110種類のメニューが楽しめる、いちご好きの聖地♪

110種類のメニューが楽しめる、いちご好きの聖地♪

2019/03/30

伊豆半島の中心部・道の駅「伊豆のへそ」内にオープンしたのは、いちごをテーマにした専門店「伊豆いちごファクトリー」。こちらのお店では、ボンボンパフェなどフォトジェニックなスイーツから、いちごドレッシングなどの変わり種まで、様々ないちごメニューに出会えます。

ことりっぷ

ことりっぷ

いちごに浸れる幸せな空間

思わず写真を撮りたくなるオシャレな店内

2018年11月、伊豆の農産物直売所・ホテル・バイキングレストランが勢揃いした道の駅「伊豆のへそ」内に、いちご専門店「伊豆いちごファクトリー」がオープン。店内は、白やパステルカラーを基調にした柔らかな雰囲気。壁にはお花や猫のイラストも描かれ、かわいい空間が広がっています。

フロアは大き分けて、カフェ・テイクアウト・売店の3つ。和洋菓子から調味料まで約110品目ものいちごアイテムが並び、眺めているだけでもワクワクしてきます。

いちごについて学べる手書きPOPも点在

こちらで使われるいちごは、章姫・紅ほっぺ・きらぴかなど。静岡県産を中心に、その時期一番おいしいいちごを全国から取り寄せています。

イチゴを15個も使った美しいグラスパフェ

「ボンボンパフェ」(1600円)

店内の「ボンボンベリーカフェ」では、いちご専門店だからこそ提供できる、本当においしくてかわいいメニューを楽しむことができます。数あるいちごスイーツの中で人気ナンバーワンは「ボンボンパフェ」。

途中から特製ベリーソースをかけることで、ほどよい酸味がアップ

こちらは、パフェ1個に対して、生いちごを15個も使っている贅沢なメニュー。食べごたえ十分のいちごと、甘さ控えめな生クリームのバランスが絶妙で、ボリューム満点ながら最後までおいしく食べられますよ。

いちごそっくりのスイーツにくぎづけ!

「ババロアいちご」(454円)

そして、大きないちごをリアルに再現した「ババロアいちご」にも注目です。中に入っているのは、生いちご丸ごと1個。それを、いちごのババロアとプルプルのいちごゼリーで包み込んでいます。いちごのつぶつぶを立体的に付けたり、いちごのヘタを付けたり。その場の会話が弾みそうな、遊び心とこだわりがいっぱいです。

どれを食べようか迷ったら、日替わりのいちごスイーツ6種類がワンプレートで楽しめる「ボンボンスイーツプレート」を。一度でそれぞれのおいしさを味わえるのが嬉しいですね。

「ボンボンスイーツプレート」(1650円)

お土産にも喜ばれる、とっておきのいちごアイテム

「Like you バームクーヘン」(1296円)

また、お土産コーナーでは「Like you バームクーヘン」が大人気。こちらは、いちご・練乳・いちごの3層のふわふわ生地に、ちょっぴり甘酸っぱいいちごチョコレートでコーティング。それぞれ違う味わいと食感を楽しめる、見た目もかわいい一品です。

他ではお目にかかれない調味料やおしゃれなおつまみも

さらに、いちごドレッシンクやいちごバター、いちごのお酢など、普段お目にかかれない調味料も販売中。いつものお料理に少し加えれば、味に変化がつきますよ。 他にも、いちごと組み合わせることで美味しさが引き立つ生ハムやチーズ、はちみつなども置かれています。パーティや気分を盛り上げたいときにぴったりですね。

テイクアウトで人気のソフトクリーム

1日1000個売れることもある「ボンボンベリーソフト苺あり」(500円)

見た目がモンブランそっくりの「ボンボンベリーソフト」は、冬でも大人気のメニュー。静岡県産いちごのピューレを牛乳に練り込み、しっかりといちごの風味を出しています。珍しさと可愛らしさで溢れたスイーツですよね。

「伊豆いちごファクトリー」は、いちご好きにとっては夢のような空間。珍しい商品も多く、伊豆のお土産にも最適です。カフェのメニューもテイクアウトも、夕方には売り切れてしまうことも多いので、早めの時間帯に足を運んでくださいね。

ことりっぷWEB

ことりっぷWEB

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジン。週末のおでかけをもっと身近に。ガイドブックに掲載していない最新情報はコチラから。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載