キュートな大仏焼きが話題♪テラス席が自慢の隠れ家的カフェバー

2019/04/07

キュートな大仏焼きが話題♪テラス席が自慢の隠れ家的カフェバー

長谷寺から3分、鎌倉大仏から2分の場所に、テラス席が自慢の隠れ家的カフェバー「m’s terrace Kamakura」がオープン。長谷の賑やかな通りから1本入ったところにあり、静かな時間を過ごすのにうってつけです。今、ここの看板メニュー「大仏焼き」がひそかに話題沸騰中。

ことりっぷ

ことりっぷ

鎌倉野菜を使った絶品料理をぜひ

一軒家の2階部分が店舗

江ノ電長谷駅から徒歩5分のところにオープンしたテラス席が自慢のカフェバー「m’s terrace Kamakura」。こちらは、10年以上にわたって自宅で料理教室を開いていた店主・緒方さんが、長年の夢をかなえて実現したお店。店内では、ガレットなど鎌倉野菜を使ったお料理や抹茶ケーキなど自家製スイーツがいただけるほか、昼・夜関係なく、アルコールを楽しむことができます。

落ち着いた雰囲気のバーカウンター
「北海道産そば粉100%のガレット」(1296円)と「フランス産シードル」(グラス864円)

ここに来たらぜひ味わいたいのが、味が濃くておいしいことで知られる鎌倉野菜が添えられた「北海道産そば粉100%のガレット」(1296円)。そば粉100%の独特の香りとパリパリ食感がたまりません。りんご100%のアルコール、フランス産シードルとの相性は抜群!

看板メニュー「大仏焼き」も要チェック

左・レモンカスタード、中央・抹茶皮の粒あん、右・プレーン

「抹茶シフォン」(540円)などのケーキや「アフォガート」(540円)など自家製スイーツも人気です。中でもSNSを中心に話題となっているのが「大仏焼き」(248円)。泰然自若としたキュートな大仏は、緒方さんデザイン。イチから焼型を作ってもらったそうです。

大仏焼きは、全部で3種。粒あんの入ったプレーン、抹茶皮の粒あんのほか、季節の素材を使った大仏焼きもあります。春からは季節限定商品として「レモンカスタード」が登場。口に入れると、レモンの香りがふわっと広がる爽やかな一品。どれも甘さ控えめでクセになるおいしさです。

店内はテーブル席、テラス席など全29席

随所にこだわりを感じさせる鎌倉・長谷の隠れ家的カフェバー「m’s terrace Kamakura」。大仏焼きが長谷名物となる日もそう遠くないかも。ぜひ訪れてみてくださいね。

気持ちの良い風が通り抜ける広々としたテラス席
ことりっぷWEB

ことりっぷWEB

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジン。週末のおでかけをもっと身近に。ガイドブックに掲載していない最新情報はコチラから。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES