ひんやり流しそうめんが食べられる滝と渓谷~東日本5選~

2016/08/06

ひんやり流しそうめんが食べられる滝と渓谷~東日本5選~

東日本で流しそうめんが食べられる滝と渓谷5つを厳選してご紹介。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

冷たくて美味しい流しそうめんを召し上がれ!

埼玉の観光地・長瀞渓谷(ながとろけいこく)や、日本の滝100選にも選ばれた阿弥陀ヶ滝(あみだがたき)には、大自然の中で流しそうめんを食べられるスポットがある。今回は東日本の滝や渓谷を紹介しつつ、流しそうめんが食べられる注目スポットをチェック!


1.月待の滝(茨城)

月待の滝。別名、裏見の滝またはくぐり滝とも呼ばれる

月待の滝のココが見どころ

月待の滝(つきまちのたき)は、久慈川の支流大生瀬川が作り出す、高さ17メートル、幅12メートルの三筋に流れ落ちる滝。普段は二筋の夫婦滝だが、水量が増えると子滝が現れて親子滝になる。

この珍しい形状のためか、古くから安産、子育て、開運を祈る二十三夜講(二十三夜の月の出を待って女性と子どもが集う)の場とされた。このことから月待の滝と呼ばれ、胎内観音がまつられている。

また、水にぬれることなく滝の裏側に入ることができるため、マイナスイオンを浴びる人々でにぎわう。

特許を取得した流しそうめんに注目!

mod['contents3']
もみじ苑の外観

月待の滝の前に建つもみじ苑では、こだわりの蕎麦をメインに、夏は流しそうめん天然かき氷が食べられる。

この店の流しそうめんには、他店にはない仕掛けがある。透明のパイプの中をそうめんが流れていく、空飛ぶ流しそうめん(登録商標)だ。また、オリジナル(特許)の仕掛けがあり、それぞれの客席に料理が届くようになっていて、果物やデザートも流している

一方、もみじ苑では、秋は紅葉、冬は氷瀑が楽しめる。また、年間を通してパワーチャージ(滝行)を体験できるのも魅力だ。

流しそうめん 食べ放題大人1000円、小学生まで700円
Yahoo!ロコ月待の滝
住所
茨城県久慈郡大子町川山

地図を見る

アクセス
下野宮駅[出口]から徒歩約27分
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

Yahoo!ロコもみじ苑
住所
久慈郡大子町川山嵯峨草1369-1

地図を見る

アクセス
下野宮駅[出口]から徒歩約27分
電話
0295-72-3993
営業時間
10:30~19:00
定休日
夏季は無休(お店Webサイトで確認要)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


2.長瀞渓谷(埼玉)

長瀞に行ったらぜひ川下りを体験しよう 提供:一般社団法人長瀞町観光協会

長瀞渓谷のココが見どころ

荒川の中流域にある長瀞渓谷は、1924年に国の名勝および天然記念物に指定された景勝地だ。

長瀞渓谷を代表する岩畳は、隆起した結晶片岩が文字どおり畳のように広がっている。また、その対岸には秩父赤壁と呼ばれる絶壁や明神の滝がある。

長瀞渓谷を船頭によるさおさばきで和舟に乗って下る川下りは人気のレジャーのひとつだ。

長瀞の絶景を眺めながらそうめんを食べる

mod['contents3']
長生館では、全ての客室から荒川の清流と長瀞の景色を見渡すことができる

長瀞は奥秩父の山々より流れ出る水に恵まれた土地だ。長生館では、そんな美味しい水を使った流しそうめんが食べられる。

長瀞の風景を楽しみ、川のせせらぎを聞きながら流しそうめんを味わえるため、最高にぜいたくな時間を過ごすことができる。

流しそうめん 小学生以上1000円、幼児500円

長瀞渓谷

住所 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞
アクセス 長瀞駅[出口1]から徒歩約5分
     上長瀞駅[出口]から徒歩約15分
     野上駅[出口]から徒歩約25分

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

長瀞 長生館

住所 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞449
アクセス 長瀞駅[出口]から徒歩約3分
     上長瀞駅[出口]から徒歩約17分
     野上駅[出口]から徒歩約25分
電話 0494-66-1113
営業時間 チェックイン15:00 チェックアウト翌10:00
※流しそうめんは、7月~10月10日まで営業しております。
 詳しい営業日時に関しましては、お電話にてお問い合せください。

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


3.昇仙峡(山梨)

昇仙峡は大自然のパワーがみなぎるスポットだ

昇仙峡のココが見どころ

平成の名水100選に認定された昇仙峡(しょうせんきょう)では、美しい川が織りなす四季折々の絶景を楽しむことができる。春はピンク色のミツバツツジが可憐(かれん)に咲き誇り、ヤマザクラが新芽を飾り、やがて秋へと続く。秋の野猿谷(やえんだに)では美しい紅葉を見ることができる。

そして昇仙峡の秘境と呼ばれるのが板敷渓谷(いたじきけいこく)だ。名瀑大滝へ向かう途中では、魚さえ寄せ付けない透き通った水の流れを見ることができる。

竹筒を使った本格流しそうめん

mod['contents3']
和風テイストの店

昇仙峡にある流しそうめん専門店・円右衛門(えんえもん)。御岳新道を切り開き、昇仙峡を世に知らしめたとされる長田円右衛門が店名の由来となっている。

円右衛門では、竹筒を使った流しそうめんと大理石のテーブルを清流が流れるオリジナルテーブルの2種類を楽しむことができる。竹筒が空いていれば自由に移動して流しそうめんを食べられるのでうれしい。

流しそうめん 700円
Yahoo!ロコ昇仙峡(仙娥滝周辺)
住所
山梨県甲府市猪狩町1338

地図を見る

電話
090-8648-0243
営業時間
平日:24時間
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

Yahoo!ロコ円右衛門
住所
甲府市猪狩町423

地図を見る

電話
055-287-2120
営業時間
10:30~16:00
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。


4.阿弥陀ヶ滝(岐阜)

滝つぼのすぐ近くまで遊歩道がある

阿弥陀ヶ滝のココが見どころ

日本の滝100選岐阜県名水50選阿弥陀ヶ滝は、落差約60メートル、東海一の名瀑だ。名前の由来は、室町時代天文年間に、白山中宮長瀧寺(ちょうりゅうじ)の僧が、護摩(ごま)修行中に阿弥陀如来が現れたことからその名がついたとされる。

葛飾北斎が浮世絵「諸国瀧廻り」阿弥陀ヶ滝を描いているのは有名だ。

自家製のつゆにこだわりあり!

mod['contents3']
流しそうめん 600円

阿弥陀ヶ滝荘では、夏でも涼しい天然クーラーの中で流しそうめんが食べられる。石で組んだ流し台が特徴で、流れる水は店から徒歩5分ほどのところにある阿弥陀ヶ滝の湧水を使っているため、そうめんはキリリと冷えてコシもしっかり! 自家製つゆに山ワサビを溶いて食べるそうめんは絶品だ。

岩魚の塩焼きなどサイドメニューも充実
Yahoo!ロコ阿弥陀ケ滝
住所
岐阜県郡上市白鳥町前谷

地図を見る

口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

あみだが滝荘流しそうめん

住所 郡上市白鳥町前谷1106-1-2
電話 0575-85-2738
営業時間 10:00~17:00(L.O.16:30)
営業期間 5月~10月中旬
休 5~9月は無休、10月は不定休

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。


5.釜ヶ滝(岐阜)

滝のマイナスイオンでリフレッシュしよう

釜ヶ滝のココが見どころ

岐阜県郡上市美並町を南北に走る国道156号線から吉田小学校を目印に山側へ約10分、ここに一の滝、二の滝、三の滝からなるダイナミックな三連の滝がある。

この滝は、第二の滝の岩盤が巨大な釜のように見える事から釜ヶ滝(かまがたき)と呼ばれている。3つの滝は、遊歩道で結ばれており、約40分で巡ることができる。

天然クーラーの中で流しそうめんを食べよう

mod['contents3']
美しい緑に囲まれた滝茶屋

釜ヶ滝の近くにある滝茶屋では、こだわりの流しそうめんが食べられる。

店内は相席禁止で、ひとつのグループがひとつのテーブルに最大8人まで座れる。

滝の近くはマイナスイオンが大量に発生し、夏場でも涼しい天然のクーラーの中で、涼みながら流しそうめんを味わうことができる。

滝茶屋オリジナルカレーセット(カレーライスと流しそうめん)などセットメニューもオススメ。

元祖流しそうめん 大人800円、小学生500円、幼児(6歳以下)300円

釜ヶ滝

住所 岐阜県郡上市美並町上田
アクセス 大矢駅[出口]から徒歩約30分
電話 0575-79-3111

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

釜ヶ滝滝茶屋

住所 郡上市美並町上田1000
アクセス 大矢駅[出口]から徒歩約30分
電話 0575-79-2917
営業時間 10:30~17:00(L.O.16:30)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

取材メモ/東日本には流しそうめんが食べられるスポットがいっぱい! 今年の夏は、滝や渓谷のそばで、涼みながら流しそうめんを食べてみてはいかが?

取材・文=樋口和也(シーアール)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES