大阪・四ツ橋でふわふわの“新感覚フルーツサンドケーキ”

2019/06/11

大阪・四ツ橋でふわふわの“新感覚フルーツサンドケーキ”

ふわふわのスポンジ生地に、季節のフルーツとたっぷりの生クリームをサンド。ひとつずつ個包装された「Patisserie ginkgo(パティスリー ジャンゴ)」の「フルーツサンドケーキ」は、片手で気軽にほおばれる生菓子として評判をよんでいます。大阪みやげや、手土産にもぴったり!

るるぶ&more.

るるぶ&more.

イチョウの葉のフラッグと赤い自転車が目印

 

地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅から徒歩約5分、カフェやパティスリーの激戦区に「Patisserie ginkgo(パティスリージャンゴ)」はあります。

 

店名の「ginkgo」とは、「イチョウ」という意味。銀杏並木がたくさんある街にふさわしい名前には、「四季折々のお菓子を楽しんでほしい」という思いも込められています。

看板商品は「フルーツサンドケーキ」

博多あまおうのフルーツサンドケーキ 601円(税別)

「Patisserie ginkgo」のショーケースには、常時約10種の生菓子が並びます。

なかでも人気は、季節のフルーツを挟んだ「フルーツサンドケーキ」。ロゴの焼き印がかわいい、ふわふわのスポンジ生地の間には、青果店から届く食べ頃のフルーツとたっぷりの生クリームが入っています。

断面の美しさも自慢のケーキは、5月頃までは博多のあまおうと徳島県眉山の紅ほっぺの2種。生クリームは、配合する甜菜糖の量や泡立て方を変えるこだわりも。ジューシーなフルーツとクリーム、スポンジのバランスが絶妙です!

 

さらに、この「フルーツサンドケーキ」、ひとつひとつ包装されているところも人気のポイント。買ってすぐ頬張れる気軽さは、天気の良い日なら近くの公園で食べてもいいですね。

使用する果物は季節ごとに変わり、夏以降はシャインマスカット、イチジク、洋ナシ、柿などが使われる予定です。

おみやげにもおすすめのお菓子がいっぱい

 

実は、「Patisserie ginko」で生菓子以上に充実しているのが焼き菓子。ビジネス街でもあるエリアなので、手土産にしたいというお客様のリクエストに応えるべく、日持ちのするサブレやフィナンシェ、マドレーヌなど種類豊富です。

 

さまざまなサイズの箱が用意されていて、予算に合わせて詰め合わせも可能。

Ludique 3055円(税別)

インパクトあるデザインの「Ludique」は、フランス語で「遊び心」という意味の名前がついたクッキー缶。中身には、山椒や七味が効いたサブレや、梅しそやバジルの香る焼き菓子が約10種。

スイーツ上級者やお酒の好きな友達への手土産におすすめの商品が揃う「Patisserie ginkgo」。近くに行った際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

Photo:野本幸子
Text:いなだみほ

●掲載の内容は2019年4月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

大阪・新町の名物!約4cmの厚みが愛おしい、ふっかふかスフレ

大阪・新町の名物!約4cmの厚みが愛おしい、ふっかふかスフレ

おでかけメディア『るるぶ&more.』

大阪メトロ西大橋駅、四ツ橋駅から北に向かって歩くこと約7分、ふわふわとろける食感のスフレが大人気の「ファンスペースカフェ」。通称「新町スフレ」と呼ばれ、大阪・新町に来たらはずせないスイーツのひとつ。

パッカーンでびっくり!豪華な手土産、まるごとフルーツケーキ

パッカーンでびっくり!豪華な手土産、まるごとフルーツケーキ

おでかけメディア『るるぶ&more.』

「FRUTS OF THE CAKE」が提供する、マスクメロン、パイナップル、オレンジをそれぞれまるごと一個使ったフルーツケーキがすごい!と話題に。断面のインパクトと豪華さが注目を集めています。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

SERIES