カップル旅行は金沢で決まり♡格安で楽しめるスポットもいっぱい

2019/05/19

カップル旅行は金沢で決まり♡格安で楽しめるスポットもいっぱい

「次のお休みはどこへ行こう?」と悩んだら、金沢がおすすめ♡金沢には、歴史的建造物や近代アートに楽しく触れながら、思い出が写真に映える旅行スポットがたくさんあるんです!男性も女性も楽しめるスポットがたくさんなので、彼との旅行にもぴったりですよ♡

ローリエプレス

ローリエプレス

金沢21世紀美術館

”金沢21世紀美術館”は、金沢市の中心部にある公園のような美術館。
美術館の周囲にもアート作品がたくさんあるので、気軽に立ち寄ってアートに触れることができるんです!

美術館の外はまるで公園♡ 無料で楽しめるアート

作品名:ラッピング

アートの中に入って自分も作品の一部になることができちゃいます!
子供たちが中に入って遊べるようなデザインにしたとのこと。
遊びながらアートに触れらるなんておしゃれな遊具ですよね!

作品名:アリーナのためのクラントフェルト・ナンバー3

ラッパのような形をした作品に向かって声を発すると、糸電話のようにどこかのラッパにつながっていて声が聞こえるんです♡
「どことつながっているかなー?」と、探しながら楽しんでみてください。

作品名:カラー・アクティヴィティ・ハウス

こちらは、三原色(シアン、マゼンタ、イエロ)の色ガラスの壁が、一点を中心に渦巻き状になっている作品。
壁の色が太陽の光できれいに地面に映し出されて、見る位置で壁が重なり合い新たな色合いを見せてくれます。

作品名:カラー・アクティヴィティ・ハウス

半透明の作品のなので、ほかの人が映り込みやすいけれど、
オブジェの一角や足元だけを切り取ってもアートでおしゃれな一枚になりますよ♡
ほかにも美術館の周りには、アートに触れながら写真撮影も楽しめる作品がたくさんあるので
訪れた時は周遊してみてくださいね!

まだまだある♡ 無料で触れられるアート作品

ラビットチェア

館内においてある椅子までアート♡ 
うさぎの耳の形をした背もたれがかわいい"ラビットチェア"。
座るだけでアート写真に入り込めるような、おしゃれな1枚が撮れちゃいます。

作品名:ブルー・プラネット・スカイ

四角形で全面シンプルな壁に包まれた「タレルの部屋」に入り、ふと視線を上げると天井には空を切り取ったような光景が……!
空から見える景色以外は何もないので、天候や季節、その日の気分で感じるものが変わりそうです♪

背が高い天井なので、写真を撮るときはスマホにとりつけられる広角レンズを使うのがおすすめ♡

いざ展示室へ♡ 大人気のプールは要チェック!

チケットは2種類あり、全アートを楽しめるチケットと一部アートを楽しめるチケットがあります。
SNSでよく見かけるレアンドロ・エルリッヒ作"スイミング・プール"の地下部は、入場チケット360円を購入して楽しめました!

作品名:スイミング・プール

天井に張った水の水面が、外光で地面に映し出されます。
ここで撮るコツは、プールの手すりに手をついてなんどもジャンプ! 
バースト(連写)撮影をすれば、水中浮遊しているような1枚を確実に撮影できちゃいますよ♡
お洋服もフィット感のあるものより、スカートなど揺れて動きがでるものがおすすめです♪

兼六園

兼六園

「金沢といえば兼六園」と言われるほど有名な観光地なので、ぜひ立ち寄ってみましょう♪
とても広い日本庭園をのんびり歩きながら季節折々の木々の色づきや、
兼六園の代表的な景色"唐崎松(からさきのまつ)"を見ることができます。

兼六園

園内には茶屋もあるのでほっと一息つきながら、和の心に触れてみて♡

ここもチェック♪

金沢城公園
同じく隣接している”金沢城公園"もチェック! 
お城めぐりが好きな人はもちろん、金沢の歴史に触れにぜひ立ち寄ってみて♡

金沢城公園

さらに、ここもチェック♪

中心部の観光スポットを巡り終えたら、少し場所は離れますが、SNSで話題のお店にも訪れてみて♡

グリルオーツカ

兼六園周辺のスポットを巡り終えらたお待ちかねのランチへ!
数多くの有名人も来店し舌鼓をうつ"グリルオーツカ"のオムライスを堪能してみて♡

ハントンオムライス(980円)

ハントンオムライス(980円)は、たっぷり卵が乗ったオムライスの上にエビとマグロの揚げ物が乗った絶品グルメです♪
ボリュームもたっぷりなので食いしん坊のカレも大満足の一品ですよ。

ギャラリーカフェ光水土HIMITO

グリルオーツカから15分ほど歩いたところにあるSNSでも話題の"ギャラリーカフェ光水土HIMITO"。
たんぽぽの綿毛でつくったアート作品や、オレンジなどのピール(皮)を加工してつくった作品を観覧できます。

HIMITO

入場料500円を払うと用意されたお茶をお代わり自由で飲んで良いスタイルです。

HIMITO

写真撮影をした際はチップの支払いが必要です。
ここを訪れたら作品の素晴らしさを写真に収めたくなるはず♡

(mimi somi)

この記事を書いたライター情報

ローリエプレス

ローリエプレス

ローリエプレスは、“女子力アップのヒントをお届け”をコンセプトに、新作コスメ、トレンドのファッション、カフェ情報などのオリジナルコンテンツを発信するメディアです。人気インフルエンサーの特集コンテンツや、豪華な読者プレゼント企画など、かわいくなれて役立つ情報を毎日発信しています。

ローリエプレス が最近書いた記事

SERIES