“なんてこった!”が止まらない!乙女心を掴むカフェ&バー

2019/04/14

“なんてこった!”が止まらない!乙女心を掴むカフェ&バー

にぎやかな名古屋市・栄の一角に、2018年7月に誕生した「cafe&wine Mamma Mia LABORATORY なんてこった研究所」。ビルの4階にありエントランスが一見分かりづらい造りながら、若い女性を中心にじわじわと注目を集め、平日でも行列ができるほどに。

ことりっぷ

ことりっぷ

アパレルショップの脇にある花柄の扉が目印

ビルの片隅にあるこの扉が入り口。まさに隠れ家だ

「Mamma Mia LABORATORY」があるのは、地下鉄東山線・名城線「栄」駅から南へ5分歩いた場所。ビルが建ち並ぶ栄の中心部にありながら、なかなか店を見つけづらいのは、大きな看板を構えず、アパレルショップの片隅にさりげなく設置された花柄の扉が入り口になっているからです。扉を開けると長い階段が続いており、4階まで上った先に店を発見。ワンフロア全25席というちょうどよい広さの店内は、大きな窓からたっぷりの光が注ぐ開放感な空間です。

満月をモチーフにした照明が存在感を放つ

お店のコンセプトは、店名の通り「マンマミーア!(なんてこった!)」という、うれしいサプライズを提案すること。店内は、シンボルとされる満月をモチーフにした照明をはじめ、テーブルごとに異なるアンティーク調の家具、コンクリートむき出しのインダストリアルな内装など、トレンドと独自のセンスが融合したオシャレな雰囲気です。4階にあるため、窓から栄の通りを見下ろすことができます。

オープンキッチンを中心としたセンスあふれる店内。窓には店名の文字を発見

見た目も味わいも驚きたっぷりの写真映えメニュー

スパイシーチーズキーマカレー~卵黄のせ~(日替りスープ・漬物付き)1100円

ここに来たらぜひオーダーしたいのが、「スパイシーチーズキーマカレー〜卵黄のせ〜」。モッツァレラを中心に3種類をブレンドしたチーズソースが、カレーが見えなくなるほどたっぷりとかかっています。プルンとした卵黄がのった真ん丸なシルエットは、写真映えすること間違いなし。パンチが効いた辛さのキーマカレーは、チーズソースと卵黄を絡ませることで、意外なほどまろやかで食べやすくなります。

濃厚なチーズソースがカレーと絶妙にマッチする

またデザートには「ポム・ダムール」がおすすめ。身が締まっていて酸味が強いリンゴを厳選して仕入れ、砂糖の甘さを生かした飴でコーティングしたリンゴ飴です。

ポム・ダムール500円〜

屋台の駄菓子というイメージが強いリンゴ飴を、オシャレなカフェスイーツとしてアレンジした、名古屋ではまだ珍しいスタイル。プレーンのほか、「本日のポム・ダムール」としてココアやシナモン、アールグレーなど多彩なフレーバーが登場します。

食べる時には1人前に切り分けて提供してくれる

ソムリエが提案するワインも楽しんで

料理やスイーツに合うおすすめのワインを聞いてみよう

食事だけでなくドリンクメニューも多彩。なかでもワインは、ソムリエがおすすめする本格的なラインナップを、1杯500円〜とリーズナブルに楽しむことができます。グラスワインを全12種類と豊富にそろえているのもうれしいポイント。ワインは昼でもオーダーできるため、休日には明るいうちから飲み始めるというちょっぴり優雅な楽しみ方も可能です。またオリジナルビールやチーズフォンデュなど、夜限定のメニューにも注目。週末のディナータイムは連日満席となるため、事前に予約するのがおすすめです。
店構えから料理、内装にいたるまで、すべてにおいて意外性があふれたお店。たくさんの女性のハートを掴んでいるのも納得です。

ことりっぷWEB

ことりっぷWEB

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジン。週末のおでかけをもっと身近に。ガイドブックに掲載していない最新情報はコチラから。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES