幸楽苑の“プレミアムラーメン”と“ワンコイン餃子定食”を実食

幸楽苑の“プレミアムラーメン”と“ワンコイン餃子定食”を実食

2019/04/13

4月9日、幸楽苑で全メニューが刷新。その中でも注目の新メニュー、プレミアムなラーメンとヘルシーな餃子を実食レポート!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

新メニューに加えてお得な餃子定食もお目見え!

幸楽苑といえばリーズナブルな中華そばが定番。しかし、今回のメニュー刷新ではゴージャスなラーメン「とろけるチャーシュー 幸楽苑中華そばプレミアム」が販売されます。また、餃子ではこちらも新商品の「肉・にら・にんにくフリーのベジタブル餃子」のほか、ワンコインで食べられる“選べる餃子定食”が登場!

どでかいチャーシュー3枚がどっさり

「とろけるチャーシュー 幸楽苑中華そばプレミアム」740円(4/9発売)

どんぶりからはみ出るチャーシューがインパクト大!

巨大なチャーシューが3枚のったラーメンが目の前に出てくると、なぜだか自然とテンションが上がりますね。さっそくチャーシューを食べると、脂と身がほどよいバランス。肉が柔らかいので口の中でほどけていきます。それが3枚あってかなりのボリュームですが、醤油スープがあっさりしているので、最後まで飽きることなく食べられました。

あまりにも長いので、ついつい箸で持ち上げたくなっちゃいます

商品企画部長の鈴木昭二さん
「新商品は既存のチャーシューだと代わり映えしないので、思いきって製法を変えました。今までは茹でてタレで味付けするという製法ですが、新しいチャーシューはしっかり味を染み込ませて、なおかつ柔らかくすることにこだわりました。通常のチャーシューより倍以上時間をかけて作ったチャーシューは、生産性というよりは、品質にこだわって作った自慢の一品です」

餃子は新メニューとお得な定食も

取材当日は試食用ということで、新商品の「肉・にら・にんにくフリーのベジタブル餃子」(写真右)と「餃子」(同左)が一皿に。「肉・にら・にんにくフリーのベジタブル餃子」(6個)は単品240円

次に試食したのが餃子です。まず新商品の「肉・にら・にんにくフリーのベジタブル餃子」は、コクと旨味がありつつもニンニク、ニラ、肉が入っていないこともあり、あっさりと食べられます。しっかりとした味を感じられ、ニオイも気にならないとあれば、安心してランチで食べられますね。

商品企画部長の鈴木昭二さん
「ベジタブル餃子は肉由来、魚介由来の成分は一切使っていません。干ししいたけの旨味でもあるグアニル酸や、アミノ酸とグルタミン酸の旨味成分の組み合わせで味を調整するのに苦労しました」

選べる餃子定食とは?

今回のメニュー刷新のもうひとつのウリが、ワンコインで食べられる「餃子定食 シングル定食」です。餃子1皿だけでは物足りない人のために、3段階のメニューが用意されています。

「餃子定食 シングル定食」500円(4/9発売)

餃子1皿、ライス、スープが付いて税込500円!

「餃子定食 ダブル定食」600円(4/9発売)

シングルより餃子が6個増えて+100円はお得

「餃子定食 ダブル半らー定食」700円(4/9発売)

ダブル定食のスープが半らーめんになった“欲張り”定食

今回のメニュー刷新は、リーズナブルがウリの“幸楽苑らしくない”豪華な中華そばと、反対に“幸楽苑らしい”お得な餃子定食の2枚看板。こちらをレパートリーに加えて、その日の気分に合わせてメニューを選びたい。

※料金はすべて税込価格

取材・文/嶌村優(エンターバンク)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載