風味も喉越しも抜群!「浅草じゅうろく」のせいろ

2019/04/21

風味も喉越しも抜群!「浅草じゅうろく」のせいろ

つくばエクスプレスの浅草駅から徒歩8分ほど。千束通り商店街の中程を一筋裏手に入った場所に店を構える蕎麦屋「浅草 じゅろく」。旬の食材を贅沢に使用した料理とこだわり蕎麦が味わえるお店だ。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

2015年オープンの蕎麦前の店

店舗外観

都内各地から蕎麦好きたちが足繁く集う店。蕎麦のこだわりはもちろんのこと食材へのこだわりが強く、料亭などでも使われているような高級食材を惜しげもなく使用しているのが特徴だ。

純和風造り店内は落ち着いた雰囲気で、席はL字型のカウンター席と小上がりの座敷がある。

料理は、在来種の蕎麦と旬の食材を使った料理の季節ごとのお任せのみ。

角がキリッとした粗挽きの「せいろ」

せいろ

丸岡在来種を使用したせいろは、2×8=16(にはち=じゅうろく)という店名の由来にもなっている二八蕎麦。 粗挽きできれいなホシが飛び細く切られた麺線の美しさが特徴の蕎麦だ。

蕎麦を持ち上げて鼻に近づけるだけで香ばしく甘いソバの香りが届くのが魅力で、ほのかに青みのある麺線が食欲をかき立て、細切りなのでのど越しが良く噛むごとに甘みが増していく。

蕎麦つゆは本枯節を中心にした厚削りのみで出汁を取ったやや辛めの味わい

蕎麦つゆは、本枯節を中心にした厚削りのみで出汁を取ったやや辛めの味わい。

口から鼻へ流れる蕎麦の香りと喉越しのバランスが絶妙なせいろである。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本全国のこだわりの食情報をお届けするWEBマガジン

“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れ発信している。

この記事を書いたライター情報

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れている。

おいしんぐ! が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES