食べたら病みつき! 兵庫発とろ~り牛スジのぼっかけ焼きそば

特集

【特集・第3回】地元人が推薦! グルメ甲子園 〜 ローカルフード編 〜

2019/06/12

食べたら病みつき! 兵庫発とろ~り牛スジのぼっかけ焼きそば

“ぼっかけ”をコシのある麺と絡めた、神戸の下町が生んだソウルフードをご紹介。(「TOKK」)

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

甘辛くてクセになる、神戸・長田の家庭の味を召し上がれ

三宮センタープラザ地下1階にある、焼きそば専門店「長田本庄軒」

目の前にある鉄板で調理する様子が見られる、カウンター席だけのシンプルなお店。連日、本場の「ぼっかけ焼きそば」が食べられると、地元の人や観光客に大人気です。毎週のように通うサラリーマンなど、リピーターも多数! 週末には、年配の夫婦やにぎやかな家族連れが訪れ、1時間待ちの行列ができることもしばしば

神戸の東側・西宮出身のフレンドリーな店長、戸田照雅さん

神戸・長田のご当地グルメ「ぼっかけ焼きそば」とは?

不動の人気「ぼっかけ焼きそば(並)」(650円)

「ぼっかけ焼きそば」は、牛スジ肉とこんにゃくを甘辛く煮込んだ、神戸市長田区の家庭の味“ぼっかけ”を麺と合わせた料理です。神戸市中央部よりやや西寄りの長田区は、ゴム製の靴の生産が盛んな、下町情緒あふれる庶民的な町。そんな長田で、食糧難の戦後に、廃棄されていた牛スジを美味しく食べようと“ぼっかけ”が誕生「ぶっかける(勢いよくかけること)」が名前の由来で、それが次第に“ぼっかけ”へと変化したそう。

店長 戸田さん
店長 戸田さん
「うちのメニューのほとんどに“ぼっかけ”を使っています。その中でも、定番の『ぼっかけ焼きそば』が人気ですね」

“ぼっかけ”は、別名「スジコン」とも呼ばれ、親しまれてきたまさにご当地のソウルフード! お酒のつまみとしてだけでなく、うどんやお好み焼きなどの“粉もん”やカレーなど、いろいろなメニューにかけて味わえるんです。

病みつきになる美味しさの秘密とは?

同店オリジナルの甘~いソースをたっぷりと

「長田本庄軒」の「ぼっかけ焼きそば」に使っている麺は、店内で小麦粉から丁寧に製麺し、寝かして熟成。湯がいてから水でしめたものを炒めているので、つるつるでモチモチした絶妙の食感になるのだそう。湯がいて15分以上経った麺は、のどごしが悪くなるから使わないという、徹底したこだわりも。

毎日、お店で製麺されるこだわりの中太麺

炒めたキャベツと麺に天かすやソースを加え、コテでスピーディーにかき混ぜます。くるくると回転させながら炒めることで、ソースが麺に均等になじむんだとか。美味しそうな香りの湯気がシュワ~と立ち込めて、それだけでもう食欲がそそられます。

その後、いよいよ“ぼっかけ”の出番! お店で毎日一から仕込む甘辛い“ぼっかけ”を手早く炒めて、麺の上にドーン。ネギをかけたら完成! 早く食べたくて、思わず姿勢が前のめりに!!

戸田さん
戸田さん
「何といっても、自家製の麺にこだわっています。モチモチした麺は、オリジナルのフルーティーで酸味のある甘いソースがよく絡み、“ぼっかけ”との相性もバッチリ
トロトロになるまで長時間煮込んだ自慢の“ぼっかけ”
戸田さん
戸田さん
「パフォーマンスもうちの自慢! 目の前の鉄板で調理する臨場感を味わって」
コテを操る華麗な手さばき
熱々の出来たてをカウンターの向こうから「はいどうぞ!」

「ぼっかけ焼きそば」をパクリと頬張ると、インパクト大の甘くて香ばしいソースと“ぼっかけ”の味がバン! 弾力のある麺は噛めば噛むほど、美味しさが深まります。とろ~り牛スジと食感が対象的な大きめの四角いこんにゃくが入っていて、食べごたえも抜群。口の中が幸せ過ぎて、思わずにんまり顔に~。

店長オススメ! 通の食べ方

青のりや紅ショウガ、マヨネーズなどをプラスすれば、また違った味わいに

店内には、自由に味を変えられる、オリジナルの甘口ソース、マヨネーズ、青のり、独自でスパイスを調合した「長田スパイス」の4種類の調味料がスタンバイ。さらに、紅ショウガも無料で提供してくれます。追加のトッピングも充実していて、プラス50円で目玉焼き、プラス100円でネギ、焼きチーズ、豚。プラス200円で“ぼっかけ”なども。自己流の食べ方を探してみるのもいいかも?

戸田さん
戸田さん
「まずは、そのまま食べてほしいですね。その後、マヨネーズをかけてもらえば、味がマイルドになるし、紅ショウガと一緒に食べるとさっぱりして美味しいですよ。追加で、鉄板でとろ~り焼いたチーズをトッピングするのもオススメ」
“ぼっかけ”を単品で楽しめる「ぼっかけ煮」(380円)はビールとの相性抜群

その他にも、「ぼっかけオムそば(並)」(790円)や「ぼっかけそば飯(並)」(680円)などメニューいろいろ。17時からは、豚キムチや砂肝にんにくなどの一品料理も充実。こってり&しっかりした味は、ビールが進んで仕方がない!?

また、ランチタイムには、プラス150円で「ぼっかけ焼きそば」や「ぼっかけ玉子モダン」にライスとお味噌汁が付いた、お得なセットをご用意。事前に電話予約すれば、スムーズにお持ち帰りできるので、ぜひ。

玉子たっぷり、ふわとろの生地に麺が絡む「ぼっかけ玉子モダン(並)」(700円)も好評

地元で愛され続ける味を全国の人にも

戸田さん
戸田さん
「京阪神を中心に、現在では10店舗。実は、東京や千葉、熊本にもお店があるんです。最近では、岐阜にもお店がオープンしました。もっとお店を増やして、神戸・長田のソウルフードを全国の人に気軽に味わってもらいたいですね」
お店の前を通ったら、食べたくなること間違いなし!
自慢の“ぼっかけ”を使った料理を食べに来てください

取材メモ/笑顔の元気な店員さんが出迎えてくれる、活気あるお店です。ぼっかけ焼きそばをお目当てに、遠くから足を運ぶお客さんも多いそう。取材時にも、外国人観光客が「オイシイ!」と食べる姿が見られました。

取材・文・撮影=コム計画室 制作チーム

TOKK

TOKK

毎月10日(15日号)・25日(1日号)に発行、無料

阪急沿線のグルメやイベントなど、暮らしに潤いをもたらす情報を発信するおでかけ情報紙。阪急電鉄の全駅の他、京阪神の主要スポットなど約400カ所で無料配布。ホームページではバックナンバーの閲覧も可能。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES