「馬料理専門 天國 本店」の馬肉刺身六種盛りと馬ヒレステーキ

「馬料理専門 天國 本店」の馬肉刺身六種盛りと馬ヒレステーキ

2019/05/07

JR九州の熊本駅から徒歩12分ほど。創業以来、極上の桜肉にこだわってきた馬料理専門店「馬料理専門 天國 本店」。熊本の食文化である馬肉料理が存分に楽しめるお店だ。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

昭和55年創業の老舗馬料理専門店

店舗外観

店主が目利きして仕入れる最高級の肉質を誇る馬肉だけを使用した料理が評判で、全国のファンから愛され続けている店である。

店内は、カウンターと畳敷きのテーブル席を備えた和室があり、ゆったりと寛ぎながら食事をすることができる。見た目の美しさから「桜肉」と称されて親しまれてきた馬肉を、定番部位はもちろん、希少部位まで幅広く堪能することができる。

料理は、定番の馬肉刺身の他、馬ステーキや馬しゃぶ、馬ホルモン煮込み等の充実した馬料理が揃う。

他所とは比較にならない肉質に感動する「馬肉刺身六種盛り」

馬肉刺身六種盛り

熟練の店主の目利きによる馬肉刺身は、肉質の高さ、部位の豊富さ、瑞々しい鮮度、どれも最上級の味わいだ。

盛り合わせ内容は、馬刺、レバ刺、タン刺、アバラ刺、心臓刺、タテ髪刺の6種類。レバ刺はごま油とタレの合わせをつけて、残りの5種はやや甘口醤油と生姜で。

なかでも馬肉のダイヤモンドと言われる貴重なレバ刺が味わえるのはこちらのお店ならでは。身はコリコリしていて絶妙な歯応えで、口いっぱい広がる深くコクのある濃厚な甘みはレバ刺好きを虜にする。

馬刺しは、「霜降り」という表現で想像する通りのビジュアル。馬肉の脂は融点が低いため、口に入れると脂が溶けてくるのがわかる。馬肉特有のほんのりした甘さも加わり、これぞ馬肉という味わいだ。

圧倒的な仕入れのレベルの高さがわかる逸品である。

ヒレステーキ

ヒレステーキは、ミディアムレアに火入れされた肉厚ステーキは柔らかくクセがないのでいくらでも食べられる印象だ。

醤油とニンニクで味付けされたソースが馬肉の美味しさを後押する逸品である。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本全国のこだわりの食情報をお届けするWEBマガジン

“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れ発信している。

この記事を書いたライター情報

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れている。

おいしんぐ! が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載