讃岐の森のマイナスイオンと木のぬくもりを感じるカフェ

2019/03/30

讃岐の森のマイナスイオンと木のぬくもりを感じるカフェ

香川県丸亀市の郊外に、木材会社さんが木と暮らすライフスタイルを提唱するコンセプトショップ「キトクラスカフェ」があります。今回は、まるで森林浴のような雰囲気の中で食すイチオシメニュー、キーマカレーを紹介します。

ガーカガワ

ガーカガワ

木と暮らすライフスタイルを提唱する「キトクラスカフェ」

キトクラスカフェ外観

香川県丸亀市の郊外、NEWレオマワールドからほど近い森に囲まれた立地にあるキトクラスカフェ(KITOKURAS cafe)
木材会社さんが「木と暮らす」ライフスタイルを提唱するコンセプトショップの中にあるカフェです。

敷地内には、木で作られた遊具や図書室、そして木製品を中心とした雑貨屋さんなどがあり、今、香川で話題のお店なのです。

木で作られた遊具
小さな図書室もあります

「木と暮らす」から「キトクラスカフェ」なのかと納得しながら店内に入ると、そこはまさに木と暮らす空間!
山から切り出し加工した、自然のままの「木」をこれでもかというくらい随所に使われています。

というより、木に包まれていると言った方が適切な表現かもしれません。

カフェの入り口
まるで木に包まれたような店内

大きな窓からは木立が見え、まるで森林浴にでも行ったかのようなマイナスイオンを感じます。

こんな景色を見ながらランチなんて、とっても贅沢!
何を食べても美味しいだろうと思いながらも、いざメニューを目の前にすると迷ってしまいます。

ランチメニューは11:30~13:30

ふと見ると、「素材もレシピも一から見直して、当社の木材同様、まじりっけのない、無垢のカレーとも言えるひとしなができました。」の文字が…
これは試さない手はないだろうと、キーマカレーをさっそくお願いしました。

無垢のカレーに、マイナスイオンというスパイス

ランチボックスに入ったキーマカレー(1,000円・税込み)

いつもは木製の食器で提供されるキーマカレーですが、この日は「PICNIC DAY」との事で、テイクアウトも可能なランチボックスで提供されました。
カフェ店内だけでなく、森に囲まれた敷地内のお好きな場所でいただける、とってもワクワクする企画です。
この日はあいにくの雨模様でしたので店内でいただきましたが、これからの季節は外で食べると美味しさも倍増しそうですよね。

ふたを開けると、とたんにお腹のスイッチが入ってしまう、美味しそうな香りがたまらない!

ランチボックスの中には色鮮やかなキーマカレー

普通にごはんと一緒に食べるもよし、お店おすすめの食べ方に従っていろんな味を楽しむもよし。

キーマカレーの美味しい食べ方!

まず、ひと口食べてみると、これが意外と見た目ほど辛くない。
それでいて、しっかりカレー特有のスパイシーな風味は残されています。そして、お店のおすすめに従って、付け合わせの野菜と一緒に食べてみると…

なんだか、素材感がいい!

キーマカレーってミンチがゴロゴロしているイメージだったのですが、なるほど生野菜と食べるとあっさりシャキシャキで、それでいてカレーのコクが加わって、これならいくらでも食べられそうです。

いろんな食べ方が楽しめます

眼前の樹々からのマイナスイオンというスパイスも効いて、とっても美味しくいただきました。

郊外の静かな場所にあり、まるで森林浴に来たかのように楽しめるキトクラスカフェさん。
カップルならしっとりできますし、お子様連れでも遊具や絵本などでしっかり楽しめ、あるいはマダムたちには木の雑貨屋さんを覗いてみるのもいいかもしれません。

いろんな人達が思い思いに過ごせて、そして木と暮らしてみたくなる素敵なカフェでした。

ガーカガワ

ガーカガワ

香川県のあれこれをクスッ笑いを交えながら紹介する地域情報webマガジン。ランチ情報も盛りだくさんですよ!

この記事を書いたライター情報

ガーカガワ

ガーカガワ

香川県の「ヒト」「モノ」「コト」を中心に、クスッ笑いを交えながら紹介する地域情報webマガジンです。

ガーカガワ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES