福島市「飯坂温泉」周辺で気になるランチスポット5選

福島市「飯坂温泉」周辺で気になるランチスポット5選

2019/04/11

松尾芭蕉も立ち寄ったといわれる、福島市・飯坂温泉。温泉と併せて楽しみたいランチや、穴場の定食をご紹介。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

【この記事を書いたのは…】CJ編集部・かずみ

【この記事を書いたのは…】CJ編集部・かずみ

ノスタルジックな雰囲気の中、心躍る「カフェご飯」を味わおう

肉みそカルボナーラのランチプレート1,050円〈肉みそカルボナーラ・サラダ・小鉢・パン・キッシュ・スープ・コーヒーor紅茶〉【提供時間11:30〜15:00(14:30ラストオーダー)】

飯坂温泉「鯖湖湯」向かいにある古民家カフェ『オンカフェ』。ランチタイムには、週替わりランチや生パスタのセットなどを楽しめる。カルボナーラは、ホワイトソースにみそを加えてコク深い味わいに。飯坂名物ラジウム玉子と絡めて食べよう。

ご飯が進むおかずが人気!盛りのいい定食をリーズナブルに

鶏からあげ定食550円〈からあげ・サラダ・ご飯・みそ汁・小鉢・お新香〉【提供時間11:00〜14:30ラストオーダー】

飯坂支所近くの食事処『笑福』。回鍋肉や酢豚(各600円)など、昼の定食はボリューム満点!ランチメニューの1つが日替わりで500円になるサービスも。花見のお供に、からあげ(300円)やポテト(200円)のテイクアウトをぜひ。

パリッとジューシーな餃子を、飯坂名物ラジウム卵に絡めて

餃子定食700円〈餃子・ご飯・スープ・ラジウム卵・漬け物〉【提供時間11:00〜15:00/17:00〜20:00(各30分前ラストオーダー)】

飯坂温泉街で50年以上営む、ラーメンと餃子の店『万来』。パリッと焼き上げた餃子は、野菜が多めで、さっぱりとした味わい。「餃子定食」に付いてくる飯坂名物ラジウム卵は、ご飯や餃子と絡めて食べても美味。

家族でのれんを守り続ける老舗食堂で空腹を満たす

天丼900円〈天丼・みそ汁・お新香〉【提供時間11:00〜14:30/17:30〜20:30】

創業88年。女将が笑顔で迎えてくれる『保原屋食堂』。ラーメン、そば、うどん、丼と種類豊富なメニューがそろう。写真の天丼は10品ものネタが丼を覆う。季節によって食材が変わり、旬を味わえると好評だ。

和風庭園を眺めながらまったり。手打ちそばを堪能した後は温泉も

十割手打ちそば864円〈そば・小鉢※数量限定、なくなり次第終了〉【提供時間11:00〜14:00(13:30ラストオーダー)】

奥飯坂の旅館「摺上亭 大鳥」内の食事処『歩楽里』。会津産のそば粉を使った十割そばなどを味わえる。食事のみでも利用できるが、せっかくなら、自慢の温泉も堪能しよう(日帰り入浴大人800円)。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載