【大阪うどん】大阪最古のうどん店名物「ささめうどん」って?

特集

先週の人気記事 TOP10 (4/1~4/7)

2019/04/02

【大阪うどん】大阪最古のうどん店名物「ささめうどん」って?

行列のできる大阪最古のうどんやで人気名物「ささめうどん」を実食レポ。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

貫禄と趣き溢れる老舗うどん店は行列必死

外観

創業はなんと江戸末期。大阪最古と言われるうどん屋さん「吾妻」へ行ってきました。

店内①

お店の中は趣ある雰囲気。新撰組の「池田屋騒動」の時代から150年も続く老舗です。

店内②

お店の壁一面に色紙が。たくさんのお客さんに愛されてきたお店だとわかります。筆者が訪れたこの日も、もちろん行列。席に案内されるまで30分ほど待ちました。

大阪のうどんはやっぱりうまい!

きつねうどん

こちらはきつねうどん。おあげがふっくら、驚きのじゅわふわ食感でした。出汁もやさしくて心身にしみわたります。お店のホームページを見ると、大阪のうどん屋が出汁に個性を出そうとこだわるのは、昔から天下の台所としてさまざまな食材が手に入る場所であったことも理由だとされていました。

親子丼

こちらはボリュームたっぷりな親子丼。

天丼

天丼はいさぎよく海老二本のみ!

おむすび

おむすびにも手作りのあたたかさを感じます。

ささめうどん

そしてこちらが真打ち、ささめうどん。とろみのある出汁あんと細麺が繊細な味わいです。寒い日は特に体が温まってよいかも。一番人気だというこちらのメニューは、谷崎潤一郎氏の妻松子さんが召し上がられたときにつけられたものだそう。谷崎潤一郎氏の名作「細雪(ささめゆき)」からいただいた名前だということです。

トッピングはかまぼこ、三つ葉、塩昆布、生姜、すりゴマ。添えられた柚子皮の香りがいいですね。細く刻まれたこちらのおあげもとってもおいしかった。ごちそうさまでした!

山口彩 Aya Yamaguchi

山口彩 Aya Yamaguchi

編集長

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES