津軽塗に鳩笛にこぎん刺し!弘前発、ご当地柄の畳縁で作る小物!

2019/04/05

津軽塗に鳩笛にこぎん刺し!弘前発、ご当地柄の畳縁で作る小物!

青森県弘前市といえば「津軽塗」「こぎん刺し」「鳩笛」などの伝統工芸がありますが、それらの模様を畳縁にあしらった「ご当地柄」の畳があります。今回は、その畳縁を使った素敵な小物をご紹介します。

まるごと青森

まるごと青森

オリジナルのご当地柄の畳縁を作ったお店がある!?

突然ですが、皆さん、ご自宅やご実家の畳の縁(へり)の色や柄って覚えていますか?
お恥ずかしながら、私は「緑色だったかな・・・」くらいしか思い出せないほどノーマークでした、今回の取材までは。

オリジナルのご当地柄の畳縁を作ったお店があると知り今回お邪魔したのが、弘前市の「つしま畳店」さんです。

「ご当地柄」の畳の縁で作る小物

店主の對馬陽輔さんはこの道20年の畳職人。そんな對馬さんが作る、畳の縁を使った小物がこちらです。

鳩笛柄です。めんこい

こちらは、名刺入れ。一見、畳縁と思えないほどポップな色・柄使いです。

左から津軽塗柄(赤、黒)、鳩笛柄(黄、赤)、こぎん刺し柄(赤、青)
畳表と畳縁のダブル使いです

畳職人の對馬さんが、畳縁の小物を作るようになったきっかけは、畳替えの際に出る余り布をどうにかできないかという思いからだったとのこと。

と言うのも、1包が10畳分で納入される畳縁。一般的な家庭の多くが6畳や4畳間。同じ色柄の発注がないと、残りは全て余剰になってしまうそうです。

そんな折、奥様から「小物を作ってみたら?」との提案が。
そこから独学で小物作りを始め、納得の行くものができたのが3年ほど前。県内各地のクラフト市へ出展するようになったのだそう。

やがて、オリジナルの畳縁を作りたいと思うようになり、ある時、津軽塗を見て「これだ!」と閃いたそうです。
第1号、黒い津軽塗柄ができたのは約1年前。そこから赤色の津軽塗、鳩笛、こぎん刺し柄と次々と湧いたアイデアを形にしていったそうです。

柄の開発で苦労したのは、少ない色数でどう表現するかだったと言います。
織り機の構造上、使える糸は4色まで。少ない色で津軽塗りの質感を表現するのが難しかったそうです。

こちらが津軽塗柄のアップです。

本当に津軽塗みたいです

もう1点苦労したのは、一寸の幅で何の柄かわかるようにすること。
畳の縁は一寸(約3cm)。その少ない面積で、一目でこれはあの柄だと認識されるようにするため、実物を見ながら、縮尺の変更や線を単純化する作業を重ねていったそうです。

苦労が実り、ついには見本帳が作れるほど、バリエーションが豊富になりました。

左から津軽塗(黒)、津軽塗(赤)、鳩笛(黄)、鳩笛(赤)
左からこぎん刺し(青)、こぎん刺し(赤)、こぎん刺し(紫)、こぎん刺し(ピンク)、こぎん刺し(赤紫)

「自分の代で始めた畳店だからこそ、新しいことにチャレンジできる」と話す對馬さん。
「畳表も畳縁も、サイズや素材、色柄が豊富になり、組み合わせが飛躍的に広がった。畳縁の小物をきっかけに、畳に興味を持つ人や畳で遊ぶ人が増えてくれたら」と、目を輝かせながらお話されているのが印象的でした。

畳表に津軽塗柄の畳縁を縫い合わせて、プレイスマットを作る對馬さん

家に帰ったら畳縁を確認してみましょう

最近は大間町まで畳を替えに行ったという對馬さん。新たな畳の可能性に注目する方が少しずつ増えてきているのかもしれません。

すっかり魅了されてしまった私。この日、帰宅して真っ先に家の畳の縁を確認したのは言うまでもありません(ちなみに緑色の地に金色の菱柄でした)。

ご当地柄の畳縁から始まる畳の世界、皆さんも覗いてみてはいかがでしょうか?
まるごと青森

まるごと青森

青森の観光・物産・食・特選素材など、青森を「まるごと」ご紹介するブログです。あまり知られていない青森の魅力を知っていただけるよう、青森県で暮らす私たちだからこそ知っているネタをお届けします。

この記事を書いたライター情報

まるごと青森

まるごと青森

青森の観光・物産・食・特選素材など、青森を「まるごと」ご紹介するブログです。青森県で暮らす私たちだからこそ知っているネタをお届けし、あまり知られていない青森の魅力を県内外の皆様に知っていただけるよう、情報を発信していきます。

まるごと青森 が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES