重い引き戸をスムーズに!アンティーク山本商店直伝家具リペア術

重い引き戸をスムーズに!アンティーク山本商店直伝家具リペア術

2019/04/07

長く使える良い収納家具と出会いたい…そんな願いから注目したのが「和家具」。一点物の存在感に加え、壊れても直せて何十年と使える和家具は、最もエコな家具かもしれません。そんな和家具に、新たな命を吹き込む術を、創業70年の和家具アンティーク専門店「アンティーク山本商店」に伺います!

HOUSTO おウチの収納.com

HOUSTO おウチの収納.com

お題「棚を使いやすくリメイクする」

古い家具でも、重くなった引き戸をスルスルと軽くするだけでストレスなく使えます。テレビやレコーダーを収納したいときは、目立たないようにコードを配線することも可能。和家具の雰囲気はそのままに、現代の暮らしに合わせて使い勝手を上げるリメイクに挑戦してみませんか?

\教えていただくのはこの方/

山本さん

山本さん

「今回紹介する「置床(おきどこ)」は、床の間の代わりに置く家具。扉の中にレコーダーやパソコンの本体を隠して収納でき、温かみのある部屋を作れる人気の家具です。」(山本さん)

<直伝!真似テク>木の引き戸のスムーズな開閉

BEFORE

昭和初期から中期頃の「置床」。味のある見た目が魅力的だが、木の扉が経年でたわみ、開け閉めに力が必要な状態。まずは、引き戸を開け締めしやすくする
木はどうしても経年で反りが発生する。この扉の動きが重かったのは、表面の中心がたわみ、溝やレールに当たっていたから
このたわみを少し削るだけで、ぐっと動きは良くなる

STEP1 余分な部分を見つける

扉の裏側の中心に定規を当て、両端の反っている部分にまっすぐ印を付ける
定規を当ててみると、両端がこんなにたわんでいた。この裏の両端を、溝に当たらないよう削れば、スムーズに開け閉めできるようになる

STEP2 ヤスリで削る

削る時は、直角に削ることを意識して。直角部分のある木材に粗目の紙やすりを巻き付け、鉛筆で印をつけた部分を少しずつ削る

STEP3 キレイに木屑を取る

乾いた布で、ていねいに木屑を払う
あまり削りすぎると、遊びが大きくなりガタツキが出てしまうので、少しずつ削って調整しながら進める

STEP4 ロウを塗る

削り終えたら、溝と当たる部分の滑りをさらに良くするよう、ロウを塗って仕上げる

AFTER

扉の両端の反った部分を削り、ロウを塗ることで、指一本でスルスルと開くようになった。裏側を削るので、雰囲気のある見た目はそのままに、使用感だけアップできている

<直伝!真似テク>テレビボード用に穴を開ける

BEFORE

テレビ台としても人気のこのタイプの家具は、コード用に穴を開けてほしいというリクエストも多いそう。今回は、初心者でもできる、四角い穴の開け方を教えてもらった

STEP1 穴の位置とサイズを決める

手持ちの機器のコード位置に合わせ、穴を開けたい場所に印を付ける。直角になった「差し金」などを使えば正確に位置決めできる。今回は左端に4cm四方の穴を開ける

STEP2 カッターで穴を開ける

ベニヤ板でできていることが多い背板は、実はカッターでも穴あけが可能
5mm厚ぐらいまでなら、専用の道具がなくて大丈夫

AFTER

使いやすそうな穴が簡単に空いた。所要時間は20分程度。あまり力を入れると割れたり、板の表面がめくれてしまうので、何度も同じ場所をなぞって切り込みを入れながら、少しずつ作業するのがコツ
大きな家具の場合は内側から作業した方が、失敗しても背板側がめくれるので目立たない

まとめ

古い和家具もアレンジ次第で、今の暮らしになじませることができる。山本商店では、時が刻んだ味はそのままにしつつも、使い勝手は良くなるよう、バランスのいい提案をしてくれる。和家具の温かみを感じながら暮らす日々を手に入れたい人は、まずは相談してみては?

HOUSTO おウチの収納.com

HOUSTO おウチの収納.com

『HOUSTO おウチの収納.com』は、「おウチで過ごす時間に上質の心地よさを」をコンセプトとして、『HOUSTO おウチの収納.com』ならではの整理収納に纏わるオリジナル情報を発信しています。

この記事を書いたライター情報

HOUSTO おウチの収納.com

HOUSTO おウチの収納.com

『HOUSTO おウチの収納.com』は、「おウチで過ごす時間に上質の心地よさを」をコンセプトとして、『HOUSTO おウチの収納.com』ならではの整理収納に纏わるオリジナル情報を発信しています。

HOUSTO おウチの収納.com が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載