タピオカ×パンが奇跡の味だった! 注目のタピスイーツパン3選

特集

タピオカが大好き!

2019/05/05

タピオカ×パンが奇跡の味だった! 注目のタピスイーツパン3選

台湾では定番の“タピオカ×パン”のスイーツが、ここ日本でもじわじわと流行中。今回はそのなかでも、現地の味を知る方々によるこだわりの3品をお届け。各店のユニークなタピオカドリンクも一緒にどうぞ♪

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

タピオカ×パン=奇跡の味! 台湾発のタピオカパンスイーツとは?

タピオカとパンって……合うのかしら?

台湾では定番の、タピオカとパンをかけあわせたスイーツ。最近はここ日本でも、ユニークな品々を見かけることが増えましたが、なかなか味が想像できない方も多いのではないでしょうか? 

そうそう。一体どんな味なんだろう

そこで今回は、現地の味を知る人々によるこだわりの3品をお届け! タピオカも黒糖や2種のミックスなど、それぞれ味の違いもおもしろいんです。もちろん各店には、おいしいタピオカドリンクもありますよ〜! タピ好きを震わせるマリアージュの旅、はじまりはじまり。

\注目のタピオカパン/
1.ぷるんと香ばしいタピオカトースト
2.サクサクもちもち! タピオカ揚げパン
3.茶葉の香り×もっちりタピオカパンケーキ

ティータイムはタピオカスイーツ&タピオカドリンクで♪

1.ぷるんと香ばしいタピオカトースト

19tea/渋谷

昨年9月のオープン以来、サクッともっちり香ばしい「タピオカミルクティートースト(590円、税抜)」が話題です

2018年に日本へ初上陸したカフェ「19tea(ナインティーンティー)」は、韓国で約30店舗を展開するタピオカ専門店。タピオカスイーツのほか、アッサムベースのオリジナルブレンドティーやオーガニック茶葉の阿里山(ありさん)ティーなど、こだわりのドリンクが楽しめます。

内装もかわいらしい! ふらっとひと息つけるカウンターでのイートインスタイルです
渋谷駅から歩くこと約6分。ピンクのネオンサインが目印!

タピオカトースト」は“手軽なタピオカデザートを作りたい”と生まれた一品。味はミルクティーとチョコ、カヤ(ココナッツミルクに卵と砂糖を加えたスプレッド)の3種があり、今日は一番人気の「タピオカミルクティートースト」をオーダーしました。トーストと言っても、単に食パンでサンドしているだけではありません。その作り方にも目を見張ります……!

\ジャムをたっぷり/

こんがり焼いた分厚いパンを半分にスライスし、特製のミルクティージャムなどをすみずみまで塗って……
バターをたっぷり敷いたホットサンドメーカーへ! パンの厚みはなんと約4cm。じゅわ〜っとバターのいい香りが漂います♪

\約4分焼きます/

そのままじっくり4分ほど。さて、焼き上がり!

パンをカットし、タピオカを入れたら完成です。こちらのタピオカは毎朝お店で手作り。トーストに入れる際は、砂糖で煮詰めたプレーン&黒糖シロップを絡める黒糖と、2種のタピオカをミックスしています。

中までたっぷりタピオカをイン

\完成!/

できたては熱々! 2つ入っていて、友達とシェアできるのもいいですね。香ばしいパンの匂い&タピオカの甘〜い香りが合わさり、食欲がそそられます

店舗のスタッフさんいわく「大粒のタピオカがしっかり入っているからか、『食事代わりにもなるボリューム!』と話すお客さまも多いです」とのこと。サクッとかぶりつくと、ミルクティーの風味とタピオカの甘さが口いっぱいに。香ばしいパンのおかげか、思いのほか重くありません。

サクッと食べたあとのもっちもち感がクセになりそう。タピオカってパンとこんなに合うの!?と驚くばかり

\お供にはこちらを/

「グレープフルーツグリーンティー タピオカトッピング」(520円※タピオカトッピング+70円込み、税抜)。グレープフルーツのほか、レモンやスイカなども

ボリューミーなトーストには、爽やかなフルーツグリーンティーはいかがでしょう。「グレープフルーツグリーンティー」は、果実の風味とローズマリーの香りがふわり。お口直しや気分転換にもぴったりですよ! スイーツにドリンクと、タピオカ尽くし♪ ぜひ一緒に味わってくださいね。

2.サクサクもちもち! タピオカ揚げパン

阿財の屋台/新大久保

台湾の屋台グルメ・揚げパンとタピオカが一つに!「タピオカ揚げパン」(500円、税込)

2018年の春に開店した「阿財(あーざい)の屋台」は、台湾にある魯肉飯(ルーローハン)店から屋号を借りて日本に出店。タピオカのほかB級グルメの魯肉飯や豚足、焼きビーフンなど、本格的な台湾屋台の味がそろいます。料理やタピオカは、台湾生まれの奥さまが手作り! 本場さながらの屋台ご飯とタピオカが楽しめるとあって、日本に住む台湾の人々も多く集まるそう。

入口右側にはテイクアウトカウンターもあり、ランチやドリンクを気軽に買えるのもうれしい
本場の雰囲気をイメージし、店内には料理が並ぶ屋台風のカウンターも。台湾ローカルの定番フードが並びます

TVをはじめとする各メディアでも話題となっている「タピオカ揚げパン」も奥さまのアイディア。もともと揚げパンに練乳をつけて食べることが多い台湾ですが、「もう少しデザート感覚に食べられないかな?」と考えた末、この形にたどり着きました。使っているパンは、現地では定番の「銀糸巻(ぎしんまき)」というもの。

今日は撮影のため、カウンターで作っていただきました!「銀糸巻は、麺のように一本ずつ生地を伸ばしたものを、同じ生地でくるんだパン。揚げパンに適しているんですよ」と奥さま
台湾の揚げパンは、この「銀糸巻(ぎしんまき)」が多く使われているそう
まずはパンを蒸してから揚げていきます。一度蒸しているので、仕上がりがギトギトしないのが特徴!
揚げたパンに切れ目を入れると、中はもちっとふっくら。割ると生地が糸状になっているのがよく分かりますが、これによって揚げた際に独特の食感になるのです

もちもち噛みごたえのあるタピオカにも、奥さまのちょっとした技が隠されています。タピオカは沖縄産の黒糖蜜を絡めていますが、茹でて蒸したのち、一度氷水で洗うことでしっかり蜜が馴染むのだそう。

切れ目にホイップクリームを入れ、タピオカをドドドっと! 最後に練乳をかければできあがり
手に持つとずっしり! 軽めのお昼代わりになりそうなボリューム感です。ちょこんと乗ったハートのマシュマロにきゅんとします
この層を織りなす生地が、サクもち食感の秘密。外皮の香ばしさはドーナッツのよう。中のもちもち生地とのギャップがたまりません

サクもちっとした揚げパン&もちもち柔らかなタピオカのマリアージュ。噛むほどにあふれる黒糖の甘みは、生地の香ばしさと絶妙に合うから不思議なもの。甘いですが、しつこさのない揚げパンとシンプルな生地の味わいでぺろっと食べられます。リピーターが続出するのも納得な味でした。

\お供にはこちらを/

「黒糖ごまタピオカミルク」(650円、税込)。タピオカ揚げパンとのセット「タピタピセット」(850円、税込)にもできますよ♪

自慢の黒糖タピオカを使ったドリンクも人気の品。ごくごくっと飲める「黒ごまタピオカミルク」は、牛乳にホイップ、擦った黒ゴマを重ねた一杯。あとを引く黒ゴマの香りとまろやかな黒糖の甘みがたまりません! シンプルな「黒糖タピオカミルク」、「黒糖ピーナツタピオカミルク」もあるので、好みの一杯を見つけてくださいね。

タピオカの味も、ドリンクで飲むのと揚げパンとでは、また違う印象です。ぜひ2つ合わせて楽しんでみてください。

3.茶葉の香り×もっちりタピオカパンケーキ

DOMO CAFE/新大久保

香り高い「タピオカミルクティーケーキ」(ドリンクセット1280円、税込)。果たしてそのお味は?

2017年、日本と台湾の交流をコンセプトに造られた「DOMO CAFE(ドウモ カフェ)」は、両国のデザイナーがタッグを組んで建築されたお洒落カフェ。台湾人スタッフが手作りする本場仕込みのタピオカに、日本&台湾の有名ロースターによるコーヒーもウリの一つです。近ごろはラテにタピオカをトッピングして飲む方も多いとのことで、こちらも最後に紹介します。

お店はビルの地下1階に
ストアデザインの専門紙に取り上げられるなど、内装も注目されています。“二面性”がテーマの店内は、コンクリートの壁を境にライトブルー(上)とライトピンクのエリア(下)が。気分で過ごす場所を選ぶのもあり
京都にあるVerdi(ヴェルディ)&台湾のFika Fika(フィカフィカ)のコーヒーが飲めます。飲み比べできる「テイスティングメニュー」(980円、税込)もありますよ!

タピオカミルクティーケーキ」は、「タピオカといえば飲み物のイメージだけど、それをスイーツにしたらどうなるかな?」という発想から生まれました。作り方は至ってシンプル。ふかふかのパンケーキ生地に、紅茶の茶葉とホイップで作る特製クリームをたっぷりと乗せていきます。

茶葉をいかしたクリームは、もったりと香りいい。パンケーキ生地に合うよう繰り返しレシピを試したそう
もっちもちのタピオカは本場・台湾さながらの味! 「台湾で食べていたタピオカに近い味を」と、台湾出身のスタッフさんらがこだわってレシピを試行錯誤しました

最後はタピオカを贅沢に。「台湾で食べるタピオカは独特の柔らかさがあります。その食感を体験してみてほしい」とスタッフさん。コロコロ〜と乗せられていくさまが、なんともかわいい!

上にはタピオカをたっぷりと! 
生地とクリームは、ふわっと軽い食感。もっちりしたタピオカとのバランスが絶妙です

紅茶が香るクリーム&優しい甘さの生地と、みずみずしいタピオカがマッチ。クリームは甘くなく、茶葉の風味をダイレクトに感じます。鼻を抜けるクリームの香りとタピオカの甘さが重なれば、まさにミルクティー! 香ばしい生地と食べ進めれば、いままでにない新感覚を味わえるはず。

\お供にはこちらを/

ぐっと豆を感じる「キャラメルマキアート タピオカトッピング」(690円※タピオカ+110円込み、税込)。コーヒー豆は京都のVerdiのものが使われています

最近オーダーが多いという「キャラメルマキアート+タピオカ」もお試しを。口中に広がるコーヒーの風味に、ぷるんとみずみずしいタピオカの甘さがあとを引きます。

ほっと落ち着く豆のいい香り。パンケーキのあとにまた、ひと息ついてみてはいかがでしょう。

取材メモ/想像ができなかったタピオカ&パンの組み合わせ。一人で食べきれるかな?という気持ちもありましたが、意外にもぺろり。それぞれ、パンの香ばしさと個性あふれるタピオカの味わいが絶妙で、一口食べたら止まらん味でした。せっかくのお休み、奇跡の味を体感しに行ってみてくださいね(友達とシェアしながらハシゴもありかも)! ごちそうさまでした。

取材・文=金城和子、撮影=三佐和隆士

\あなたの街でもレッツタピオカ/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES