ホテルも併設! 無印良品 世界旗艦店が銀座に開業

特集

無印良品で始める、新生活

2019/04/04

ホテルも併設! 無印良品 世界旗艦店が銀座に開業

2019年4月4日(木)世界旗艦店となる、「無印良品 銀座」と「MUJI HOTEL GINZA」、が東京・銀座に開業。開業に先駆けて内覧会に参加した編集部が、「MUJI HOTEL GINZA」の魅力と「無印良品 銀座」の最新サービスについて紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

東京メトロ銀座駅から徒歩3分の銀座3丁目の一角にある

東京の再開発に伴い、東京・有楽町の無印良品が営業を終了したことが、記憶に新しい人も多いのでは? 2019年4月4日(木)、新たに世界旗艦店となる「無印良品 銀座」と「MUJI HOTEL GINZA」が東京・銀座に開業します。

地下3F、地上10F建ての「読売並木通りビル」内に位置する

6F一部~10Fの「MUJI HOTEL GINZA」は、「アンチゴージャス アンチチープ」をコンセプトに、無印良品の世界観を体感できるホテル。1F~6F一部は「無印良品 銀座」となっています。地下1Fには、日本初となる「MUJI Diner」も併設されており、今まで以上に暮らしの基本である「食」を楽しめる無印良品です。

\編集部注目のポイント/
1. 日本初!「MUJI HOTEL GINZA」
2. 「無印良品 銀座」の食関連サービス
3. 産地直送素材を味わう「MUJI Diner」

1.日本初!「MUJI HOTEL GINZA」

「MUJI HOTEL GINZA」には「アンチゴージャス アンチチープ」のコンセプトのもと、旅先であっても普段の生活の延長で心地よく過ごせる空間を提供しています。客室のインテリアからアメニティーまで、全てが無印良品のものを使用しており、無印良品の世界観をじっくり堪能できます。

内装は土、石、木など天然素材を使用。フロントカウンターの壁には、100年前から銀座を走っていた都電の敷石を再利用。時代の流れを大切に、記憶を残しながら新しいものにつくりかえる
樹齢400年のクスノキを使用した「ATERIER MUJI」のカウンターテーブル。「ATERIER MUJI」は朝から深夜まで、お茶やお酒をゆっくりと楽しむことができる。宿泊客以外も利用可能

客室は、全9タイプ・79室の客室が用意されています。料金は、一番シンプルなTYPE Aの部屋(14~15平米)で14900円から。編集部注目の客室は、TYPE Gの部屋です。二段ベッドや壁には本棚が設置されており、限られた空間を最大限に活用し、心地よく過ごせる空間になっています。また、照明やエアコン、カーテンの開閉やアラームの設定ができるタブレットが全室に設置されています。

全室、細長い造りになっているのが特徴。「なんだか妙に長い部屋だな」と最初感じても、豊富な収納や天井の高さがあるので、狭さは感じない
置いてある本は自由に読める。こちらの部屋は面積25平米のツインで、料金は29900円。最大収容人数は3名で、3名の場合5000円追加になる
アメニティーも、全て無印良品。客室備品の一部はゆっくりと一晩体験して、気に入ったらお店で購入できる

気になる予約状況ですが、2019年3月20日に予約を開始してから国内外からの予約があり、しばらくは満室だそう。予約方法は、公式ホームページと直接ホテルへの連絡のみなので、宿泊してみたい人は公式ホームページをチェックしてくださいね。

日本の風土を楽しめる「レストランWA」

東京・有楽町の店舗があった土地の土を、ロゴの背景の土壁に使用。歴史の流れを感じさせる

宿泊客の朝食会場にもなる「レストラン WA」は、日本各地で食べられ続けている味を提供しています。まずはじめは、「大分」からスタート。テーマになる地域が変わるそうなので、日本各地の風土を楽しめます。

「大分のおぜん」(1200円)※大分県の料理は6月末までの提供予定

2. 「無印良品 銀座」の食関連サービス

「無印良品 銀座」の売り場面積は、3981平方メートルで世界最大。1Fは食品や青果、2Fは衣類、バッグ、靴売り場。3Fは靴下、文房具、旅行用品売り場。4Fはキッチン用品や子供服で、5Fはベッドルームや照明、収納用品などを扱っています。

他店との大きな違いは、この1階の食品フロア。ベーカリー、試食も行う青果販売、ジューススタンド、ブレンドティー工房など活気があふれる

青果売り場は、生産者と生活者をつなげ、青果を食べる文化を伝えることを目指しており、旬の食材を幅広くラインアップ。売り場では、「テイスティング・アドバイザー」が商品のこだわりを教えてくれます。

客も参加できる、産地見学や収穫体験などの「ツアー」も今後展開されていくそう

また、同店では弁当やサラダの販売も開始します。

日替わり弁当のお届けサービスも行う。当日の9時までに5個以上の注文で届けてくれるそう。エリアは、中央区、千代田区、港区
「日替わり和食弁当」(750円)他にも、おにぎり、カットフルーツ、カレーなどを販売

最新の取り組みでもある「ブレンドティー工房」では、32種類のレシピから好みのお茶をその場でスタッフがブレンドしてくれます。注文から最短で10分でお渡しだそう。

飲むシーンや、その日の気分に合わせたお茶を楽しめる。ギフトラッピングも用意されており、プレゼントやお土産にも利用できる

季節の旬なフルーツや野菜を注文ごとにジュースにして販売する「ジューススタンド」と、「ベーカリー」もあります。

客の目の前で、フルーツをジュースにする。フレッシュジュースはSサイズ(350円)、Mサイズ(480円)
「ベーカリー」では、バターロールやサンドイッチ、食パンなど毎日食べても飽きない、素材にこだわったパンを販売

ベーカリーは朝7:30開店。周辺で働く人が朝食をとれる場所が銀座には少ないことをうけて、開始したそう。また、アプリ・MUJI Passportで、モーニングコーヒーの予約サービスも行います。アプリで注文をすませておくと、朝、待たずにコーヒーとパンがベーカリーのレジで受け取れます。

3. 産地直送素材を味わう「MUJI Diner」

地下に降りて一番目立つ場所に、鮮魚コーナーがある。キッチンのライブ感と料理のシズル感を感じることができる空間
店内には「豆腐工房」も設置されている。こだわりの大豆を使用し、豆乳の搾取、豆腐の製造を行う
「湯豆腐セット」(1000円)できたての豆腐を楽しむことができるセットも

こちらも朝7:30から営業する。銀座で働く人にとって、貴重な朝食スポットになりそうです。

内覧会は、多くのメディアでごった返しており、注目度の高さを感じさせました。銀座で働く人、旅行で日本に訪れた人、銀座に遊びに来た人。どんな人でも、暮らしの基本にふれることができる場所です。新たなサービスを携えて、この春東京の新名所になること間違いなしの「無印良品 銀座」。ぜひ一度、足を運んでみてくださいね。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES