最強コスパランチ!北海道の海鮮食べ放題が880円!

最強コスパランチ!北海道の海鮮食べ放題が880円!

2019/05/05

すすきののど真ん中で海鮮丼食べ放題が1000円でお釣りが来る超得ランチのお店があるとの噂を聞きつけ、早速突撃して来ました!

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

海鮮丼が食べ放題で880円!驚愕の高コスパランチ「魚のあんよ ススキノ店」

なにやら、すすきのでランチバイキングのすごいお店があるという噂を聞いたので早速行ってきました。

場所は南5条西4丁目、ラフィラの裏通りを中程まで進むとお店が現れます。

すすきの近辺のランチ情報についてはこちらも参考にされてください。

「魚のあんよ」さん外観

突入する前に看板をチェック。なんと…。

「海鮮丼バイキング90分食べ放題」の文字が!

海鮮丼バイキング90分食べ放題880円!(しかも小学生は440円、幼児は無料)

海鮮丼の食べ放題って実際どんくらい食べられるだろう?とワクワクしながらさっそく店内へ。

お会計は前払い。お金を払ったら入店時間の伝票を渡され好きな席へと座ります。

席に座る前にまず驚くのが、店内ど真ん中にあるいけす。これは新鮮な魚介にありつけそうだ!と心躍ります。

どど〜ん!と生け簀がお出迎え

自分で盛りつける海鮮丼のバイキングということで、一体どんなお魚さんに会えるかな?とバイキングエリアを覗いてみると、とにかくこれでもか!と、てんこもりのお魚さんたちが!

サーモン、錦糸玉子、タラコ、鯛、カニフレーク、エビ、ボイルホッキ
ネギカツオニンニク、ネギ塩サーモン、漬けマグロ
キングサーモン、マグロ、タコ頭、タコ、青柳貝、銀カレイ、ホタテ、数の子

海鮮食べ放題ランチのお店は他にもありますが、ここまで種類の多いのは正直見たことありません。

すすきの近辺の魚介・海鮮料理のお店の記事はこちらも参考にされて下さい。

マイ海鮮丼を作る前に、お店のルールもチェック。「食べ残しはNG」というか、お魚さんに申し訳なくてそんなこと出来ません!

ルールを確認し早速マイ海鮮丼を作りにバイキングエリアへGO!

酢飯の入った丼に好きな魚介類を好きなだけジャンジャン盛りつけていきます。

海鮮丼を作っていくうえで気づいたのが、ひとつひとつが小さく切り分けれらているので、色々な種類の魚介類を載せられます。まず第一弾の海鮮丼がこちら。

マイ海鮮丼一杯目

赤身や白身のお魚、貝類、タコ、イカ、カニと好みの具をメインに載せてみました。

お味の方は…バイキングだからそれなりの味だろうと正直なめていました、ごめんなさい。

マグロ美味しい!サーモン美味しい!海鮮丼最高!

ちなみにバイキングコーナーは魚介類だけではありません。

お魚以外のバイキングコーナも充実

ザンギや海老フライ、ハンバーグ、春巻きやポテトなどのお惣菜もこれでもかと完備!お魚に飽きても無問題です。

汁物系ではワカメとネギを自分で入れて作る味噌汁とおでん
サラダコーナー。水菜、ブロッコリー、枝豆、胡瓜、コーン、トマト、甘酢ショーガ、ライチ
デザートには、プリンとコーヒーゼリーと増毛町国稀の甘酒ケーキが用意されています
セルフでコーヒー、ジュース、お茶が用意されています

お魚だけでも凄い種類なのに、お惣菜系、サラダ、汁もの系にデザートにドリンク...。

なんなのここ天国かよ!ってことで海鮮丼第2弾!&お刺身別盛り&お味噌汁〜〜〜!!!

海鮮丼第二弾にはさらにお刺身別皿にお味噌汁もつけてみました

さすがにお腹が苦しくなって来たので、お刺身だけでさらにおかわり。

これでお魚系は全種類制覇!

これでお刺身系は全部制覇!両手の指じゃ足りないくらいの種類の魚介類をいただきました!

せっかくなので、揚げ物系もお口直しにと。

ザンギ、海老フライ、春巻き

こちらもランチバイキングとは思えないくらい美味しい。

そして、ビール好きにはたまらない特記事項。

ランチビール100円!?

ランチビール100円!

ラフィラ地下2階の昼ビールも中々のコスパですが、さらにそれを超える信じられないビール安!

これ海鮮丼バイキング(880円)+ビール2杯(200円)=1080円で、お刺身を肴に昼飲みしたあとに海鮮丼でシメる!なんてのも出来るってことだよね。

ススキノラフィラのランチスポットについてはこちらも参考にされてください。

名称海鮮問屋魚のあんよススキノ店さんの総評

海鮮系ランチバイキング90分880円ってだけでも半端ないコスパなのに、ネタの種類が豊富!
噂をききつけていつも賑わっているので、魚介類の回転もよく鮮度も良し。

さらに揚げ物系などのお惣菜、サラダ、汁もの、デザート、ドリンクに昼ビール100円と死角無し。

すすきののど真ん中でこれだけのものが880円で食べられるなんて地元民でもビックリです。

この記事を書いたライター情報

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

「すすきのへ行こう」は運営20年の道内最古参ローカルウェブマガジンです。アジア最大最北の歓楽街「すすきの」を中心に札幌市のグルメ・観光・イベント情報をお届けしています。行列の絶えない超有名店から地元民でも知らない穴場なお店まで、幅広くカバーした実食レポートが好評です。

すすきのへ行こう が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載