大注目の酒場エリア・北千住の月1ワイン飲み比べが楽しすぎる件

大注目の酒場エリア・北千住の月1ワイン飲み比べが楽しすぎる件

2019/04/22

今最も注目されている酒場エリアの一つである足立区・北千住。名店ぞろいの北千住でワイン好きに愛されているのが、イタリア自然派ワインとクラフトビールの店「Osteria Luce(オステリアルーチェ)」だ。今回は、毎月恒例の「ワイン飲み比べ」イベントに参加し、その魅力を体験した。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ワインの造り手やブドウ産地の個性を楽しむ

オーナーシェフの馬場澄人(すみと)さんと、奥様でワイン担当のまゆみさんのお二人の個性が凝縮された「オステリアルーチェ」

ーーオステリアルーチェで提供しているワインやビールの特徴は?

馬場まゆみさん
馬場まゆみさん
「ブドウの味わいはしっかり感じられるけど、“飲み疲れしない”自然派ワインを中心に100種ほど用意しています」
馬場澄人さん
馬場澄人さん
「クラフトビールは食事に寄り添ったテイストで、ワインとニュアンスの近いもの。生樽が2種、ボトルは8種類ほどを選んでいます」

\2017年の飲み比べはこんな感じ/

記念すべき第1回目の飲み比べは、浅草の老舗酒店・インポーター「相模屋本店」の野宮敦志氏を招き、「カッシーナ・タヴィン」「コル・タマリエ」など、イタリアの個性的な造り手のワイン20種を楽しんだ

ーー飲み比べを始めたきっかけは?

馬場まゆみさん
馬場まゆみさん
「ワインの仕入れをお願いしている浅草の老舗酒店『相模屋本店』さんは、自然派の中でも特に造り手の個性が味わえるワインを多く扱うインポーターなんです。そこで2017年の秋に、インポーターの野宮さんを招き、20種の自然派ワインを少しずつ試飲して気に入った銘柄3〜4種類をしっかり飲んでいただくというイベントをしたんです」

ーーお客さんの反応は?

馬場まゆみさん
馬場まゆみさん
「最初は『たくさん種類が飲めてオトクだね』とおっしゃるんですが、飲み進めると『よくわかんないけど楽しい!』と盛り上がったんです。今では第3金曜から4日間、造り手や地域などのテーマを決めて、5〜10種類の自然派ワインを飲み比べてもらっています」※この4月は22日(月)が最終日!

ーー4月の飲み比べのテーマ「カッシーナ・タヴィン」と「南アフリカワイン」について教えてください。

\「カッシーナ・タヴィン」の5本はこちら/

写真左から、「ロゼッタ2017(ロゼ)」「ビアンカ2017(白)」「スラリーナ2015」「グラッポロ インテーロ2017」「ヴィーニャ・ノン・ポタート2017(ロゼ)」
馬場まゆみさん
馬場まゆみさん
「カッシーナ・タヴィンは、北イタリアのスクルツォレンゴという小さな農村にあるワイナリー。農薬や化学肥料は一切使わずに栽培した、土着品種のブドウを中心に醸造している個性的な造り手なんです。南アフリカは近年おいしい銘柄が増えたので、造り手は限定せずに選びました」

\「南アフリカ」の5本はこちら/

左から「フォース・マジェール シュナン・ブラン/マザーロック」「コーナーストーン/ライナカ」「エル・バンディート・クリント /テスタロンガ」「フラワー・ガール/ボタニカ」「セミヨン/マザーロック」

ーー飲み比べのシステムは?

馬場まゆみさん
馬場まゆみさん
「北イタリアか南アフリカのどちらか5種を50ミリリットルずつか、10種全てを20ミリリットルずつかの3通りで、料金はいずれも3000円です」

ーーどの銘柄も未体験なので、「10種全てを20ミリリットルずつ」でお願いします! 今回は「造り手」と「産地」の2つのテーマですが、白・赤・ロゼと飲み比べると、何となくテーマごとに共通する雰囲気がある気がします。

馬場まゆみさん
馬場まゆみさん
「もちろん同じ造り手・同じ産地でも銘柄によって個性はそれぞれ違うんですが、人間で言うと兄弟や親戚のように似ている部分がありますよね」

\おすすめのおつまみはこれ/

「野菜のイタリア惣菜おまかせ8種盛り合わせ」(800円)

写真下から時計回りに、紅くるり大根、ウド、白菜菜花、長ネギ、トレビス、ビエトラ、青大豆、ゴボウ、そして中心のニンジンと、素材の個性に合ったレシピで調理した9種の盛り合わせ

ーーこの野菜の盛り合わせは、シンプルで優しい味つけで、白赤ロゼが入り混じった飲み比べのおつまみにもぴったりです。

馬場澄人さん
馬場澄人さん
うちの定番で、中にはおかわりする方もいらっしゃいます(笑)。野菜の種類は時期によって変わりますが、9種類ほどを盛り込んでいます」

\スイーツとのコラボイベントもやるよ/

4月28日(日)には、茨城県つくばの焼き菓子店「ハシバミ」のケーキやタルトをテイクアウト&イートインで楽しめるイベントが行われる

ーー飲み比べて4〜5種類くらいまでは「ワインの知識を増やしたい」という下心もありましたが、飲み進めると楽しすぎて、細かいことはどうでもよくなります(笑)。

馬場まゆみさん
馬場まゆみさん
「そうそう。知識を増やすためというよりは、楽しさを追求したらこういうスタイルの飲み比べになったわけです」
ランチからディナーまで通しで営業しているので昼飲みも楽しめる

まゆみさんによると、次回の飲み比べのテーマは「現在セレクト中」とのこと。飲み比べのほか、4/28(日)には茨城・つくばの焼き菓子店「ハシバミ」の店主が持ち込んだスイーツと一緒にワインを楽しむ「酒とお菓子とルーチェでバミコ」を行うなど、多彩なイベントを続々繰り出すオステリアルーチェ。お気入りのワインやフードに楽しく出会えるお店にぜひ立ち寄ってほしい。

取材・構成・写真・文=杉山元洋

\北千住をもっと楽しむ/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載