秘書のお墨付き! お酒をたしなむ男性に喜ばれる手土産・漬物

特集

秘書のお墨付き! 喜ばれる手土産とは。

2019/04/24

秘書のお墨付き! お酒をたしなむ男性に喜ばれる手土産・漬物

ぐるなびが運営する「こちら秘書室」会員の現役秘書が手土産を徹底評価する「接待の手土産セレクション 2020 第2回品評会」に潜入! 出品された38種類の手土産の中で「お酒好きの男性に贈りたい」と現役秘書が納得したのは、日光東照宮献上醤油を使ったぜいたくな漬物セットだった。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

日光東照宮献上醤油を使った逸品(日光ろばたづけ 製造本舗 文挾宿本店)

「接待の手土産セレクション 2020 第2回品評会」が4月16日、東京都品川にて開催された。当日会場へと足を運んだ取材班は、参加していた手土産選びのプロ(秘書)に、オススメの手土産や選ぶ際に注目するポイントを聞いてきた。

黒毛和牛や漬物といった食卓を彩るご飯のお供から、和菓子、洋菓子まで幅広いラインナップの38品を秘書が品評する
今回、手土産を品評してくれる山田さんはサービス関係の企業に勤めている
山田さん
山田さん
「飲食店といったチェーン店の社長様に手土産をご用意する機会が多いです。ほとんどが会食時にお渡しするので、持ち帰っていただくことを前提とした商品を選ぶようにしています」

日光ろばたづけ 製造本舗 文挾宿本店の「譜代相伝 縁(4644円)」

味噌・醤油醸造元が手がける米こうじ由来の漬物

「譜代相伝 縁(ふだいそうでん えにし)」。ゴボウ、ショウガ、ダイコン、葵らっきょうの4種類の漬物と、醤油「譜代相伝(200ml)」が1セット
山田さん「漬物が4つも入っていて、とても豪華ですね」

1897年の創業以来、「おいしい醤油を造り、おいしい漬物を漬ける」という信念の元、味噌・醤油醸造の道を歩んできた「日光ろばたづけ 製造本舗 文挾宿本店」。野菜は信頼できる国内契約農家から仕入れるものに限り、袋詰めまで自社工場で一貫して製造する。看板商品の「日光ろばたづけ」は化学調味料や添加物を使わない、伝統のたまり漬け。味の決め手となる日光東照宮献上醤油「譜代相伝(ふだいそうでん)」をぜいたくに使用した逸品だ。

シックで落ち着いたパッケージも好印象
山田さん
山田さん
「こちらはお酒のアテに最適ですね。独身の社長様ですと、ご自分で料理をされない方も多いので、そういった方に贈ると喜ばれそうです。醤油が『日光東照宮献上醤油』ということで、話のネタにもなりそうですね」
山田さん「日光東照宮献上のお醤油、どんなお味か楽しみです」
山田さん
山田さん
「漬物だけでなくお醤油まで付いていて、プラスアルファ感がいいですね。そしてこのお醤油がとってもおいしいです。お料理好きの女性に贈っても喜ばれると思います。いい手土産を見つけられて、また一つレパートリーが増えました」
伝統製法で造られる「葵らっきょう『始次郎』~MOTOJIRO〜」。乳酸発酵と長期熟成を重ねて完成する
「葵らっきょうのシャキシャキ感がたまらないですね」と山田さん
日光市文挾で愛され続けて約120年になる

漬物や醤油、味噌のほかに、国産米と米こうじで造った甘酒「あまさけの素(ノンアルコール・540円)」を販売する。こちらは甘味料を一切使用しておらず、米こうじの作用だけで甘く仕上げる。また栄養価が高いので、子供の離乳食にもオススメだ。

「接待の手土産セレクション」とは?

秘書のためのサポートサイト「こちら秘書室」の会員である現役秘書が、飲食店や手土産事業者が出品した手土産を、ビジネス利用の目線で評価するというもの。4月16日に行われた「接待の手土産セレクション 2020 第2回品評会」には、全国から38品の手土産が集められた。


取材メモ/まず醤油のおいしさに驚き、おいしい醤油で造った漬物はもう絶品。私はお酒も白米も好きなので、酒のアテとしてもご飯のお供としても最高の品だと思いました。

取材・文=小島加奈子(シーアール) 撮影=小林岳夫(一部を除く)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES