強靭なコシの自家製麺は唯一無二の味わい「首里そば」の首里そば

2019/05/12

強靭なコシの自家製麺は唯一無二の味わい「首里そば」の首里そば

沖縄都市モノレール「ゆいレール」の首里駅から徒歩4分ほど。首里城の近くにある沖縄そばの名店「首里そば」。昔ながらの沖縄そばの味わいを受け継いだ正統派の沖縄そばが味わえるお店だ。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

1994年オープンの沖縄そばの名店

店舗外観

こちらのお店は開店前から行列ができる人気のそば屋で、今はなき伝説的沖縄そば専門店「さくら屋」の味覚を継承するお店である。完全手打ちの100食限定麺のため、ランチのみの営業となる。

メニューは、首里そばのほか、煮付け、おにぎり、じゅうしぃなどが揃う。首里そばは、大、中のほか子ども向けの小の3つのサイズが用意されている。

他店とはひと味もふた味も違う強靭な麺

首里そば

出汁、麺、具、すべてにこだわりが感じられ、驚くほど透明なスープが印象的な沖縄そば。豚の赤身と鰹節を時間をかけて旨味を丁寧に引き出し、島マースで味を整えている。その味わいは、全部飲み干してしまうほど。

麺は、「さくら屋」のそば打ち技術を唯一伝承したとされる強靭なコシの自家製麺は、不揃いの平打ち麺。小麦粉とかん水を使用し、手もみやテコの原理で圧を加え7時間も費やされる手打ちの自家製麺で、こだわり抜いた無漂白の小麦粉の香りと歯ごたえのあるコシ強さが特徴だ。

具は、沖縄県産の豚の三枚肉とロース肉、白かまぼこ、針生姜。豚肉は泡盛をたっぷりと贅沢に使って、ジューシーに煮込まれている。

懐かしい味わいにの中に自然の恵みの奥深さが感じられる逸品である。

じゅうしい

じゅうしいは、ほんわかした味わいが温かい炊き込みご飯。色が薄めの見た目よりもしっかりと味がついており、あっさりとした首里そばの出汁との相性も抜群だ。

具の細切り昆布と人参、そして肉の味が相まってモッチリして食感が素晴らしい逸品である。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本全国のこだわりの食情報をお届けするWEBマガジン

“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れ発信している。

この記事を書いたライター情報

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れている。

おいしんぐ! が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES