のすごさ。

城ケ島の風景
城ケ島の風景
城ケ島の風景
城ケ島の風景
城ケ島の風景
城ケ島の風景

「きれい」「美しい」という場所も勿論ありましたが、どちらかといえば、「おおっ」「すごい!」という感じの連続とでもいいましょうか。ひたすら「自然の迫力」に圧倒された時間でした。(もちろんネコの可愛さにも!)

「絶景」と「猫」に加え、城ケ島は地魚の刺身や丼など、地元の食べ物も魅力的なものが揃っています。皆さんもよければ足を運んでみて下さいね。

城ケ島メモ その1

城ケ島は今も普通に一般の人が暮らしている島で、島の北側には住宅街や学校、水産センターや水産加工会社の冷蔵庫、冷凍工場などが軒を連ね、西側にはみやげ物店などがあります。

城ケ島の風景

そして外海に面した南側には荒々しい景観の岩礁地帯が広がっています。地質学的にも貴重な露頭が見られ、学生や研究者も訪れるとか。


島内には白秋記念館、観光船乗り場のほか、城ヶ島京急ホテル、城ヶ島灯台、安房崎灯台やウミウが観察できるウミウ展望台もあります。釣りや磯遊びのほか、バーベキューなども手軽にできるので家族連れにもおすすめです。

城ケ島の風景

城ヶ島(じょうがしま) DATA

場所: 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島
交通(公共交通機関で): 京急久里浜線三崎口駅から京急バス城ヶ島行きで30分、終点下車すぐ
交通(車で): 三浦縦貫道路林出口から10km。国道134号線、県道26号線、城ヶ島大橋経由、20分。
駐車場: あり(有料)
期間: 通年
問い合わせ: 046-882-1111(三浦市商工観光課)・046-888-0588(三浦市観光協会)

城ケ島の風景
城ケ島灯台

城ケ島メモ その2

毎年元旦には、日の出を見ようと島には沢山の人が訪れます。京急バスは三崎口駅から「城ヶ島」行きの直行バスを増発、城ヶ島灯台入口商店街入口駐車場では「わかめの味噌汁」が無料で配布されます。この温かい「わかめの味噌汁」の無料サービスは、20年以上も続けられている伝統行事で、城ヶ島で日の出を見、そしてこの味噌汁を飲まないと正月を迎えた気がしないと言われるほどの人気だそう。

神奈川の魅力溢れるおでかけスポット

神奈川の魅力溢れるおでかけスポット

神奈川の美味しいもの 神奈川の美しい所

神奈川の風景 神奈川の食べ物 神奈川の景勝地 神社仏閣

この記事を書いたライター情報

JAPAN WEB MAGAZINE

JAPAN WEB MAGAZINE

日本の魅力再発見! 日本を感じる・知る・見る・食べる JAPAN WEB MAGAZINEが、美しい日本、美味しい日本をあなたへお届けします。

JAPAN WEB MAGAZINE が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載