とっておきの京都の桜「京北編①」名所から穴場、地元グルメ

2019/04/14

とっておきの京都の桜「京北編①」名所から穴場、地元グルメ

桜の見頃をむかえ、観光トップシーズンの京都。市内中心部や人気観光地は混雑しすぎるという声も聞かれます。そこで今年は人ごみを避けて、伏見、大原、高雄、山科、西京、京北の、市内周辺部へでかけてみませんか?比較的ゆったり花見ができる「とっておき」のおすすめスポットをご紹介します。

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

気分はプチトリップ!森林に囲まれた京北町

町の面積の90%が森という、森林に囲まれている地域です

山深い場所に位置する京北町。桜の名所が点在していて「京北桜100選」というスポットがあるほど。山間部ならではの、雄大な自然とのコントラストが見事です。右京区とは思えないロケーションは、まるで小旅行に来たかのよう!

栃本橋周辺

これぞ桜並木という風景ですね

桂川沿い、栃本橋付近には100本もの桜並木「百本桜」があり、歩道が整備され気持ちよく散策ができるようになっています。見晴らしがよく、どこまでも続くかのような桜並木に思わずうっとり。

矢谷下橋上流

川面に写る桜も美しくて、いつまでも眺めていられます

弓削川沿いの矢谷下橋上流では、川の両岸に桜並木をのぞむことができます。80本の桜並木ですが、1本1本が大きめなので、なかなかのボリューム。

福徳寺

「かすみ桜」

711年、行基が弓削寺として創建した福徳寺。聖武天皇の勅願で、薬師七重塔が建立されたこともあったとか境内にある「かすみ桜」が有名で、京都市の天然記念物に指定されています。樹齢約400年を数えるその姿は堂々たるもの。やや高台にあるので、境内から桜越しに町並みを望めます。

周辺のおすすめグルメもご紹介

花見を楽しんだら、小腹も好きますよね。周辺のオススメグルメスポットもご紹介します!

物味遊山

トリップアドバイザーでも評価が高いお店です

周山バス停すぐのところにある物味遊山は、そばコースのおいしいお店です。素材にこだわり、安心安全なメニューばかりでファンが多いのも納得。

十割そばがいただけます

そばコースは、日替わりの前菜と主菜、十割そばがいただけます。前菜は日替わりで、地元の野菜や山菜がたっぷり味わえて大満足!おかずもそばも絶品です。

和食レストランけいほく

宴会場も兼ね備えた大型レストラン

福徳寺の近く。1972年創業で約50年の歴史があり、地元だけでなく旅行者の利用も多いお店です。ぼたん鍋や美山地鶏など、地元食材を使った里山料理に定評があります。

ミニ会席「さくら」

ミニ会席のさくらは、地元野菜を使ったサラダ、さば寿司、出汁巻き、おばんざい、煮もの、揚げ物、小鉢と豪華な内容。京北名物の揚げ出し納豆もちもついていますよ。ごはんは卵かけごはんがチョイスできるのがうれしい!散策でペコペコになったお腹も、これならフルチャージできますね。

塩治軒

和食レストランけいほくから少し北へ

「塩治軒」は大正4年創業の老舗和菓子屋。昔ながらの製法で作られるお菓子は、どれも素朴でおいしいです。地域に愛されるお店です。

「もなか御所」と「きびもち」

もなか御所は、つぶあんが使われいて皮との相性が抜群。きびもちは50年以上続く看板商品で、季節や気候に合わせ、熟練の業で練り方を変えながら作られているそうです。いずれもおもたせやお土産に申し分ないお菓子です。上品で贈り先に喜ばれること間違いナシですよ。

この記事を書いたライター情報

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

京都の観光・グルメ情報を網羅したローカルサイト「Kyotopi(キョウトピ)」 です。京都を愛するライターが実際に足を運び取材をしています。京都をもっと好きになってもらえるような観光、グルメ、イベント情報を厳選してお届けします。

Kyotopi(キョウトピ) が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES