郡山市の食材にこだわったグルメが食べられるお店5選!

2019/04/06

郡山市の食材にこだわったグルメが食べられるお店5選!

お菓子だけじゃなかった!郡山には、市外のひとに自慢したいブランド級の食材があるんです。

aruku

aruku

郡山市の食材にこだわったグルメが食べられるお店5選!

郡山の食材と言ったら何を思い浮かびますか?クリームボックスや薄皮饅頭など、銘菓は知ってるけど、正直何が作られているのかわからない…なんて方、多いんじゃないでしょうか。実は野菜や肉類など、郡山のブランド的な食材って意外と多いんですよ。まずは郡山の食材はどんなものがあるのか、「なか田」の中田シェフに伺いました!

春夏秋冬、それぞれの季節で穫れる市産野菜
―郡山の食材といえば、まずは野菜。郡山市の種苗店兼農場を営む鈴木光一さんを筆頭に、農家の方のレベルが高く、味がしっかりしているのが多いんです。特に県外の人たちにびっくりされるくらい、新鮮でかつ甘みも塩気もある。代表されるのが「郡山ブランド野菜」ですね。春は植え替えの時期なのであまり出回りませんが、ゆくゆくは京野菜のように郡山野菜として根付いていくと僕は思います。

肉、魚、酒…フルコースにできちゃう食材の多様さ
―野菜の他にも、うねめ牛や、ふるや農園さんの放牧豚、ジャンボなめこなどのきのこ類、郡山市でも推進している鯉、そして歴史ある酒蔵もある。郡山は昔からたくさんの食材があるんですよ。だから地産地消ができる。地元食材にこだわるお店もイタリアンを中心に、和食やフレンチなど幅広いので、美味しく食べながら、地もの食材を知るきっかけになればと思いますね。

郡山ブランド野菜は市内の限られた農家さんで、同じ種、同じ栽培方法で作られる野菜。2019年3月現在、13品が登録されており、夏は「佐助ナス」「ハイカラリッくん(ねぎ)」「とうみぎ丸(トウモロコシ)」など。冬は「御前人参」「あこや姫(カブ)」「冬甘菜(キャベツ)」などがあります。

ラ・ギアンダ

冬はジューシー、夏は歯ごたえバツグン!な、放牧豚を堪能!

他ではなかなか味わえない本格的なイタリアンを提供するラ・ギアンダ。野菜や魚介料理などある中で、郡山では希少な放牧豚のメニューをチョイス。ここで扱う『ふるや農園の放牧豚』の肉は季節によって肉質が変わり、冬は脂の甘みが高まりジューシーに、夏は肉が締まって歯ごたえがあるそう。実際食べてみると、柔らかく噛めば噛むほどうまみを感じる肉質に感動!最低限の味付けで最大限の味を引き出す腕に、さらに感動です!

「ふるや農園 放牧豚グリル(2,160円)」。香ばしく焼き上げた豚肉と、季節の野菜を合わせてどうぞ。写真のカブは郡山ブランド野菜の「あこや姫」
放牧豚を使った手打ちパスタ「キタッラ放牧豚とふきのとうのラグー(1,512円)」。玉ねぎの水分のみでホロホロに煮込んだ豚肉と、春の食材・ふきのとうの苦みがたまりません!
生産の現場にも足繁く通う加藤さん。「産地を直に見たり、生産者の方と話をすることで料理のインスピレーションも出てくるんです」。郡山の他、西会津の野菜や相馬の魚介などの料理も

KORIYAMA fod list
●ふるや農園放牧豚
●野菜(ブランド野菜含む)
●きのこ類、他

ラ・ギアンダ
郡山市菜根4-25-15
TEL/024-983-7367
営/11:30~L.O13:30、18:00~L.O21:30(金・土は 17:00~L.O23:30)
休/月曜ランチ、日曜
P/4台(No.6~10)

トラットリア クッチーナ(Cucina)

たまのランチはクッチーナの限定コースで贅沢してみない?

うねめ牛の生産者は市内でたった6名。さらにA4・5ランクの牛肉のみ「うねめ牛」の称号が与えられるというから、レア中のレア牛というのがわかります。だからこそ、歯切れもいい牛肉が口中にジュワ~~ッと広がり「郡山でこんな美味しい牛肉があったなんて…!!」と、誰もが驚くはず。コースにつくスープや前菜の食材もほぼ郡山産。間違いないものを作る人たちがいるからこそ、食べる側も満足できるんですね…!

【1日10食限定】「うねめ牛ランチコース(3,240円)」 [スープ、前菜の盛り合わせ、うねめ牛のソテー(パン付き)、デザート(お好きなものを選べます)、コーヒーor紅茶orエスプレッソ]
彩りも鮮やかな「季節の野菜のバーニャカウダ(1,404円)」。旬の野菜や、珍しい洋野菜をミルクべースのまろやかなソースにつけて
うねめ牛のソテーはディナーでも単品メニューとして提供。本場イタリアで修行したシェフのこだわりの味を味わってみて
大通りから1本入った場所にある白亜カラーの外観が特徴。落ち着いた場所でゆっくり食事を楽しめます

KORIYAMA fod list
●うねめ牛
●野菜(ブランド野菜含む)
●鯉、他

トラットリア クッチーナ(Cucina)
郡山市並木3丁目6-8
TEL/024-927-0665
営/11:30~L.O14:00、18:00~L.O21:30
休/月曜(祝祭の場合は翌日)
P/10台

旬のベジカフェバル Best Table【ベストテーブル】

これぞ地ものの醍醐味!新鮮でおいしい野菜を食べられるって、ああ幸せ♪

女性なら無性に野菜が食べたくなる時、ありますよね。新鮮な状態で、贅沢にたっぷり食べられると大好評なベストテーブルの「サラダプレートランチ」は、10種類以上の野菜が盛り付けられ、生野菜はパリッとして新鮮さを実感!食材によってはマリネにしたり、炒めたりと、手間を加えているのが特徴なのです。季節によってはブランド野菜が使われることも。歯ごたえや食感が変わるため、飽きずに完食できちゃいますよ。

「朝採れ野菜のサラダプレートランチ(1,200円)」(サラダプレート、スープ、パン、コーヒーor紅茶、プチデザート)。自家製の玉ねぎやシーザードレッシングも、野菜の味を引き立ててれます
その時期でしか味わえない、24節気で変える「旬のスペシャリテ」。撮影時は青菜たっぷり「海鮮と青菜のあさりフォー」
素材の美味しさをベストな料理で、生産者さんの想いを一皿にのせておもてなしをするのがベストテーブルのコンセプト
黒板に描かれたメニューもチェック。暖かくなる季節はテラス席も開放されて、ますます食事が楽しくなりそう♪

KORIYAMA fod list
●野菜(ブランド野菜含む)
●米粉
●きのこ類
●日本酒
※季節によって変わります。

旬のベジカフェバル Best Table【ベストテーブル】
郡山市朝日1-14-1
TEL/024-983-3129
営/11:00~L.O14:00、17:30~L.O22:00
休/火曜
P/店舗裏8台

SHOKU SHOKU FUKUSHIMA【ショクショクフクシマ】

地域に特化したローカルスナックで郡山を味わう。

「地元の人に、地元のことをもっと知ってもらいたい」。そんなコンセプトのもと、このローカルスナックが誕生したのが昨年。福島県内の70蔵の日本酒が集まり、メニューもお酒から食材、調味料にいたるまで、99%が県内産の食材を使っているこだわりの場所なのです!ここで試してほしいのが、「郡山んめぇばいコース」。前菜からメイン、お酒にいたるまで郡山の食をこれでもか!と味わえますよ。

「郡山んめぇばいコース」2h~飲み放題付き5,000円~ ※4名様から・2日前までの要予約

[磐梯豆あげ塩、うねめ納豆の包み焼き、鯉の甘露煮、うねめ牛&福島牛のすき焼き(orエゴマ豚のしゃぶしゃぶ)など全7品]※野菜はその日によって変わります

基本料金は飲み放題 90分2,000円からとリーズナブル。日によっては希少な銘柄酒に出会えることも!
お酒選びに迷ったら、メニューとの組合せで選んでみると◎。全席禁煙なのもうれしい!
会話を楽しみながら、郡山の食を発見できるのがここの特徴。生産者さんや料理人を招いてイベントを開催するときも

KORIYAMA fod list
●野菜(ブランド野菜含む)
●うねめ牛
●鯉
●きのこ類
●豆類、加工品
●酒、他

SHOKU SHOKU FUKUSHIMA【ショクショクフクシマ】
郡山市堂前町17-15 大秀ビル106
TEL/024-983-3222
営/19:00~L.O22:00
休/日・月・火曜
P/無し

居酒屋 安兵衛

県外の友人をおもてなし…それなら、ここに来れば間違いない!

県外からの知り合いや友人を飲みに連れていくところがない…。そんな人こそ迷わず来てほしいのがここ、「居酒屋 安兵衛」。メニューの7~8割は地元の食材を使っており、ここ1店で地ものを賞味できる!といっても過言ではないのです。そんな安兵衛でぜひ頼みたいのが「鯉のなめろう」や「ジャンボなめこの天ぷら」など他ではお目にかかれないメニューたち。イメージを覆すその味に、驚きと同時に、郡山に来てよかった!と喜ばれるはず。

泥っぽいイメージは皆無!コリコリ食感の「鯉のなめろう(780円)」
ぬめりがなく、ふっくらした鈴木農園の「ジャンボなめこ天ぷら(680円)」
逢瀬地区の郷土料理「きゃべつ餅(500円)」
郡山太郎右エ門(芋焼酎)580円、穏(日本酒)680円、山桜ハイボール570円。郡山には焼酎やウイスキーを作る酒蔵があるって知ってました?
肩ひじ張らず落ち着ける古民家風の内装。郡山駅前で35年続く安兵衛は、出張や旅行で訪れる県外の人にも大人気!
自分たちの畑で野菜作りもしている安兵衛。「自分たちで作るから、野菜の特徴もわかるし、愛情もひとしおなんです!」

KORIYAMA fod list
●野菜(ブランド野菜含む)
●うねめ牛
●ふるや農園放牧豚
●鯉
●きのこ類
●酒、他

居酒屋 安兵衛
郡山市大町1-3-12
TEL/024-933-9326
営/17:00~L.O23:30
休/無休
P/なし

※この記事はaruku2019年4月号に掲載したものです。価格や内容は取材時のものです。

この記事を書いたライター情報

aruku

aruku

「web aruku」は3,000記事以上の、集客効果の高い県内最大級のキュレーションサイト。地域密着、福島県内の情報を随時更新しています。「フリーマガジンaruku」は、20代~40代の女性をメインターゲットに福島県内で106,000部発行しております。

aruku が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES