フルーツたっぷりの裏メニュー・日本酒カクテルを小皿料理と共に

2019/04/17

フルーツたっぷりの裏メニュー・日本酒カクテルを小皿料理と共に

全国各地の蔵元が丹精込めて作り上げる、日本が誇るお酒・日本酒。フルーティーで飲みやすい種類も多く、近年おしゃれなデザインのボトルも増え、女性の人気が高まりつつあります。そんな日本酒をあれこれ試してみたい人にも、初心者にもおすすめの店が「日本酒バル蔵吉」です。

ことりっぷ

ことりっぷ

飯田橋駅から歩いてすぐの好ロケーション

「日本酒バル蔵吉 飯田橋店」は、JR飯田橋駅東口から徒歩2分、レストランやショップが集まるモール「飯田橋プラーノ」の2階にあります。

 

「和と洋のミックス」をコンセプトに、利き酒師が選んだ種類豊富な日本酒と、それに合うさまざまなジャンルの料理を提供するお店です。

 

インテリアは木目調でナチュラルな雰囲気。どことなくカフェを思わせますが、壁に飾られた日本酒のボトルや、手書きのメニューは居酒屋ならではのもの。

店内はこぢんまりしており、テーブルが8つあるのみ。19:00前後に満席になってしまうことが多いので、早めの時間に訪れるか、予約をしておくのがおすすめです。

日本酒をおいしく、楽しく味わえる工夫がいっぱい

 

「日本酒バル蔵吉 飯田橋店」では、今はやりのものから希少な銘柄まで、常時50種類ほどの日本酒をそろえています。それぞれ「グラス」と「徳利」の2タイプで注文でき、グラスの場合はワイングラスでサーブされます。

どれを注文するか迷ってしまいそうですが、わかりやすいメニューがあるので心配不要。

※「プレミアムプラン」では、同じお酒を2回注文するのは不可となっています

飲み物のメニューには、各日本酒の味に加え、合わせたい料理名が書かれていてとても参考になります。
「林檎のようなさわやかな香りと、すっきりした米の甘味」「若いバナナのような上質な余韻。キレのある酸味」など、味や香りについて分かりやすく書かれています。初心者にもセレクトしやすい心配りがうれしいですね。

もちろん、店員さんに味の好みやよく飲む別種のお酒を伝えて選んでもらうことも可能です。

マネージャーの阿部さん。徳利で頼むとおちょこが選べるのもうれしいサービスです

「日本酒バル蔵吉 飯田橋店」では、2時間の飲み放題も好評です。「お試しプラン」(1620円)は日本酒10種、「定番プラン」(2160円)なら人気の「獺祭(磨き5割)」を含む30種が、「プレミアムプラン」(2700円)の場合は全50種の日本酒を楽しめます。

これらの飲み放題にライトプラン(432円)をプラスすると、ビールやカクテル、ソフトドリンクも飲み放題に。ビールやカクテル1杯を注文するよりも安く、とってもお得です。

 

メニューにはありませんが、季節のフルーツを使った日替わりの日本酒カクテル(各637円~)も注文可能です。フルーツに合わせて選んだ日本酒に、スパイスやリキュールなどを加えてあり、甘い香りとおしゃれな見た目に気分もアップ。オレンジやイチゴ、ライチ入りなど、新しいお気に入りの味に出会えますよ。

お酒といっしょに、またはシメに食べたい料理の数々

日本酒に合う料理を豊富にそろえる「日本酒バル蔵吉」。和食や洋食、それらがミックスされた創作料理まで、どんな気分のときにも食べたいものがあるのが自慢です。

※おつまみの種類は日によって変わります

飯田橋店限定メニュー「蔵吉の酒の肴10種盛」(1598円)は、ホヤの塩辛や梅水晶、つぶ貝のチャンジャ、カニみそなど、日本酒に合うおつまみ10種が小皿に入った目にも楽しいセットです。これだけでもくいくいお酒が進んでしまいそう。

 

美しい盛り付けが人気の「広島県産霜降り牡蠣~二色ジュレがけ~」(539円)。霜降りとは、カキを熱湯にさらす調理法のこと。そうすることによってぷりっとした食感になり、生で食べるよりもうまみが増すそうです。昆布だしとポン酢の2種類の自家製ジュレがキラキラと美しく、カキとともに口に含むと磯の香りがいっぱいに広がります。

 

「短角牛もも肉ローストビーフ 山わさびソース」(1079円)は、日本では希少な短角牛の肉を使ったローストビーフ。低温調理をするためジューシーで、ぴりっとしたホースラディッシュのソースがきいています。大葉、ミョウガ、スプラウト、ネギの薬味といっしょに食べると、一層さわやかになりおいしさが増します。

お酒は秋田県の「新政No.6」(グラス755円、徳利1457円)をお供に。パイナップルのようなフルーティーな風味をもち、ボトルもおしゃれな人気のお酒です。

 

シメには「こぼれいくらにぎり」(431円)または「濃厚うにぎり」(431円)がおすすめ。「こぼれいくらにぎり」はさけフレークと白だし、たまり醤油を混ぜたごはんに、かつお節とたっぷりのいくらをのせたおにぎりです。「濃厚うにぎり」は、うにソースを混ぜたごはんのおにぎり。うにをイメージしたという、全体にのりをまぶした姿がユニークです。

日本酒初心者にもおすすめの「日本酒バル蔵吉」。四谷と虎ノ門にも店舗があり、ほぼ同じメニューが味わえます。あれこれ飲み比べるもよし、希少なお酒を狙って行くのもよし。奥深い日本酒の世界をのぞきに、訪れてみてはいかがでしょうか。

ことりっぷWEB

ことりっぷWEB

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジン。週末のおでかけをもっと身近に。ガイドブックに掲載していない最新情報はコチラから。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES