80年の歳月が生んだおでんの味わい!「安兵衛」のおでん盛合せ

2019/04/17

80年の歳月が生んだおでんの味わい!「安兵衛」のおでん盛合せ

福岡市地下鉄七隈線の天神南駅徒歩5分ほど。裏路地にひっそりと佇む老舗のおでん屋「安兵衛」。濃い口醤油の出汁でゆっくりと煮込まれたおでんが味わえるお店だ。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

昭和36年創業のおでん屋

店舗外観

藍色の暖簾がかかった凛とした佇まいからも老舗の風格が感じるお店だ。丸く大きな銅鍋におでんの具材が浮かぶ姿は絵になる。

店内は、屋形船を模した舟屋造りで、綺麗に磨かれた見事な分厚い檜の一枚板のカウンターと六人掛けのテーブル席が3つの趣がある空間が広がる。

メニューは、潔くおでん一本。丸く大きな銅鍋には真っ黒なつゆがたっぷり張ってあり、数種類の具材が煮こまれている。

五臓六腑に染み渡る「おでん」

おでん盛合せ

真っ黒な出汁のおでんは、昆布と鰹節でとった和出汁に濃口醤油と少量の酒を合わせた福岡ではあまりなじみの無い関東風。開業以来、1日も途切れることもなく継ぎ足しを続けている代物である。

旨味が染み出した牛と豚を入れない澄んだ出汁は、甘味は控えめでキリッと醤油が立った複層的な味わいだ。

具材は、おでん専門店だけあって、具材1つ1つに頑なまでに手間と時間をかけ丁寧に調理するのがこのお店の特徴である。

2日間かけて芯まで出汁を染み込ませている大根

お任せで供されたおでん盛合せは、玉子、大根、つみれ、厚揚げ、がんもどき、ブロッコリーの6種類。

なかでも印象的だったのが、2日間かけて芯まで出汁を染み込ませている大根と殻が付いた生卵のまま4日煮詰めるという玉子の2品。共に見た目ほどの味の濃さはなく、具材によく色が染みているおり旨味も十分だ。

一途な仕事が生み出す奥深い味わいのおでんである。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本全国のこだわりの食情報をお届けするWEBマガジン

“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れ発信している。

この記事を書いたライター情報

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れている。

おいしんぐ! が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES